出会い

割り切り募集の相場!割り切った関係で出会う方法【2パターンの割切まとめ】

割り切り

出会うときにはいろいろと条件を付ける人もいますが、女性に多い傾向にあると言えるでしょう。たとえば割り切りの場合、多く条件を付ける女性もいます。

割り切りのよくある条件
  • 援助交際が目的なのでお金が欲しい
  • 1度限りにしてほしい
  • 名前や連絡先などは聞かない

こういった条件を付ける女性が多くなっています。男性はあまり条件を付けるケースはなく、女性からの条件を承諾するか断るかの2択になることが多いでしょう。

割り切りとはどのような意味なのか

割り切り

割り切りという言葉は、インターネット上で出会い系サイトが主流になり始めたころに言われるようになってきたので、どのような意味なのか分からない人もいるでしょう。割り切りの意味は、恋愛ではなくお金をもらうことを条件にセックスをすることです。ようするに援助交際のことを意味しているのですが、明確な定義があるわけではありません。

そのため、援助交際は金銭目的のみを条件にしていることであり、割り切りは他にも1度きりや個人情報を聞かないなど、いろいろな条件を提示していることという解釈をする人もいるのです。実際にはどちらも同じことなのですが、中には援助交際というと、児童買春ではないかと捉える人もいるので、大人の関係が割り切りという見方もできます。

よって割り切りというのは、援助交際であることには変わりないものの、大人の取り決めのように思っておけばよいでしょう。この割り切りは出会い系サイトなどではよく行われていることです。中には怪しい人も多いので、割り切りを条件にしている場合でも、怪しい相手とはあまり関係を持たないようにするのがよいでしょう。

割り切りのパターンは大きく分けると2つある

いろいろと条件を付けて、セックスを目的としている援助交際のような割り切りには、大きく分けると2つのパターンが存在しています。1つ目は先ほどから紹介している援助交際を目的としている場合です。お金が欲しい女性が男性を誘う場合と、セックスがしたい男性がお金を払って女性と交渉をして、成立すればであってホテルへ行くという場合が多いでしょう。

しかし、援助交際だけでもいろいろなパターンがあります。ある程度まとまったお金が欲しい女性の場合には、すぐにでもホテルへ行こうとする傾向にありますが、その日の生活分だけ欲しいという女性の場合には、食事もしたいという人が多いのです。そのため、まずはレストランなどで食事をして、それからホテルで1泊というパターンが一般的です。

援助交際でもいろいろと条件を付けてくる人も多いでしょう。基本的に条件を付けてくるのは女性の方で、名前や連絡先などは教えないようにしたいという人もいれば、今回のみという条件を付けてくることもあります。反対に今後も何度か援助交際をしたいと希望する人もいるでしょう。このような場合には、もう1つの目的であるセフレに相当すると言います。

援助交際以外のもう1つの種類というのがセフレなのですが、セフレというのはセックスフレンドの略で、お金目的よりも男性とセックスをするのが目的なのが一般的です。もちろんホテル代や食事代は男性が出すようになるのが普通ですが、こちらは比較的金銭面でも恵まれている女性が多いと言えるでしょう。

男性の場合にはセックス目的で割り切りの出会いを行いたい人が大半を占めていますが、女性の中にも男性とセックスをしたいと考えている人はいるのです。援助交際はセックスが好きというよりも、お金をもらうために割り切って男性とセックスをしているのに対して、セフレはセックスをするためだけに男性と付き合っているのです。

もしセフレが見つかれば、それほどお金を使うことなく女性とセックスができるので、うれしいと思う男性が多いでしょう。しかし、援助交際目的の女性よりも、セフレ目的の女性というのは少なくなっています。しかも出会い系サイトにはサクラも多いので、最初から割り切りを目的としているサイトを使う場合には注意しないといけません。

割り切りと売春は異なっている

割り切りと似たような言葉がいくつか存在しています。援助交際も割り切りも殆ど一緒の意味ですし、売春にもよく似ていると言えるでしょう。しかし、売春と割り切りでは決定的に異なっている面があります。それは法律なのですが、割り切りに対しての決まりごとは特に設けられていません。

それに対して売春に関することは決められており、売春防止法という法律が存在しているのです。しかも第2条には、売春というのは金銭などの対償を受ける、もしくは受ける約束で不特定の人と性交をすることと書かれているのです。ようするに女性側には相手の男性を選ぶ権利がないという意味にもなるので、違法になってしまいます。

逆に割り切りの場合には、女性側も相手を選ぶことができるので、不特定という風な解釈ができないことからグレーゾーンになっているのです。この点が売春と割り切りの大きな違いになっているのですが、それでは風俗も売春になるのではと思う人もいるでしょう。しかし、風俗は法律で営業が認められています。

女性は顧客を選べませんが、直接金銭をもらっているわけではなく、店に在籍をしてもらっていることになるので、こちらの場合には売春防止法とは関係ありません。風営法が関係してくるのです。よって風俗店では売春ではなく接客という扱いになるので、届け出を行っていれば違法になるケースはあまりありません。

もし割り切りを行ってみたいと考えている人がいたら、売春という言葉はあまり使わない方がよいでしょう。あくまで特定の相手と割り切ってお付き合いをするということを強調しておくべきです。出会い系サイトを使う場合でも、援助交際や売春という言葉を使っているようなところは避け、割り切りという言葉を使っているところを利用するべきでしょう。

相場はどれぐらいになっているのか

割り切りの場合には金銭の支払いが発生するのが一般的ですが、男性からすればどれぐらいの予算が必要なのかを知っておくことも大切です。通常は女性からこれぐらい欲しいという要求を受け、それから割り切りの出会いをする人が多くなっています。しかし、女性の中には後からいくら欲しいと要求してくることもあるのです。

男性はセックスをすることしか頭にない人が多いので、最初に支払うお金を決めないでホテルに行ってしまうこともあるでしょう。もし要求通りお金が支払えないと、女性が売春だと警察に報告する可能性もあるのです。そうすれば男性は言い逃れができなくなってしまうので、圧倒的に不利な状況になるでしょう。

そうならないためには、最初にいくら支払うのか決めておくのがよいのですが、女性によってはかなり高額の金銭を要求してくることもあるのです。お金に余裕がある人であれば気にしないでしょうが、現在では政治家の悪政によって生活が苦しい人が増えているため、あまりたくさんは支払えないという人も多いのです。

まずは割り切りの相場を知っておくことが大切になります。割り切りの場合には、地域によって相場が異なるということはあまりありません。ただし、人によって金銭感覚は異なっているのですが、大体1万円から3万円ぐらいだと思っておけばよいでしょう。さらにホテル代や食事代も必要になってくるので、当然1万円では足りません。

男性はあまり相場を調べない人もいるのですが、女性は比較的相場をしっかりと調べています。なぜならあまり高いお金を要求すると、応じてくれないことが多いからです。成功率が高い人の場合には、比較的高い金銭を要求してくることが多く、成功率が低い人の場合には、多少安く要求してくることが多いと言えるでしょう。

通常割り切り相手は出会い系サイトで見つけることが多いですが、ナンパ待ちをしている女性もいます。ナンパ待ちをしている人は、相手の容姿や体つきなどもわかるので、その場で交渉すれば失敗するケースも少ないでしょうが、出会い系サイトでは相手の顔がわかりません。

当然女性側も男性側も自分の欠点などは晒さないので、実際に出会ったらタイプではなかったということはよくあります。女性は相手の男性があまりタイプでなくても、お金をもらうのだからと我慢する人も多いでしょう。しかし、お金を払う方の男性は、あまりタイプでないと納得がいかない場合も多いのです。

これは風俗店でもよくあることで、写真やプロフィールと違うではないかと店側に抗議をする人や、ネット上の口コミに地雷を踏んだと書き込む人も多くなっています。そうならないように、実際に出会ってから交渉する人もいるのです。このときに相場を知らないと、多額のお金を要求されても断れないので、相場はしっかりと把握しておきましょう。

割り切りを成功させるための相手探しと交渉術

割り切りを行いたいと思っても、相手がいなければ話になりません。最初に行うことは、割り切りを行う相手を探すことです。通常女性は男性を求めるメッセージを残しておき、男性は女性からのメッセージを探してコンタクトを取るという方法がよく行われているでしょう。そこで重要になるのが利用するサイトや掲示板を探すことです。

掲示板はかなり多数の人の目に触れてしまうので、普通の女性が割り切りに利用するケースはあまりありません。よって掲示板で探す方法はおすすめできないので、やはり出会い系サイトが定番になるでしょう。ただし、出会い系サイト内にある掲示板は別です。出会い系サイトもサクラまみれで実際に出会うことができない場合も多くなっています。

しかし、出会える出会い系サイトも当然存在しているので、まずは割り切りを希望する女性が多い出会い系サイトを見つけましょう。基本的に年齢承認なしで登録できるサイト、売春という言葉を用いているサイトは使うべきではありません。なぜなら年齢承認を行わないサイトや、売春を目的とすることは違法だからです。

違法サイトに実際に出会える女性が登録しているとは思えませんので、きちんと決まりを守っている出会い系サイトを使いましょう。それでもサクラは存在しているので、どのような人がサクラなのかを見分ける目を養っておくことが重要です。サクラには特徴があるので、知っておけば見分けることもできるでしょう。

ターゲットを決めておく

出会える出会い系サイトを見つけると同時に、割り切りの対象となるターゲットを決めておきましょう。ターゲットというのは、若い女性がよいのか、熟女がよいのか、人妻がよいのかというジャンルのことです。若い女性でもギャル系や清楚系などがあります。出会い系サイトによっては、どのジャンルの女性が多いのかなども変わってくるからです。

男性からすれば、高いお金を支払って女性とセックスをするのですから、自分の好みの女性を見つけることはとても重要だと言えるでしょう。ターゲットを絞っておくことで、出会い系サイトもある程度絞り込むことができるのです。いろいろなタイプの女性が登録している場合には、サイト内でジャンルを絞り込むこともできます。

条件交渉さえうまくいけば割り切りは成功

割り切りで重要な点は、相手探しと条件交渉です。相手探しの方法は上記で触れているので、今度は交渉について紹介させていただきます。条件交渉は当然金銭のやり取りになります。実際に出会う前に行う方法もありますし、出会ってから行う方法もありますが、どちらも一長一短があるのです。

出会う前に行うことで、どれだけお金が必要なのかが把握できますが、実際に会ってみるとタイプではない女性が来ることもあるでしょう。出会ってから交渉をすれば、タイプでない女性であれば断ることもできますが、タイプであった場合はある程度高いお金でも承知する男性が多いので、お金が足りなくなることもあります。

そのため、相場をしっかりと把握しておくことと、お金は余裕をもって用意することが大切です。料金は先払いにしておくと女性は安心しますが、騙される可能性もあるので、可能であれば後払いがよいでしょう。もしくはホテルに行ってから払うという方法でも問題ありません。重要なのは女性を安心させてあげることです。