婚活

教員の婚活方法とは!教員がアピールしたいポイントや婚活時のコツもご紹介します!

教員の婚活

「結婚したいけど出会いがない」
「忙しくて婚活してる暇がない」
教員は真面目で子供好きで結婚に向いていそうですが、上記のようになかなか結婚できずに悩んでいる方もいますよね。

実は教員の婚活は難しいものではありません。
なぜなら、教員という職業に良いイメージを持っている人は多いからです。

効率良く出会いを探して上手にアピールできれば、今まで婚活に失敗していた方でも結婚できる可能性はグッと高まります。

そこで今回は教員の婚活が難しい理由を考えながら、教員におすすめの婚活方法や婚活時のコツなどもご紹介していきます。
婚活で悩んでいる教員の方や、これから婚活を始めようと考えている方なども是非参考にしてみてください。

教員の婚活が難しい理由は?

教員の仕事は世間一般から見ても非常に印象が良く、一見結婚もしやすそうな職業に思えます。
しかし実際に悩んでいる方がいるように、実は教員の婚活も簡単ではなく、教員ならではの理由から上手く婚活できずにいる場合も多いです。

そこでまずは教員の婚活が難しい理由から解説していきます。

教員は忙しくて婚活する時間がない

教員の婚活が難しい理由の一つ目が、忙しくて婚活できないという事です。

教員の仕事は学校で生徒に授業をする以外にも、授業や研究で使う書類作りや部活動の顧問など色々あります。
更に受験シーズンになれば、模擬テストを作成したり面接の練習相手になってあげたりとやらなければいけない事が増え忙しくなります。

授業以外にも様々な仕事をしているため、プライベートな時間が持てず婚活に割く時間がないという教員は非常に多いです。

教員は出会いがなく探しづらい

教員の婚活が難しい理由の二つ目は、出会いがないという事です。

教員が毎日顔を合わせるのは生徒で、当然恋愛対象外です。
ですので必然的に目線は同じ職場へと向けられるのですが、同じ職場だけで探すのは異性の数も限られていてライバルも多く難しいのが現実です。

一般企業であれば職場で出会いがなければ他で探す事も難しくはありませんが、教員は仕事柄父兄の目などもあってなかなか積極的に出会いの場に行きづらかったりもします。

そういった事から出会いに割く時間を作りづらく、時間を作れても堂々と出会いを探せずに婚活できない場合も多いです。

教員は大人とのコミュニケーション不足で恋愛に不慣れ

教員が毎日話をしているのは、自分よりもかなり若い子供たちです。

そのため恋愛の場においても、自分がしっかりしなければと頑張りすぎて空回りしてしまったり、周りの目を気にして無理に真面目に振る舞ったりしがちです。
仮に良い出会いがあっても本心を隠して見本のような行動をとりやすく、それが原因で恋愛に発展できない場合も意外と多かったりします。

恋愛は自分の良い部分だけでなく悪い部分も相手に見せる必要があり、お互いに全てを受け入れられる関係にならないと結婚には進む事はできません。

ですが教員は普段から常に生徒の手本となりしっかりしなければという意識を持っているため、全てを見せる事に慣れておらず深い関係を築けずにいる場合もあります。

教員が婚活でアピールすべきポイント

色々な理由から教員の婚活は簡単ではありませんが、では結婚できないかというと全くそんな事はありません。
むしろ教員という仕事は、婚活に非常に向いている職業の一つで、その理由というのは教員が婚活する際のアピールポイントにもなります。

そこで次は、教員がアピールしたい婚活向きな理由を紹介していきます。

教員は真面目で賢く頼りになる

教員は生徒に色々な事を教えるという立場から、生徒の手本となるように毎日真面目に生活を送っている人が多いです。
一般常識だけでなく、困っている人がいたら声をかけたり目標達成に向けて場をまとめるのが上手だったり非常に頼りになります。

真面目で賢く頼りになる性格は、人世のパートナーを選ぶ婚活ではとても大きなメリットです。
実際はあまり自信がなくても、一般的に教員が真面目で賢く頼りになるイメージが強いので、職業だけで好感を持たれやすいです。

安定した収入の教員

教員の婚活向きなもう一つの理由が収入面です。
恋活などとは違い、婚活は結婚を目的とした出会いなので、その後の生活に直接影響してくる経済力は非常に重要なポイントになります。

教員は収入が安定しているため、収入面も大きなアピールポイントです。

特に公立の教員であれば公務員なので、より安定した結婚生活が見込めます。
また公務員は一般的な会社員と比べて、扶養手当や管理職手当などの各種手当てが豊富なのも魅力の一つです。

更に民間企業と比べて勤続年数で給与が上がりやすかったり退職金も多いため、結婚後の長い人世を安心して暮らせる事から人気が高いです。

教員は子供好き

結婚は家庭を築く事でもあるため、子供が好きかどうかというのも大きなポイントになります。

教員は仕事で日常的に子供と関わるので、子供好きなイメージを持たれやすいです。
特に幼稚園や小学校の先生など小さい子供を受け持つ教員は、子供好きな事に加えて、家庭的だったり教育熱心なイメージを持たれる場合も多いです。
更に子供好きから連想して、性格が優しそうだったり気が利きそうなどの良いイメージを持ってもらえたりもします。

そのようなイメージは結婚に対する安心感に繋がるので、婚活時のアピールポイントとして非常に有効です。

教員でも出会える婚活方法

では実際に婚活をする際にどこで出会いを探せばいいか、教員が出会える婚活方法をご紹介します。
以下で紹介する方法なら、忙しい教員でも婚活しやすいのでおすすめです。

同じ職場の同僚

教員が結婚したいと思ったら、まず目を向けたいのが同じ職場の同僚です。

教員には真面目で賢く頼りになる人が多いので結婚を前提にお付き合いしやすいですし、同じ仕事をしていると大変な事も分かりあえてサポートもしやすいです。
また同じ仕事を選んだ事から価値観が似ているというのも、結婚に繋がりやすいポイントだったりもします。

ただし同僚は同じ職場という限定的な場なので、相性の良い相手と出会えるかは運にもよります。
転勤もありますが人が流動的ではないので、出会える人数にも限りがあり多くの出会いは望めません。

友達の紹介

身近に出会いがない場合は、友達から紹介してもらう方法もあります。

友達を介する事で自分と直接接点がない人とも知り合えますし、共通の知人がいると恋も成就しやすいです。
また教員という職業の印象の良さから友達も安心して紹介できますし、紹介された人の興味も引きやすいなどのメリットもあります。

ただ、同じ職場よりは出会いの可能性は高いですが、それでも全く自分と繋がりがない人とは出会う事はできません。
友達が少なければその分出会いの数も半減しますし、自分の友達の知り合いという限定的な関係での出会いにはなってしまいます。

婚活パーティー

婚活パーティーは、自分と繋がりのないたくさんの異性と知り合う事ができます。
参加者は全員が結婚願望を持っている人だけなので、良い相手が見つかったら結婚までスムーズに進みやすいです。
また、公務員限定のものや年収や職業に縛りがある婚活パーティーもあるので、条件を絞って出会いを探せたりもします。

ただし婚活パーティーは気軽に多くの異性と知り合えるので、出会いの気軽さから相手に求める条件が厳しくなりやすいです。
公務員限定のパーティーなど参加しやすいものを選んで、上手に婚活しましょう。

結婚相談所

結婚相談所は、予め希望する条件を伝えておいて条件にマッチする異性が見つかったら教えてくれるので、忙しい教員でも良い出会いを探しやすいです。
コンシェルジュが仲介役として結婚に向けてサポートしてくれるサービスがあったりもするので、恋愛に不慣れな人でも婚活しやすいというメリットもあります。

ただし魅力が多い分、他の婚活方法と比べて費用が高額です。
入会金で3~10万円程必要になり、一人紹介してもらう度に1万円前後かかって、更に結婚が決まったら10万円前後の成婚料が必要になったりもします。

成婚率は高いので、結婚できるならそれくらいお金をかけていいと思える人や、お金に余裕がある方におすすめの婚活方法です。

マッチングアプリ

数ある婚活方法の中でも一押しなのが、マッチングアプリを使った婚活です。
近年の出会い方の主流でもありたくさんのメリットがあるので、以下で詳しく紹介していきます。

気軽に婚活できる

マッチングアプリの一番のメリットは、出会いの気軽さです。
アプリに登録すればすぐに婚活を始める事ができ、条件を指定して探せるので理想の相手も見つけやすいです。
更に「いいね」だけでマッチングできるので、奥手な方でも気軽に色々な人と会ってデートする事ができます。

費用が安い

マッチングアプリの多くは月額固定の定額制で、3,000円~4,000円ほどが相場になっています。
結婚相談所と同じく不特定多数と知り合う事ができますが、費用が非常に安いので若い教員でも利用しやすいです。
定額料金以外にお金がかかる事もないので、お財布に優しく安心して出会いを探す事ができます。

好きな時に婚活できる

マッチングアプリは登録した情報を元に相手を探せるので、会場に行ったりする必要もなく短時間から婚活できます。
今まで仕事が忙しくて婚活できずにいた方でも気軽に婚活できますし、長期間じっくり相手を探す場合でも時間的な負担が少ないので続けやすいです。

周囲に知られにくい

マッチングアプリは周囲に知られずこっそり婚活できるので、父兄など周囲の目が気になる教員でも安心して婚活できます。
また自分の利用状況を相手に知られる事もないので、自由にたくさんの人と出会ってその中から理想の相手を選ぶ事も可能です。

魅力をアピールしやすい

面と向かって「私はここが優れています」などと言うと、自慢に聞こえやすかったりもして上手くアピールするのは意外と難しいものです。

しかしマッチングアプリだと文字で相手に伝えることができるので、自然な形で自分をアピールできます。
また話すのと違って考えながら文章で伝えられるので、自分をPRするのが苦手な人でもアピールしやすいです。

教員の婚活におすすめのマッチングアプリ3選!

マッチングアプリにも色々な種類があるので、出会いの目的を間違えるとなかなかマッチングできなかったりもします。
そこで次は、教員の婚活におすすめのマッチングアプリを3つご紹介します!

1.Omiai「婚活寄り」

Omiaiはこんな人におすすめ!
  • 結婚を前提に真剣に付き合える相手を探したい
  • 20代後半~30代の男女
  • 安全に安心して婚活したい

Omiaiは恋活よりも婚活寄りのアプリで、本気で結婚したいと考えている20代後半~30代の男女が多いです。
そのため将来の事なども交えて相手を探す事ができますし、結婚適齢期の男女が多いのでマッチングしてから結婚までもスムーズに進みやすいです。
Facebookと連動したアプリになっているため、悪質なユーザーなどもおらず安心して利用できます。

公式サイト

2.Pairs「恋活~婚活」

Pairsはこんな人におすすめ!
  • 理想の相手を探したい
  • 20代前半~30代の男女
  • 気軽にたくさんの人と出会いたい

Pairsは累計会員数1,000万人を突破している人気のマッチングアプリで、恋活から婚活まで幅広い目的で出会いを探す事ができます。
利用者も20代前半~30代と幅広く、たくさんの会員の中から自分の希望の条件で理想の一人を探す事ができます。
婚活だけでなく恋活にも使えるアプリなので、気軽にたくさんの人と出会いながら運命の一人を探したいという人におすすめです。

公式サイト

3.youbride「目的は婚活」

youbrideはこんな人におすすめ!
  • 結婚を見据えて出会い探しがしたい
  • 30代~40代の男女
  • mixiを使ったことがある

youbrideは婚活専門の出会いアプリで、プロフィールも子供についてや共働きに関する内容などもあり、婚活に特化した出会い探しができます。
mixiグループが運営する婚活アプリなので全盛期にmixiを利用していた方も多く、同年代で本気で婚活している多くの異性と気軽に知り合う事ができます。
婚活特化型のアプリという事もあって、成婚者数が年間2,442人(2018年度)と高いのも特徴です。

公式サイト

教員が婚活で良縁を引き寄せるコツ

教員が婚活で良縁を引き寄せるためには、教員の婚活の最大の敵でもある忙しさを如何に克服するかが大きなポイントになります。
自由な時間が少ない教員だからこそ、特に以下の4点を意識して効率良く出会い探しをしましょう。

生活を工夫して婚活する時間を作る

忙しく慌ただしい毎日の中で、気持ちだけ「婚活しよう!」と意気込んでも空回りしがちです。

婚活は一生を添い遂げる運命の一人を探すので、友達探しや恋活と比べて時間がかかります。
腰を据えてじっくり探すためにも、まずは毎日の生活を見直し時間配分を工夫して婚活する時間を作りましょう。

短時間でもマッチングアプリなどを使えば婚活できますし、忙しさから簡単に済ませている食事を誰かと一緒に取るようにするだけでも出会いに繋がる可能性があります。

結婚に向けての強い意識を持つ

マッチングアプリなども登場して婚活が一般化したため、軽い気持ちで婚活に望んでしまうケースも多いです。
結婚しようという意思が弱いと、いざ結婚に繋がる出会いを見つけた時に尻込みしてしまったり、他に目移りしてしまう場合もあります。

婚活では、恋活や友達探しなどと違って結婚に向けての強い意識が非常に重要です。

教員は魅力が多い職業なので婚活はしやすいですが、相手に本気度が伝わらなければ結婚までたどり着く事はできません。
結婚したい気持ちを改めて確認しながら、将来どうなりたいかイメージして結婚の意識を高めていく事も婚活の成功の秘訣です。

効率良く婚活する

忙しい教員にとって、効率の良さというのも非常に重要な婚活のコツです。
先にあげたようにアプリを使う事は大前提ですが、他にも色々な点で効率良く婚活する事ができます。

まずは結婚までの全体の流れをイメージしましょう。
付き合ってどういう家庭を持ちたいかなど具体的なイメージを持っておくと、相手を一人に選びやすくなりますし相手にも自分の理想を知ってもらいやすくなります。

また期間と時間を決めて婚活する事も大切です。
時間を決めず探していると、探す事自体が目的になってしまいマッチングまでたどり着けないケースも多くなります。
同時に期間も決めておかないと、踏ん切りが付かず勢いを欠いてしまいやすいです。

延々と同じ候補を見ていても結婚に発展する事はないので、期間内に候補が見つからない場合は一定期間休むなどの工夫も良縁を引き寄せるコツです。

デーティング期間を有効活用する

一般的な日本の出会いは、知り合って友達になり告白してお付き合いスタートという流れです。
しかし海外では、友達から告白の間に「デーティング期間」がある国が多いです。

デーティング期間とは、恋人にしたい相手かどうかを見極めるためのお互いを知る期間です。

この期間は恋人のようにデートをしますが他の人ともデートをしてもOKで、実際に恋人のように付き合う事で友達の関係ではわからない相手の深い部分まで知る事ができます。

海外ではデートする関係になりたいなどとわざわざ言ったりはしませんが、これを活かして婚活する方法もあります。
特にマッチングアプリなど、まだ浅い関係の場合に非常に有効です。

方法は簡単で、マッチング後に何度かデートをして、「デート相手として付き合ってください」と伝えるというものです。

告白は婚活の最難関のポイントで、まだ知り合って間もない相手から急に「結婚を前提にお付き合いしたい」と言われます。
当然その期間だけでは相手は自分をまだよく知らないので、選択に迷い断られてしまうケースも多くなります。

しかし、デート相手としてなら他にも選択肢を持っても良いので、良い返事をもらいやすくなるのです。

OKを貰えたらその後は気軽にデートに誘えるので自分をアピールしやすくなり、アプローチの難しい婚活でもスムーズに関係を進展させやすくなります。

上手に婚活すれば教員は結婚しやすい

以上、教員の婚活が難しい理由を踏まえて、教員におすすめの婚活方法やコツなどをご紹介してきました。

教員は結婚向きな職業の一つなので、忙しさや出会いの少なさをカバーできれば十分結婚できるチャンスがあります。
そして婚活の方法も現在は様々な種類があるので、自分に合うものを選べば難しくはありません。

特にマッチングアプリは時間も手間もかからず誰でも気軽に婚活ができるので、忙しい教員の方にも一押しです。
上記でご紹介した以外にも色々な婚活アプリがあるので、まずは気軽に試してみて自分に合うアプリを探してみて下さい。

たくさんの人に素敵な出会いがある事を願っています!