援助・サポ・ウリ

主婦の家出はどこ行く?行き先・場所・家出方法・子供は?離婚に影響?

主婦家出

家出と聞くと、子どもの頃にするもののようなイメージがありませんか。しかし、今では主婦の家出も実はあることです。
もしも主婦が悩んでいるときには、家出も1つの選択にもなります。とはいえ、その選択も注意すべきポイントも知っておかないと、うまくいきません。
子どもがいるときには、さらには注意も必要です。また行き先はどこがあるのかなど、主婦の家出について見ていきましょう。

主婦も家出を考えているその理由とは!

結婚すると、夫婦間でもいろいろとあります。一緒に住むことになって、その時はじめてわかるこもあるでしょう。そうやって、生活をしていくうちに家出をしたくなることは、主婦にも出てきます。
実際にはあるアンケートによれば約25%が実際には家出したことがあるそうです。またしたことはなくても、したくなると答えたのが40%と半数近くは家出を考えていることになります。
そして、実際に家出した主婦でその期間を聞くと、なんとその半数以上は1週間以上は家へ帰っていないと答えました。一旦出てしまうと長引く可能性があるというわけです。旦那もついついすぐに帰るだろうとたかをくくっていたら大変です。中には、半年も帰らない長期家出のケースもあります。

そして、気になるのはその理由です。
1つ目には価値観の違いがあります。一緒になってからこんな人だったのということがきっかけにもなるようです。結婚当初は家事を分担したりと旦那が手伝うケースも目立ちますが、そのうち手伝わなくなってきたり、主婦にまかせっきりになってくると、価値観がずれてくるように感じるようです。これが積み重なると、ストレスとなり、不満も爆発してしまうのです。

また、大きな価値観が出るケースとしては、育児です。子育てには旦那と主婦の価値観も大きく左右します。子供にさせたいことでも、違いも出てきますし、さらに学校へ通わせるにしても市立や公立と変わります。
習い事をさせるかどうか、成績についても意見も分かれたりと、ことあるごとに意見の対立の場面があります。こうしたときに意見を話し合っていければいいのですが、一方的に押し付けられると、その結果ストレスとなります。
今でも旦那の意見が押し付けられることもあり、それで育児ストレスとなり、家出へ繋がるケースも目立ちます。

あと、最近問題も顕著化しているのはDV、つまりは家庭内暴力です。これは年々と件数が増えております。暴力を振るわれた主婦本人からの警察の通報はもちろん、近隣住民からというケースもあります。

そして、浮気をされたというケースもあります。一晩だけの遊びというものから、さらに不倫として何年も実はしていたというものもあります。どちらにしても我慢できるものではありません。家出ですめば、まだましかもしれません。一発で即離婚もあるからです。

その他にはお金にまつわるトラブルもあります。たとえば旦那が給料をパチンコや競馬などのギャンブルにつぎ込むことから、さらには借金を繰り返すなんてのもあります。また、仕事をせずに稼がないのもお金に絡んできます。
時には自分は遊んで妻に働かせる、ひどくなると風俗へいかせるなんてケースもあります。

これら以外にも日々の小さなストレスや不満が爆発して、家出になることもあります。ここに挙げたのは大きなきっかけですが、旦那としては小さなことにも気を付けた方がいいでしょう。

子ども残しての家出は育児放棄と見られる!

子どもがいた場合でも、家出を考えている主婦はたくさんいます。子はかすがいなんていうことわざもあって、夫婦間には子どもが必要です。それでも、家出するとなるとかなりのストレスや不満がたまっていた、爆発したということになります。

しかし、今の世間としては子どもを置いて家出すると子を捨てた、育児放棄したなんて騒がれてしまいます。確かのそのときの感情の爆発で、たとえすぐに帰ってきたとしても、大きな問題を残すこととなります。
1つ目には子どもへの悪影響です。いきなり母親がいなくなることへの不安も感じてしまいます。旦那以上にショックを受けます。特に幼い頃だと、実は後々辛い記憶として残るケースもあります。大人が考えるよりも子どもは、繊細なのでやはりよく考えないといけません。
2つ目には、もしも離婚を考えていた場合、親権にも影響しかねません。
離婚するに当たって、相手の不当行為も記録として残す必要もあります。もしも離婚はしたいけど、子どもは引き取りたいと考えていた場合、家出した事実は育児放棄のリスクがあると指摘されかねません。親権がすんなり決まればいいのですが、もしも争うことになるときには不利になりそうです。
3つ目には、逆に家出したことで育児放棄するんだと思われてしまい、旦那から離婚を申し出される恐れがあります。家出の期間は育児できませんから、理由はどうであれ育児の義務をこなせません。それは旦那の信頼を崩すことになります。

育児中の家出は、実はこうしたリスクを背負います。その期間が長引くほど、あとから責められたり、不利な状況に追い詰められる可能性があります。もしも出たとしても、帰ってきたときには育児放棄ではないと言うことは、旦那には理解させる必要があります。

主婦でお金があるときにはどこに家出したらいい?

では、いざするとなったときには、どこに行けばいいかとなります。
まず、ここではお金があるときの家出先について見ていきましょう。

お金があるときには、少し羽を伸ばす意味で一人旅はどうでしょうか。季節によっては、温泉なんて手もあります。電車での移動はもちろん、最近では格安航空券もあります。格安航空券だと、前日でも割引もあったりしますから、ぜひ利用してみるといいです。
一人旅といっても、日帰りはもちろん、一泊二日だけでもかなり気持ちも変わります。また行き先での出会いもあるかもしれません。そこでの出会いや話をしたことで、悩み解決の糸口になるかもしれません。

あとは、エステを巡るなんて手もあります。そして、ホテルは少しランクをあげて泊まるなんてこともいいでしょう。
お金を全部使えとは言いませんが、少しだけ負担はしない贅沢をしてみてはどうでしょうか。

お金があるときには期間としては、1週間以上は可能です。ホテルにしても5,000円以上はかかったりしますから、泊まるだけでも数万円は予想しておきましょう。あとは食事ですが1日に5000円程度にもできます。食事代はコントロールしやすいので泊まるお金から引いてみて、残りをコントロールすればいいのです。
お金あるときは、期間も長くすることができます。無ければすぐに終わるしかありませんが、あるほど長くできます。お金やはりあって損はありません。家出をするなら計画的にした方がいいかもしれません。

お金がなくても主婦家出はできる!

お金があれば家出中でも、期間も長くしたり楽しむこともできます。しかし、突然家を出ることもあったり、お金を用意できずに出ることもあるでしょう。大抵はお金はそれほど持たない家出です。そんなときには、行き先は次のような所があります。
まずは、ネットカフェがあります。こちらだと、女性が一人で泊まっても怪しまれることもありません。
一泊しても、ナイトパックや8時間パックがありますから、それを使えばゆっくり過ごせます。もちろん飲み物はドリンクバーで飲めますし、食べ物も注文できます。時間も潰しやすいですし、シャワーが浴びれたりもします。一泊で1,500円程度で済ませられます。
ただし、何日も泊まるわけにはいきません。連日になりそうなときには、あちこちのネットカフェを渡るようにしましょう。

そして、次に手軽に行ける場所はファーストフードやファミレスです。
これらも一人でいても怪しまれることもありません。しかも、飲み物を頼むだけで過ごすことはできます。ただし、何時間もいると心苦しく感じることもあるので、自分の気持ち次第ということかもしれません。
ここでは眠ることはできませんから、休息する場所にしましょう。また、もしも急ぎで出てしまった時には、気持ちを落ち着ける場所にしてみるといいでしょう。

あと、昼間であれば図書館と言う手もあります。夏場だと外は暑いですし、冬場は寒いです。特に猛暑の中、外を歩くのはリスクがあります。図書館ならばお金もかかりませんし、何時間いても職員から何か言われることはありません。案外本を読んでいるうちに寝ている人も多いです。仮眠をとっても恐らくは文句言われることはありません。本を膝に置いて、目をつむっておくだけでも、少しは体を休めることもできます。

どうしても休みたいときには、ビジネスホテルやカプセルホテルがあります。3,000円程度から利用できます。また、ラブホテルでも2時間や3時間ならば2,000円程度で利用できます。仮眠とったり、またシャワーを浴びるだけで利用する手はあります。

あとショッピングモールがあります。こちらも1日中いても特に問題はありません。休憩所もあったり、椅子もあって座って休めます。時間を潰すのにも適しています。もしも車で出てきたならば、駐車場で休んでおく手もあります。ただし、夜の12時には駐車場は閉まることが多いので、注意しましょう。

もしも車で出てきた場合には、車で車中泊があります。暑さや寒さを我慢しなければなりません。また、泊める場所も周りの人に通報されないようにするなど注意も必要です。
車の場合には、大型スーパーの駐車場が狙い目です。ここだと、24時間駐車場が開いているところもあります。夜は警備員もいません。ここなら車を止めて、眠っても大丈夫でしょう。
車ならばお店のように周りに人がいませんから、気持ち的にもリラックスはしやすいです。ガソリンの使いすぎには気をつけましょう。

お金がないときの家出期間は、1週間以内となりがちです。それ以上となると捜索願いが出される危険があります。そうなると、かなりのおおごとになるので短い方がいいかもしれません。

実際に家出してみた主婦はどうだった?

ここで、3つほど体験談を見ていきます。

夕食後旦那と喧嘩して、財布とスマホを持って家を出てしまいました。本当に突発で出たので、私の格好はなんとスウェットです。顔もすっぴんだし、髪もぼざぼさです。
でもすぐに帰るのはしゃくにさわるので、そのまま駅へ向かいました。駅のそばのファミレスへ入りましたが、周りからは目は厳しいです。けっきょく2時間ほど、あとは公園で過ごしました。翌日朝には帰りましたが、家出は準備してからでないとできないとわかりました。

家出したのは、なんかストレスもたまったり、また旦那が浮気したからです。実家に帰っても連絡が来るとわかるので。一応は貯金は数万おろして、車でぶらぶらしてました。でラブホテルに一人で泊まって、お昼はまたブラブラしてました。結局こどもが心配になって帰りました。子どもを見て、旦那も謝ってきたので許しました。家出しても、子供が心配で心配で不安になるばかりでした。

私が家出したときには最初はネットカフェに行かました。そこで、ツアー旅行を見つけて参加しました。地元から離れて過ごしたのはもう何年ぶりかです。ツアーで一緒になったおばさんとお話ししたのが楽しかったです。結構仲良くなって実は家出したと話したら、早く帰りなさいと言われました。その人は離婚していて、引き返せないからと説得されちゃいました。帰ってみると、旦那が捜索願い出そうか悩んでいたそうです。家出する前に話し合いなよというおばさんの言葉が忘れられません。

主婦の家出をまとめてみると

家出を考えるのは、実は当たり前にことです。多くの女性は考えたことあるので、おかしくはありません。行き先も探してみれば、いくつも見つかりますし、過ごせるものです。
しかし、いろいろなリスクも背負いますから、それも踏まえてからもう一度出るかどうか考えましょう。
どうしても出るときには、計画を立ててからにしたり、また書き置きをすること、そして帰る時期を決めてからにしましょう。

取りこぼしたくない!!