【激アツ】今一番出会えるサイト
出会い系サイト

シュガーダディの特徴|お小遣いの相場や使い方・退会方法まで徹底解説

シュガーダディ

「ワンランク上の出会いを。」
そんな希望を持っている方に評判と注目を集めているのが「シュガーダディ」です。
その名前を知っているという方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、なかなか詳細について触れる機会というものは少ないかもしれません。

そこでここでは、シュガーダディに関する詳細から安全性さらには金銭的な部分まで幅広く見ていくことにしましょう。

シュガーダディとはどのような場所なのかについて

まず最初に、シュガーダディとはどのような場所なのか。そんな概要や特徴について見ていくことにしましょう。

上質な出会いを応援してくれるマッチングサイト。
それが最も簡単なシュガーダディに対する説明といえるでしょう。
女性を探している男性と、成功した男性を探している女性の出会いの場と考えていただくとわかりやすいかもしれません。

女性側におきましては、男性の年収・資産・地域・年齢・デート日程などの細かな項目から探すことが出来ますので、効率的ですし初めての方であっても利用をしやすいかと思います。

歴史や人数について

シュガーダディのサービス提供スタートは2015年です。
比較的に新しいと思われるかもしれませんが、時代背景を考えると早い段階でのサービス提供と言っても良いかと思います。

会員数におきましては、何と現段階で30万人ともいわれています。
こうしたサイトの中では群を抜いた会員人数と言っても良いでしょう。

目的意識が合致している

シュガーダディは目的意識がお互いに合致している人のみが利用をしています。
ですので他のサイトやアプリなどよりも効率的にマッチングをしていただけるのもまた大きな魅力といえるのです。

シュガーダディでパパを見つけたいという方のためのパパ活方法

シュガーダディでパパを見つけたい。
そのような方におきましては、そのアプローチというものが必要になります。
そう聞くと、難しいのでは?と思われるかもしれません。
しかし簡単に利用ができるというのが特徴でもあるのです。

メッセージを送ってみよう

まず最初にメッセージを送ってみましょう。
シュガーダディはマッチングなしに気軽にメッセージを送れるようになっています。
ですので、積極的に気になる人が居ればメッセージを送っていただきたいと思います。

理想のパパを探したい方へ

理想のパパを探したい。
そうした方におきましては、検索機能を上手に使っていくことをお勧めしたいと思います。
年収から資産など、検索画面を開いていただくとお分かりいただけるかと思いますが、こうした設定から検索をして相手を絞り込んでいただくことが出来るのです。

メッセージ受信について

また、自分からではなく相手の男性からメッセージが届くという事があるでしょう。
相手の詳細情報などをしっかりとちぇくをしてやり取りを始めてから流れを作っていただくのがおすすめです。
スルーをするのではなく、チャンスが潜んでいるという可能性も十分にありますのでそのチャンスを逃さないようにしていただきたいと思います。

シュガーダディの仕組みや流れについて

次に、より詳しいシュガーダディの流れについて見ていくことにしましょう。

登録を済ませたら理想の相手を探そう

登録が完了しましたら相手を探すというところから始めましょう。
検索条件設定もしくはマッチング機能などを取り入れながら目的や地域・年齢など自分が希望する条件を入力し検索をしていただきます。
そのことによって、それに沿った相手が検索結果として表示されます。

気になる相手が居れば連絡を入れてみよう

こうして検索をしていただいて、気になる相手が見つかった。
少しやり取りをしてみたい。そう感じたらさっそくメッセージを送ってみましょう。
もちろん、個人的な連絡先を利用するのではなくシュガーダディの機能を使いますので機密性も十分です。
メッセージを送るほどではないけれど気になる。そんな場合には「お気に入り機能」を上手に活用していくとよいでしょう。

実際に会ってみよう

やり取りをしていただいたうえで、会うという合意ができれば素敵な時間を過ごしていただきたいと思います。
会員登録をしている男性は「ワンランク上」の男性ばかりとなっています。
ですので、ラグジュアリーな時間を過ごしていただくことが出来るでしょう。

登録機能を上手に利用する

また、空いている予定を登録しておくというのも最初にしておくと良いでしょう。
これを登録することによつて、その開いている日に会えるパパを自動で知らせてくれる機能というものがあるのです。
効率的ですし、有効的な仕組みともいえるでしょう。

シュガーダディの料金相場を確認してみよう

次にここでは、料金相場というものについてチェックしていきましょう。
まずは大まかな部分での相場は以下の通りです。

内容 相場
初回顔合わせ  5,000円~10,000円
初回食事デート 5,000円~10,000円
大人の交際 20,000円~50,000円

となっています。
あくまで相場とはなっていますが、参考にしていただければと思います。
ここでいう「初回顔合わせ」ですが、本当に顔を合わせる程度という認識で良いでしょう。
食事などには行かず、カフェやラウンジなどで関係性や条件面のすり合わせやフィーリングチェック程度のものとなっております。

2回目以降の相場について

先に初回という部分に焦点を当ててみていきましたが、では次回以降はどのような相場になっているのでしょうか。
相場は以下の通りとなっております。

内容 相場
食事デート 10,000円~20,000円
半日フリーデート 20,000円~30,000円
大人の関係 20,000円~50,000円

これが相場となっております。
あくまで相場ですので前後する可能性もありますし、プラスアルファ的な要素としてプレゼントがあるなどということもあるでしょう。

その後の関係について

ではそれ以降の関係についてですが、「定期パパ」という形がありまする
定期パパの場合、その相場は月額最低でも50000円程度になるでしょう。
上限はありませんが、月に150000円という場合もあります。

シュガーダディのお小遣いについて考える

料金相場からもお分かりいただけたかと思いますが、これがいわゆる「お小遣い」という形になるでしょう。
上記のものはあくまで「相場」ですので、この限りではありません。
それ以下であるというケース・それ以上というケースがあるでしょう。

お小遣いの交渉などは希望があればしていくのも良いかと思います。
また、家賃分をお小遣いとしてほしいという場合。
品物をお小遣いとしてほしいという場合などもそれぞれによってあるかもしれません。
こうしたケースにおきましても交渉をしていきましょう。

シュガーダディを利用することに危険性はあるのかについて

魅力や特徴がたくさんあるシュガーダディですが、ここでは危険性についてもあわせて考えておきましょう。

運営管理者について

まず運営管理者から考える危険性でする
会社そのものはウェブ制作などを行っている会社が運営管理をしています。
会社の実態もありますし表記もありますので安心感はあるといえるでしょう。

法律的な危険性について

シュガーダディの公式サイトへアクセスをしていただくとお分かりかと思いますが、18歳未満の利用禁止と書かれています。
本人確認行為もありますし、危険な人物が登録しにくいシステム構造にもなっておりますので法律的な部分から考える危険性というものも少ないと考えて良いでしょう。

パパに対する危険性について

登録の段階において、厳しい確認行為がありますので危険性は少ないという事ができますが、残念ながら「すべての人が絶対的に安全だ」とも言い切れません。
ですので、ある程度やり取りをしてその信頼度や安全性というものは自分自身で確認をしていくこともまた大切なのです。
あまりにひどいというケースはスレが存在しているという事もあるようですので事前に確認してみるのも良いかもしれません。

個人的なやり取りが始まった際の危険性について

個人的に会ってデートをするようになった段階での危険性ですが、この部分については「それぞれによって変わってくる」と言わざるを得ません。
シュガーダディというものに焦点を当てて考えていくと、個人的に会えばその段階ですでに「自己責任」の範疇となります。
ですので、サイト間でのやり取りではない限りその責任を問う事はできませんし、危険に対する管理や意識は自分自身で持っておかなくてはならないのです。

こうして「危険性」というものについて考えていきましたが、シュガーダディというサイトそのものに対する危険性は少ないという事が出来るのです。

実際にあった危険なケースについてご紹介

対策そして回避をするというためにも、ここでは実際に合った危険なケースについてご紹介していくことにしましょう。

危機一髪のケースについて

約束外であった車での迎えがあり、乗せられそうになってしまったというケース。
車に乗ってしまって家まで連れていかれたというケース。
このように「車」を利用しての危険なケースというものが目立ちます。

また、これはシュガーダディを利用している男性側の規約違反ともいえる行為なのですが、実際に会ってみたら仕事のあっせんや紹介を受けたなどという事もあるのです。

刑事事件に進展する可能性のあるケース

無理やりな行為。
そうした危険な体験をしてしまったという方もいらっしゃるようです。

例えば、無理やりに車に乗せられてホテルに連れ込まれそうになってしまった。
「何もしない」といったのに、裸にされそうになった。
などというケースです。
これらは、一歩間違えば事件扱い・警察に報告すべき案件ともいえるでしょう。

こうした危険な体験というものを知ることもまた利用をしていく上において大切なことなのです。

シュガーダディはブロックが出来るのかについて

便利で効率的な機能がたくさん用意されている。
そんな魅力があるのがシュガーダディなのですが、例えば興味がない・一度断っているにもかかわらず何度となくメッセージが届くなどと言う不愉快なシーンに遭遇した際、ブロックなどが出来るのか?という心配の声もあるのではないでしょうか。

快適に利用をするためにも、こうした対策方法というものも知っておくのがおすすめです。

さて、シュガーダディにブロック機能があるのかどうかについてですが存在しています。
ブロック方法は非常に簡単です。
不快だと思うユーザーのプロフィールページにアクセスをしましょう。
その後、基本情報のページに進んでください。
すると、「ブロックする」という項目が表示されているかと思います。こちらを推していただくだけで完了です。

ブロックをすると、その相手からのメッセージなどが届くことは無くなります。

シュガーダディ利用の際の年収証明の方法と仕組みについて

経済的な余裕がある。そんな男性が多いのもシュガーダディの特徴です。
なぜそんなことが分かるのかと疑問に感じられるかもしれません。
それは「年収証明」という機能があるからなのです。

全ての男性ユーザーに年収証明機能があるのか

全てのユーザーでなく、ダイヤモンド会員というステータスの男性におきましては年収を明らかにしている人なのです。
ダイヤモンド会員とは、一般的に言うところの有料会員のことを指しています。
経済的な余裕がある。
そんな環境であることを証明されている人ともいうことが出来るでしょう。

ステータスと年収証明について

自己申告でダイヤモンド会員になれれば本当に年収が高いかどうかわからないのではないか。
そんな疑問もまた出てくるかもしれません。
しかし、シュガーダディではダイヤモンド会員になる際に提出する証明書というものがあるのです。
それが以下のものです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 納税証明書

です。
これらが必要ですので、確実に年収を証明できる男性のみがダイヤモンド会員になっているということになります。

女性側からすれば、これは大きなメリットともなりますし、男性側においてもアピール要素ばかりではなく、女性の登録日から送信した人数・掲示板の投稿回数など、男性側から見える女性のプロフィールに4項目が追加されるのです。
ですので、男性側にとっても利点や魅力があるというわけです。

シュガーダディの男性会員のランク化の存在とは

先にも少し触れましたが、シュガーダディの会員ランクについても触れておきましょう。
ランク化というものがされており、3つに分かれています。
それぞれについて見ていきましょう。

無料会員

お金を払うことなく登録利用をしているという会員です。
10回までのメッセージ送信制限があるという事になります。

プレミアム会員

月会費を払っている会員です。
機能を自由につかいことが出来る会員となっています。

ダイヤモンド会員

月会費を支払っている。
というところまでは、プレミアム会員と同様です。
それに加えて収入を証明している人がこのダイヤモンド会員になっています。

シュガーダディはアプリも提供しているのかについて

さて、今ではこうしたサイトはアプリ提供を行っています。
ではシュガーダディではアプリ提供は行っているのでしょうか。

答えから言えば、アプリ提供はしておりません。
アプリではなく「インターネットサイト」のみでの展開となっているのです。
アプリを通したセッティングではなく、サイトというオンライン上で個人間でやり取りができる。そんな特徴があります。
サイト経由ではありますが、スマートフォンからでもアクセスはしていただけるかと思いますので野ような形で利用をしていただけたらと思います。

シュガーダディの登録方法について考える

では実際にシュガーダディを利用したいという方のための登録方法をご紹介していきましょう。

サイトにアクセスをしよう

まず最初にシュガーダディの公式サイトにアクセスをしていただきます。
「登録はこちら」という項目がありますのでそちらをクリックしていただきたいと思います。
すると、メールアドレスの入力画面が表示されせるかと思いますので、アドレスを入力し「確認メールを送信」ボタンを押してください。
その後、すぐに登録したメールアドレスに返信が届きますので確認をし24時間以内にかかれているアドレスにアクセスしてください。

登録作業について

さて、アクセスをしたら登録作業です。
基本的なはガイダンスに従って入力・選択をしていただく形になりますので、戸惑ったり難しいという事はないでしょう。
記入漏れやミスがないかしっかりと確認してください。
記入選択が終わりましたら「規約に同意して登録」というボタンを押していただきます。

利用を開始する作業について

会員登録完了の通知が来るかと思いますので「利用を開始」を押してください。

本人確認について

これですぐにシュガーダディを利用できるわけではありません。
本人確認作業が必要となります。
プロフィール画面から「本人証明」をクリックしてください。
本人証明画像をアップロードしていただきます。
その後、証明写真の撮影をしていただきます。

本人証明書類について

書類につきましては、免許証・保険証・住民票・パスポート・住民基本台帳カードなどになります。

シュガーダディの退会方法と強制退会の可能性について

もう利用をすることは無い。そう考えた場合にシュガーダディを退会する方法。
さらには、強制退会という措置はあるのかについても合わせて考えていきましょう。

退会方法

最初にまずはシュガーダディにログインをしていただき、メニュー内にある「各種設定」にアクセスをしてください。
その中に「大会の手続き」というものがありますので、そちらに進みましょう。

退会理由を選択後、その理由を記入し「確認する」をクリックしてください。
退会の理由は選択必須となっていますが理由につきましては任意となっております。
その後「退会する」ボタンを押していただくだけです。
非常にわかりやすく簡単になっています。これもまた「優良の証」といえるでしょう。

注意点について

退会する際の注意確認事項につきましては以下のものとなります。
「データが消える」
今まで設定してきた画像・文章などすべてのデータが消えます。
こちらについてまずは納得できている方が退会をしてた抱くという形になります。

また、再登録をしたいという場合ですが退会したアカウント利用の際のメールアドレスを利用することはできませんのでこの点につきましてもご了承ください。

強制退会について

シュガーダディでは、安全性の保持のために強制退会機能というものが用意されています。

24時間365日の監視体制で安心できる環境が用意されています。
だからこそ、通報機能などによっては即日的に強制退会措置となることもあるでしょう。

強制退会の理由ですが、法律に抵触すると考えられた場合。
営利目的の場合。
シュガーダディが設けているガイドラインに抵触した場合。
その他、通報理由や実態調査結果などによってこれら措置が取られます。

別ユーザーからの通報1回で強制退会になるのか?というぶぶんですが、明らかであればその可能性もありますしそうでないケースもあります。
何度も通報があったなどと言う累積から強制退会になるという事が多いようです。

強制退会になってしまった場合

強制退会になつてしまった場合、登録時に利用をしていたアドレスでの再登録は難しいといえるでしょう。
くれぐれも、こうした措置を取られないためにもマナーを守って「お互いが快適にやり取りができる」「関係を作ることが出来る」という場所として利用をしていただきたいと思います。

シュガーダディの裏ワザをご紹介します

より満足できるパパを見つけたい方へ

ある程度のやり取りや会ってからというのがベターかもしれませんが、裏ワザとしては「専属契約」というものを提案してみることです。
そのパパ以外の存在を作らない。
その代わりに相場を高めに設定してもらうというものになります。
独占欲を上手に書き立てていくことによって、より満足できるパパとの関係をつくっていただくことができるでしょう。

引き落としという形について

また、安定的にサポートをしてほしいという場合には「引き落とし」を上手に活用するというのも裏ワザの1つです。
例えば、家賃などの引き落とし先になってもらうなどというのが代表的なアプローチです。
中には、家そのものを借りてもらっているという方もいらっしゃるようです。

お礼をたまにはしてみよう

「形」にして届けるかどうかなどはそれぞれの関係性によってもことなってきますが、お互いにフェアな関係とはいえたまにはパパにお礼をするというのもよいでしょう。
高いものでなくても構いません。手紙などでも十分かもしれません。
こうしたちょっとした感謝の気持ちを表すことによって関係そのものもスムーズに進みやすいですし安定的なサポートに繋がるという可能性も十分にあるのです。
やはり「当たり前」という態度ではパパ側からしても気分が良いものではありません。
相手の視点にたって一度考えてみるというのもテクニックの1つといえるので実践してみてください。

取りこぼしたくない!!