恋愛コラム

【彼女がすぐ怒る】なんで?どうする?怒る理由や心理を紐解きながら上手な付き合い方をご紹介

彼女がすぐ怒る

「何もしていないのに、彼女がすぐ怒るからケンカが多い。」
「すぐ怒る彼女とこれから上手く付き合っていけるか不安。」

付き合ったばかりの頃はラブラブでも、関係に慣れて本音を言い合うようになるとぶつかり合う事も増えてきますよね。
それは仲が良い証拠であり自然な事ですが、時には彼女のすぐ怒る性格が原因で必要以上にケンカや言い争いをしてしまう場合もあると思います。

編集部
編集部
もし彼女がすぐ怒る性格でも、それを改善するのは十分可能です!
なぜなら怒るのには理由があり、相手も怒りたいわけではないからです。

そこで今回は、彼女がすぐ怒る理由や心理を解説しながら、上手な付き合い方や怒りやすい女性の見分け方などもご紹介していきます。

彼女がすぐ怒る理由と原因

すばり彼女がすぐ怒るのは、あなたが『恋人』だからです。

人は自分と全く接点がない相手に対して、何かを求めたり期待する事はありません
なぜなら親しい関係ではないので、その人が自分のために何かしてくれる可能性は限りなくゼロに近いからです。

ですので相手に期待する気持ちがないので、その人が何もしてくれなくても怒る事はありません。
しかし、相手が親しい関係であれば、期待や嫉妬など色々な気持ちを持ってしまうものです。

特に恋人などの深くて特別な関係なら、些細な事ですぐ怒ってしまうのもおかしな事ではないのです。
逆に言えば気持ちをストレートに伝えられる、親しい関係である証拠という事でもあります

とはいえ、できれば怒らずに仲良く一緒にいたいものですよね。
そこでまずは、彼女がすぐ怒る原因になりやすいものをご紹介していきます。

自分以外の女性に気持ちが向いている

1つ目は、他の女性に気持ちが向いていると感じて怒るパターンです。

恋人を独占したいと思うのは男性だけではなく、女性も同じように「恋人は自分だけのもの」と思っています
例えばあなたが他の女性と楽しげに話していたり、自分以外の人に気持ちが向いていると感じたら怒るのは当然です。

編集部
編集部
もちろん浮気など心だけでなく体の関係になってしまった場合も同じで、奪われた感覚を強く感じるのですぐ怒る原因になったりもします。

プライドが傷つけられた

2つ目は、自分のプライドが傷つけられて怒るパターンです。

好きな気持ちが大きければ大きいほど、多少無理してでも相手には何でもしてあげたくなってしまいますよね。
しかし努力の度合いが大きい分、その頑張りが認めてもらえないとプライドが傷つけられて怒ってしまう場合もあります

例えば、大好きな相手とのデートで早起きして一生懸命お弁当を作って持っていったとします。
それを食べて何の感謝もなかったり「不味い」などと言われたら、一体自分は何のために早起きして頑張ったんだと感じてしまいます

編集部
編集部
特に、元々プライドが高くお嬢様気質の女性の場合は自尊心が傷つけられる事に敏感で、相手の言動に全く悪意がない場合でもすぐ怒る事が多いです。

期待を裏切られた

3つ目は、期待を裏切られた時に怒るパターンです。

女性は男性に比べて恋愛の理想が高く、恋人への期待値も高かったりします
デートではあなたに積極的にリードして欲しいと思っていますし、記念日は二人で一緒にお祝いするなど、自分の理想像を持っている場合が多いです。

だからこそその期待を裏切られた時の反動は大きく、それが原因で彼女がすぐ怒るようになる場合もあります。

編集部
編集部
好きな相手だからこそ理想と現実の差によるショックが大きく、「大切に思われていないかも」という不安が怒りに繋がりやすいのです。

ストレスで無意識に怒ってしまっている

何もしていないのに急に怒りだしたり、どう考えても自分は悪くないのに怒っているような経験はありませんか?
このような場合は、怒っている彼女本人でさえ自分が何に怒っているのか分からない場合もあります

これは慢性的なストレスが原因で、特に何かあったわけではなくても無意識に怒ってしまっている場合が多いです。
ストレスを放っておくとどんどん溜まっていき、心が疲れてくると感情を我慢する事が難しくなっていきます
そのため、普段は気に留めない些細な事でもすぐ怒る原因になってしまうのです。

彼女がすぐ怒る心理と対策

次は上記でご紹介した原因を、心理的な面から更に掘り下げて見ていきましょう。

男と女では育った環境や周りの人との付き合い方も違いますし、恋愛に対する価値観も大きく異なります
その事を知らずに付き合ってしまうと、すぐ怒るのが短所にしか見えず相手の魅力も半減してしまいます。

彼女がすぐ怒るのはあなたが好きだからなので、以下の心理を踏まえて上手に気持ちを受け止めてあげる事が大切です。

【嫉妬心】自分だけを見てほしい

好きだからこそ、嫉妬するのは当然の感情です。
嫉妬はもっと自分だけを見てほしいという心理の現れで、相手を独占したいという恋人ならではの感情です。

この心理が原因ですぐ怒る女性は非常に多く、不安な気持ちが大き過ぎて自分では制御できなくなり、それを怒りとして相手に伝えてしまうのです。

交際期間が長くなれば独占欲が満たされ嫉妬心は薄らいでいきますが、全く嫉妬されなくなったら恋人としてとても寂しい関係になってしまいます。
嫉妬するのはそれだけあなたの事を好いている証拠でもあるので、周りに目を向けず大切な相手をしっかり見てあげるようにしましょう。

また、好意を言葉で示すのが苦手な男性も多いと思いますが、頑張って言葉で伝える事でストレートに心に響いて怒りが静まる場合も多いです。

【自尊心】自分を理解してほしい

プライドを傷つけた相手に対して怒るというのも、とても自然な感情です。
バカにされたら誰でもイラッとくるのは当然ですよね。

ただ、実はプライドを傷つけられて怒るのは親しい関係の人だけだったりします。
なぜなら、自分を知らない他人から何を言われても的外れな意見が多く、取るに足らないものとして受け流す方が断然多いからです。

しかし、相手が恋人の場合はそうはいきません。
自分が認めた人だからこそ言葉が直接心に届いて、些細な事でもプライドが傷ついてしまうのです。

そのため自分をもっと知って理解してもらうために、「こういう事をされると嫌だ」というアピールをするのです。
これも相手を大切に思っているからこその反応なので、真意に受け止めて改善する努力をする事が大切です。

具体的には、とにかく話し合いをする事です。
自分を理解してほしいという思いは、相手と良い関係を作るための会議のようなものです。

編集部
編集部
相手は素直に自分の思いを伝えているので、あなたも同じように我慢せず意見を言い合って、更に良い関係を作るために積極的に話し合いをしましょう。

【不安心】自分を大切に思ってほしい

付き合っているのに、毎日のように「私の事好き?」と聞かれた経験がある男性は多いのではないでしょうか。
このように彼女が気持ちを確認するのは、不安な心理の現れです。

小さな不安であれば、上記のように相手に確認すれば解消する事ができます。
しかし、コンプレックスが強く自分に自信がなかったりすると不安な気持ちは大きくなって、確認だけでは解消できない場合もでてきます。

また、不安が大きいと恋人の些細な言動に過敏に反応してしまい、「なんで?どうして?」という思いが怒りとして現れやすくなります。
本人も怒りたいわけではないのですが、それでも好きだからこそもっと自分を大切に思ってほしくて怒ってしまうのです。

不安は精神的な負荷が大きく別れの原因にもなるので、もし気持ちを確認される事が増えてきたら早めに話し合って気持ちをしっかり伝えてあげましょう。
また他にも、デートに誘ってみたりプレゼントを買って手紙と一緒に渡すなどすると、行動でも不安を解消してあげられるのでおすすめです。

彼女がすぐ怒る原因が分からない時の対策

嫉妬していたり共感を得ようとしていたりなど、彼女がすぐ怒る原因が明確なら、しっかり話し合えば直すのは難しくありません。
しかし、価値観の違いやストレスが原因だったり、彼女自身すぐ怒る理由が分からないような場合は簡単に直すのは難しい場合が多いです。

そこで次は、特に理由がなく彼女がすぐ怒る時の対策についてご紹介していきます。

自分もすぐ怒ってみる

「自分も怒ったら解決できないのでは」と思われるかもしれませんが、実は怒る事は恋人との関係作りでとても大切です。
なぜなら、思いの大きさが伝わりやすいですし、「喧嘩するほど仲がいい」というように、ぶつかり合う事で更に良い関係が作れる場合も多いからです。

男性の中には、揉めるのを避けるために、彼女が怒ったらすぐ謝ったり我慢するという方もいると思います。
たしかに謝ったり我慢する事は大切ですが、それだけでは関係が改善される事はありません。
却ってあなたのストレスが溜っていき、次第に関係が悪くなってしまう可能性もあります。

ですので、時には自分も怒って、思っている事や伝えたい事をストレートに相手に伝える事はとても大切です。

編集部
編集部
最初はケンカが増えるかもしれませんが、ぶつかるうちに自然と居心地の良い関係に変化していくので、長く恋人関係を続けやすくなります。

相手と一時的に距離を置く

一時的に相手と距離を置くというのも、すぐ怒る彼女への対応で有効な方法です。

何を言っても聞いてくれない程怒っている時は、そのまま話し合っても解決に向かわない場合も多いです。
そんな時は一度気持ちをリセットするために、相手と一時的に距離を置いてみましょう。

距離を置く時間は5分でも1日でもOKです。
少しだけでも相手と距離をおけば、怒っていた気持ちも静まり、落ち着いて問題解決に取り組めるようになります。
その際、心の距離だけでなく、別の部屋に行ったり外出したりして物理的に離れると、気持ちを落ち着かせやすいのでおすすめです。

ただし、あまりに長期間離れすぎてしまうと、好きという気持ちも一緒に離れてしまうので注意しましょう。

編集部
編集部
怒りを鎮めるために離れるだけなので、落ち着いたらしっかり話し合う事が大切です。

仲直りの仕方を話し合っておく

彼女がすぐ怒ると予め分かっている場合は、怒る前に対策しておくという方法もあります
怒ってから話し合うのは難しくても、怒る前なら冷静な状態で話し合う事ができるはずです。
具体的には、好きだからもっと良い関係を作りたいという事を相手に伝えて、ケンカになった時どうするかを事前に決めておくのです。

仲直りの仕方は、「落ち着くまでハグする」や「一緒にお風呂に入る」など、気持ちをリセットして話しやすい状況が作れるものがおすすめです。

また、「エッチをする」というのも実は仲直りにとても効果が高かったりします
なぜなら、そもそも彼女がすぐ怒るのは愛情不足が原因になっている場合が多いからです。

編集部
編集部
それだけでは根本的な問題の解決にはなりませんが、愛情が満たされると心に余裕が出てきてすんなり問題を解決できる場合も多いです。

スルーする

特に交際歴が長いカップルの場合、スルーするというのも非常に重要な付き合い方の一つです。
生きていれば色んな事があり、溜まったストレスを一番身近なあなたにぶつけてくる場合もあります。

よく考えると理不尽な話ですが、それだけあなたに心を許しているからこその反応なので、大きな心で受け止めてあげましょう。
そしてそれを上手に受け流してあげるのです。

毎回ぶつけられたストレスに親身になって向き合っていては、あなた自身が疲れてしまいます。

編集部
編集部
怒る事でストレスを発散している場合もあるので、話だけ聞いてあげて良い意味で放っておく事も大切です。

彼女がすぐ怒らないようにする方法

次に彼女がすぐ怒らないようにする方法をご紹介していきます。
普段から以下の事を意識しておくと、彼女がすぐ怒る回数を減らす事ができます

定期的に話し合いの時間を持つ

「最近彼女がすぐ怒る」と感じている時は、忙しかったりしてお互いに思っている事を話せていない場合が多いです。
また、交際歴が長くなってくると相手がいるのが当たり前に感じて、わざわざ話し合わないというカップルも少なくありません。

しかし、怒ってから解決するのは簡単ではないので、何もなくても定期的に話し合いの時間を作っておく事はとても大切です。
「最近どう?」「ストレスに感じてる事はない?」などお互いに聞きあえば、言い出しづらい事も言いやすいですし、尋ねる事で愛情が伝わったりもします

彼女の手伝いをする

これは恋人だけでなく夫婦にも言える事ですが、パートナーの生活や家事の手伝いをするのも非常に有効な方法の一つです。

やらなければいけない事がたくさんあり時間に追われていれば、どんな人でもちょっと怒りっぽくなってしまうのは当然です。
それを手助けしてあげる事で心に余裕が生まれ、あなたへの感謝の気持ちからすぐ怒る事が減っていきます。

すぐ怒る時は忙しすぎてストレスも飽和状態になっている事も多いです。

編集部
編集部
出勤や帰宅時に車で送ってあげたり、食材の買い出しなどを代わりにしてあげるなど、些細な事でも喜んでもらえる場合も多いので積極的にサポートしてあげましょう。

言葉で感謝を伝える

何かしてもらった時に「ありがとう」とお礼をするのは、人付き合いの最低限のマナーです。
しかし、交際歴が長くなり一緒にいるのが当たり前になってくると、意外と忘れている場合も多かったりします。

もし普段言い忘れているなら、話し合いの時間を作って、その時に改めて「ありがとう」と伝えてあげましょう
感謝を手紙にして伝えると、後で読み返す事ができるので更に喜ばれる事間違いなしです。

すぐ怒る彼女と付き合い続けるかの判断基準

これまですぐ怒る彼女との付き合い方をご紹介してきましたが、それらを試してみても全く改善が見込めない場合は「別れる」という選択肢も出てきます。

もちろん別れずに上手く付き合っていくのが一番ですが、我慢する頻度が多ければ一緒にいても楽しくありません。
また、将来結婚して家庭を持つ事を考えた時に、彼女がすぐ怒る場合は子供にも影響が出てきたりもします。

そこで次は、どういったポイントで別れるかの判断をすればいいかをご紹介していきます。

怒りの度合いが強くヒステリック

すぐ怒る彼女だったとしても、頬を膨らませプンプンしている程度なら可愛いものですよね。
しかし反対に、大声を出したり物を投げるなど怒り方がヒステリックな場合は、別れを検討した方が良いです。
なぜなら自分で感情を制御できないので、あなたの方が彼女に合わせなければいけない場面がどうしても増えてしまうからです。

もし彼女の怒りの度合いが強い場合は、まずはしっかり話し合って一緒に改善するように努力してみましょう。
感情を制御するのは簡単ではありませんが、一緒に支えながら時間をかけて直していけば、徐々に怒りを抑えられるようになっていきます。

それでも彼女がすぐ怒る場合や話し合いすらできない場合は、もし将来子供を持った時に子供にも悪影響が出てしまうので、別れを選択するのも間違いではありません

いつも彼女に気を遣ってしまう

すぐ怒る彼女と付き合っていると、彼女を怒らせないように振る舞う事に慣れて、常に気を遣って付き合っている場合も多いです。
たしかに一人でいるよりは恋人がいた方が楽しいですが、本音を隠して接していては本当の恋人とは言えません

心の声を隠していてはストレスが溜まってしまいますし、その気遣いが彼女の怒りを買ってしまう事もあります
大切な人に優しく接するのはとても素敵な事ですが、本音を隠した優しさはお互いにとって良い影響を生みません。

我慢して付き合うよりも腹を割って本音をぶつけた方が、結果的に良い関係になれる場合も多いです。
もしそれで別れる事になったとしても、それは相性が合わないという事で、別れる事で更に相性の良い相手が見つかる可能性も出てきます。

そもそも彼女が直す気がない

「何で私ばかり責めるの?悪いのはあなたでしょ」など、話し合っている時に責任転嫁をする場合も別れを検討すべきです。
すぐ怒る原因が何であれ、責任転嫁するのは現在の関係を見直す意思がない証拠なので改善は見込めません。
また、責任転嫁していなくても、話し合う際にはぐらかしたり話し合おうとしない場合も同様です。

もし、何度相談しても同じように責任転嫁したり話し合おうとしない場合は別れを検討してみましょう。
そのまま我慢して関係を続けていても関係が良くなる事はありませんし、彼女のためにもなりません。

編集部
編集部
別れる事で彼女側にも人として成長するチャンスが生まれますし、あなたももっと素敵な恋が見つかる可能性もでてきます。

すぐ怒る女性の特徴とは?

これまではすぐ怒る女性と付き合ってからどうするかを解説してきましたが、次はすぐ怒る彼女の見分け方について解説していきます。
すぐ怒る女性は、「すぐ怒る」という事以外にも性格に色々な特徴があります。

できるだけすぐ怒る女性を彼女にしたくないという方は、以下のポイントを参考にしつつ出会いを探してみて下さい。

せっかちで我慢ができない

「まだ出来てないの?」「結局何が言いたいの?」などと言われた経験はありませんか?
常に物事を早くやろうとしたり結論を求めたがる女性は、それが出来ないとストレスが溜まりやすく、我慢できずに相手にぶつけてしまう事が多いです。

これは早くできていない事実によるストレスが原因なので、仮に遅い原因があなたになくてもすぐ怒る場合もあります。
言われていない事でも「普通やるでしょ」などと責任転嫁してきたり、前置きを省いて結論だけを求めようとしてきたら要注意です。

プライドが高く何事も自分が最優先

プライドが高い女性は自分に自信があって素敵な印象も受けますが、これもすぐ怒る女性の特徴の一つです。
自分が人にどう思われるかとても気にしていて、自分のメンツが傷つけられたと感じたらすぐに牙を剥いて怒りだします。

常に自分を最優先に考えていて自分が間違っているかもとは考えず、まるで女王様のように威張り散らしている場合も多いです。
ただ、実は本心では自信がなく、強気な態度はその裏返しだったりもして、すぐ怒る事で自分の立ち位置を確立しようといているのです。

こだわりが強く周囲にも同じ事を求める

こだわりが非常に強い場合もすぐ怒る女性の特徴の一つです。
こだわりの強さ自体は悪い事ではありませんが、恋人関係になった時に彼女がこだわっている部分に合わせる場面が多くなります。
そこで合わせる事ができないと、すぐ怒る原因になります

また、元々こだわりが強い女性はストレスも溜まりやすいので、怒りの沸点が低い場合も多いです。
自覚がある人も多いので怒ってもヒステリックになったりする事はありませんが、ルールから外れる事に我慢ができないのですぐに怒ってしまうのです。

論理よりも感情を優先する

すぐ怒る女性は論理的に物事を考えずに、感情のまま行動をします
それがその女性の魅力だったりする場合もありますが、恋人になると良い感情だけでなく怒りなどの悪い感情もあなたに直接ぶつけてくる場面が多くなります。

感情を優先して行動するタイプの女性は気持ちの起伏が激しく、一度怒りだすと止まらなくなってしまう事も多いので注意しましょう。

彼女がすぐ怒るのは生理の影響もある

付き合っている彼女が常にすぐ怒るのではなく、波があって一定期間だけ怒りやすくなるという場合はPMS(月経前症候群)の可能性が高いです。

PMSは、生理前のホルモンのバランスが崩れる事で起こる心や体の不調の事です。
女性は生理前になると心が不安定になりやすく、ちょっとした事に過敏に反応してしまい落ち込んだり、普段気にならない事にやたら怒ったりする場合もあります。

男性にはなかなか想像できない部分ですが、PMSの症状が酷いと毎月生理前に性格が別人のように変わって、ケンカが絶えなくなってしまう事も珍しくありません。

また生理が始まってからも体調の不調がしばらく続くので、メンタルが弱りやすく、恋人などの親しい相手の態度に過敏に反応してしまいやすいです。

PMSや生理中の症状には個人差があるので、全ての女性に当てはまるわけではありません。
ただ、その事を予め知って意識しておけば、彼女が心のバランスを崩して怒った時でも優しく受け止めて支えてあげる事ができる場合も多いです。

PMS(月経前症候群)の具体的な対策

では、もし彼女がPMSの症状が強く現れている場合に具体的にどうすればいいのかというと、「見守る事」が非常に大切です。
これは無視するという意味ではなく、怒りに同調しないようにするという事です。

生理前になると、些細な事で怒り出したり文句を言ってくる場面が増えます。
理不尽な事を言ってきたりもしますが、それはPMSが原因なので、怒りに同調せず理解して優しく見守ってあげるようにしましょう。

ただし、その時に心配しすぎて必要以上に優しく接するのはNGです。
優しくできる余裕があるという事が怒りを買ってしまう場合もあるので、生理が終わるまでは愛情をためておいて、生理が終わったらたくさんの愛情を注いであげるようにしましょう。

彼女がすぐ怒る理由を理解して、余裕を持って接しよう!

彼女が怒ると、自分もそれに反応してケンカになってしまいがちです。
しかし、予め彼女がすぐ怒る理由を理解してあげたり、その時どう思っているかなどの心理を汲んであげる事で、怒りを受け止めて一緒に解決できる場合も多いです。

あなたが悪くない場合でも、まずはお互いに落ち着いて本音で話し合ってみましょう。
上手に問題が解決できれば、今まで以上に強い絆で結ばれて素敵な関係を築けるようにもなります。

すぐ怒るのは彼女の短所かもしれませんが、より良い関係作りのきっかけにもなるので、是非この記事を参考に出来る事からチャレンジしてみて下さい。

取りこぼしたくない!!