今すぐ!即日!アダルトも!

セフレは浮気になる?本命以外にセフレを作ってしまう理由や心理から分かる浮気対策をご紹介します!

セフレは浮気になる?

「付き合っている彼女にセフレがいる…」
「普段は素敵な彼氏なのに何度も浮気をする…」

男女の関係は複雑なので、長く良い関係を続けていくのは簡単な事ではありません。
時には上記のように、パートナーにセフレを作られたり浮気されるなどという事もありますよね。

そこで今回は、セフレと浮気の違いや男女別の浮気の心理を解説しながら、浮気対策に効果的な方法や浮気された時の選択肢についてご紹介します。

パートナーの浮気やセフレ問題で悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

セフレは浮気になる?セフレと浮気の違い

「セフレとは体だけで、気持ちはないから浮気じゃない」などと言われた経験がある方もいると思います。
実は『セフレ』と『浮気』の内容には若干違いがあって、たしかに上記の言い訳も間違いではないのです。

では、どこが違うかというと、セフレは体だけが目的のセックスのための関係です。
性欲の発散が一番の目的で、相手に恋愛感情がなくても性欲を満たすためだけにセックスをします。
恋愛関係ではないので、相手の内面の魅力やどんな仕事をしているかなどはあまり関係がなく、容姿やセックスのテクニックの方が重視されやすいです。

それに対して浮気は、心が目的で内面で惹かれ合って成り立つ関係です。
本命とのお付き合いの中で満たされない気持ちを補うために、他の異性に足りない部分を求めます。
恋人ではありませんが心で惹かれ合っていないと成り立たないので、周りから見ると恋人のように見えたりもします。

このようにセフレと浮気では求めるものが違うので、先に上げた浮気の言い訳も全くトンチンカンな事を言っているわけではありません。

ただ、だからと言って「それならOK!」とはなりませんよね。
例え体だけが目的だったとしても自分以外の人とは関係を持ってほしくはないものです。

それなのに何故浮気をするのか、浮気をする理由や心理について次の項目で詳しく解説していきます。

セフレと浮気する男性の心理

セフレを作って浮気する心理は男女で違いがあるので、まずは男性の浮気の心理から解説していきます。

男性が浮気をする心理には主に以下の3つが上げられます。

たくさんの子孫を残したい

男性が浮気をする一番の原因でもあるのが、たくさんの子孫を残したいという本能的な心理です。
子孫繁栄のためには多くの子供を作る必要があり、そのためにできるだけ多くの女性とセックスをしたいと本能的に感じています。

この心理の影響で、本命の彼女がいても他にセフレを作ろうとしたり浮気をしてしまう場合も多かったりします。
相手は誰でもいいわけではありませんが、相手を好きではなくてもセックスをしたいと感じるので、チャンスがあれば浮気したいという男性はとても多いです。

承認欲求を満たしたい

もう一つ男性の浮気の心理で特徴的なのが、承認欲求を満たしたいというものです。

男性は女性と比べてプライドが高く、仕事などで集団で過ごしている時間が多いため、その中で価値を認められたいと普段から強く感じています。
職場や家庭で能力を認められたり慕われていたりすれば欲求は満たされますが、正当な評価を受けていなかったり周囲から認められていないと欲求不満になってしまいます。

その結果、より多くの人から自分を認めてもらいたいという心理が働いて浮気をする男性もいます。
多くの女性とセックスができるという事はオスとして魅力的だという事で、男性としての価値を感じ承認欲求を満たすためにたくさんの人と関係を持とうとします。

溜まったストレスを発散したい

3つ目の男性が浮気する心理は、ストレス発散です。

男性はパートナーとのセックスとセフレとの浮気のセックスを別物だと感じている人もいて、大切なパートナーだからこそ自分が一番したいセックスができずにいる場合もあります。
しかし相手がセフレなら我慢する必要がなくなり、自分本位のセックスをしてストレスを発散しようとする場合もあります。

また、交際歴が長かったり結婚すると相手を家族として見るようになるので、大切なパートナーでも性的興奮を感じられなくなる場合も多いです。
そのため軽い気持ちで遊んでストレス発散する目的で、セフレを作って浮気をするという場合もあります。

セフレと浮気する女性の心理

次に、女性が浮気をしたりセフレを作る心理を見ていきましょう。
女性が浮気をする心理には主に以下の3つが上げられます。

強い子孫を残したい

女性も本能的な心理の影響で浮気をしたりセフレを作る事がありますが、男性とは違ってたくさんの人と関係を持つことはほとんどありません。
なぜなら、女性はセックスをしても作れる子供は一人だけだからです。

そのため、より強い子孫を残すためにできるだけ強いパートナーを選ぼうとして、交際中の相手より条件の良い男性を見つけた時に浮気をする場合が多いです。

この心理の影響で、女性には現実的に物事を考える人が多かったり、浮気が本気になりやすいなどの特徴があったりもします。
作れる子供は一人だけなのでたくさんの人とセックスする必要はなく、セフレでも相手選びは慎重な場合が多いです。

心の隙間を埋めたい

寂しくて浮気してしまったり一人でいたくないからセフレを作る女性は、実はとても多いです。

例え好きな相手がいてもその相手と24時間ずっと一緒にいる事はできないので、長く一緒にいればいるほど心に隙間が出来てきます。
その隙間を埋めるために、セフレを作ったり浮気してしまう場合もあります。

女性は現実的に物事を考えるので、求めても叶わない場合は最初から求めようとはしません。
その結果、パートナーには内緒で足りない気持ちを補うために浮気をするのです。

特に普段から孤独感や虚無感を感じやすい女性は、優しく寄り添ってくれる男性がいるとつい浮気をしてしまう場合が多いです。

いつまでも女性でいたい

男性に比べて女性は年齢を気にする人が非常に多いですよね。
それは「いつまでも女性でいたい」という気持ちの現れで、それが浮気やセフレを作る理由になる場合もあります。

結婚をしていたり交際歴が長くなれば家族として求められる事が増えて、女性としての居場所は少なくなります。
その結果、自分には女性としての価値や魅力がなくなってしまったと不安になって、その不安を払拭するために別の男性に女性としての価値を求めるのです。

それが例え体だけが目的だったとしても、女性として必要とされる事で自尊心を満たせて、求めてくれる事に愛情を感じ浮気をしてしまう場合も多いです。

心理から分かる浮気に効果的な対策

セフレを作ったり浮気をする心理が分かったところで、次はパートナーの浮気対策に効果的な方法をご紹介します。
浮気する心理が男女で違うように効果的な対策も男女で異なるので、それぞれご紹介していきます。

セフレと浮気する男性への対策

男性がセフレに走る理由は主に以下の3つでした。

  • たくさんの子孫を残したい
  • 承認欲求を満たしたい
  • ストレス発散を発散したい

対策を考える上でまず大切なのが、男性は身体的な欲求を求めてセフレを作ったり浮気する人が多いという事です。
色々な女性と関係を持ちたいという気持ちをできるだけ抑えるためには、あなたのセックスのテクニックを磨いたり彼が喜ぶエッチを心がける事が大切です。

また、セックスを彼任せにせずにマンネリ化しないような工夫を一緒にする事で、良い関係を長く続けやすくなったりもします。
普段受け身なら、たまにはあなたから積極的に攻めたりして、いつもと違うエッチを一緒に楽しむように心がけましょう。

他にも、女性が考えている以上に男性はプライドを大切に感じているので、魅力的な部分を言葉でたくさん褒めてあげる事も浮気防止に効果的です。

セフレと浮気する女性への対策

女性がセフレに走る理由は主に以下の3つでした。

  • 強い子孫を残したい
  • 心の隙間を埋めたい
  • いつまでも女性でいたい

これらの浮気の心理からも分かるように、女性は男性とは違って内面的な理由からセフレを作る場合が多いです。
自分を好いてくれて幸せな家庭を築けそうな相手と浮気したり、本命のパートナーでは埋まらない心の隙間をセフレで埋めたりします。

ですので女性の浮気対策では、たくさんの愛情を伝えて心に隙間を作らせない事が大切になります。
特に交際歴が長くなってくると異性として感じられなくなりがちなので、意識的にデートをしたりプレゼントを送ったりして気持ちを定期的に伝えるようにしましょう。

また、セックスの頻度が減ると欲求不満になるだけでなく、女性としての価値に不安を感じて浮気しやすくなったりもします。
同じエッチを繰り返していると飽きがきてしまうので、体位や内容を変えたりパートナーの新しい魅力を見つける努力をする事なども大切です。

その他の浮気防止に有効な対策

以下のような細かなポイントでも、浮気を防止できたりセフレに気持ちが向かないようにする事ができます。

  • 頻繁にデートする
  • 同棲する
  • 結婚して子供を作る
  • ペットを飼う
  • プレゼントを送る
  • コーディネートしてあげる

頻繁にデートしたり同棲する事で気持ちは離れにくくなりますし、セフレと浮気をする時間自体もかなり減らす事ができます。

ただ、それだけだと浮気しようと思えばできてしまうので、自分と一緒にいない時間でも時間を持て余さないように、ペットを飼ったり子供を持つ事で浮気対策ができたりもします。
特に結婚すると浮気は不貞行為となって慰謝料の支払いや親権問題にも影響してくるので、浮気対策に非常に有効です。

他にも、普段からプレゼントをあげるなどして愛情を伝えて、良い関係を続ける努力をする事も大切です。
プレゼントを送る場合は相手が普段身につけるものだと浮気防止に効果的で、全身をコーディネートしてあげたりすれば嫌な印象を与えずに相手を浮気から遠ざける事もできます。

それでも浮気される時の2つの選択

ここまでの内容を実践しても、パートナーが浮気を止めてくれなかったり新たにセフレを作るような場合の選択肢は2つしかありません。
どちらの場合でも慎重によく考えてから選ぶようにしましょう。

1.パートナーやセフレと戦う

まずは、浮気を止めさせる方向での選択肢です。

この段階になるまでにパートナーに浮気をしないでと直接注意しているとは思いますが、改めて浮気をしないでほしいと伝えて浮気するなら別れると言いましょう。
何度言っても直らない場合は、癖になってしまっているので別れる覚悟も必要です。

特に「セフレとは体だけの関係だから大丈夫」など罪悪感がない場合は、簡単には直りません。
本当に今後長く付き合っていける相手なのかをしっかり見極めて、慎重に選択する事が大切です。

また、もしあなたが既婚者なら、パートナーやセフレに慰謝料を請求する事もできます。
お金では気持ちは晴れないかもしれませんが、傷つけられた心が癒えるまでの生活費にはなりますし、相手が改心するきっかけになる場合もあります。

2.自分も柔軟に付き合うようにする

もう一つは、浮気を止めさせずに付き合うという選択肢です。

これは単純に浮気されたから仕返しをするというのではなく、あなたも考え方を変えて柔軟に付き合うようにするというものです。
今までの恋人のような関係ではなくなりますが、あなたも気持ちを多方面に向ける事で一人に執着しなくなり、楽に付き合えたり新たな恋が見つかる可能性もあります。

結婚している場合は別ですが、独身であればたくさんの異性と出会う事は悪い事ではありません。
その中で更に良い相手が見つかるかもしれませんし、色々な経験を経て人として成長できたりもします。

セフレでも浮気は浮気!

以上、セフレと浮気の違いや男女で異なる浮気の心理から、浮気に効果的な対策などをご紹介してきました。

厳密には異なる2つですが、例え気持ちがなくても体の関係があれば浮気は浮気です。
異性の考えは理解し難い部分も多いですが、相手の心理を知って上手に対策していけば、長く良い関係を続けていく事も十分可能です。

また、結婚や婚約をしている関係での浮気は、例えセフレのような気持ちがない場合でも不貞行為となり、慰謝料を請求できたり親権問題で有利になったりもします。
浮気しているか微妙だったり裁判の仕方が分からない場合などは、一度探偵や弁護士などの専門家に相談してみましょう。

取りこぼしたくない!!