今すぐ!即日!アダルトも!

【30代のセフレ作り】30代がセフレを作りやすい理由って?作り方のコツ・30代の注意点を徹底解説

30代のセフレ作り

「30代になって生活に余裕はできたけど、性欲を発散する場がない。」
「毎日がマンネリ化していて、新しいドキドキ感を感じたい!」

編集部
編集部
30代になると生活が落ち着いてくるので、上記のように性欲を満たして充実した毎日を送りたいと考えている方も多いと思います。
しかし男性の場合は、性欲を気軽に発散できるセフレ探しはなかなか難しかったりもしますよね。

そこで今回は30代の男性向けに向けて、セフレを作る魅力や作り方、関係維持のコツや注意点などをご紹介します。
セフレが欲しい方や性欲の発散方法に困っている30代男性は必見です!

30代でセフレを作るメリットとデメリット

まずは、30代でセフレを作る魅力とそれに伴う注意点についてご紹介していきます。
良い面と悪い面の両方を知っておけば、効率良くセフレを作る事ができますし、セフレの良い面だけを吸収する事ができたりもします。

30代でセフレを作るメリット

それでは30代でセフレを作るメリットからご紹介します。
30代は非常にセフレが作りやすい年代で、様々なメリットがあります。

人として成長できる

1つ目のメリットは、女性と深い関係になる事で人として成長できる事です。
セックスが上手になったり、女性の扱いに慣れてモテやすくなるというだけではありません。
セフレは男女の関係の中でも非常に深く、それまで知らなかった自分を知れたり、相手の考え方や生き方に感化される場合も多いです。

毎日の活力が得られる

2つ目は、性欲を発散して毎日の活力が得られる事です。
セックスをするとストレス発散になり、毎日を頑張る活力が湧いてきます。
また、セックスをすると脳がエンドルフィンという幸福物質を分泌するので、幸福感に包まれた幸せな気分を継続して味わう事ができるようになります。

時間やお金を有効に使える

3つ目は、性欲発散にかける時間やお金を有効活用できる事です。
ムラムラするたびに「おかず」を探すのは大変ですよね。
セフレを作る事で「おかず」を探す必要はなくなり、時間に余裕ができます。
また、風俗などと比べて遥かに安く濃厚なエッチを楽しむ事ができます

30代でセフレを作るデメリット

続いて30代でセフレを作るデメリットについてです。
予めデメリットを知っておくと、それを回避しながら良い部分だけを吸収する事もできます。

恋愛や結婚が遠退きやすい

セフレがいるとそれだけで満足してしまって、恋愛が面倒くさくなりがちです。
30代になると男性も結婚する人が増えていきますが、セフレがいる事で生活に満足してしまい婚期が遅くなってしまう場合も多かったりします。

トラブルに発展しやすい

20代ではちょっと欲望のままにワンナイトな関係になってしまっても、「その場の勢い」というのが通じました。
しかし30代になれば社会的にも責任のある立場になってくるので、行為後に「勢い」だけでは弁解できない機会も増えてきます

編集部
編集部
特に相手を妊娠させたり病気を移してしまったりすると、自分と相手だけでなく周囲の環境にも影響が出やすくなるので責任ある行動が求められます
お金がかかる

風俗を利用したり恋人を作るよりは安いですが、それでも異性と関係を持つ事である程度のお金が必要になります。
例えばセフレとご飯に行く時、20代の頃は割り勘でOKだった場面でも、30代に入ると男性が支払うのがマナーになる場面も多かったりします。

30代でセフレが作りやすい理由

実は30代というのは、男女共にとてもセフレを作りやすい年代です。
そしてその理由はセフレを作る時のヒントにもなります。

そこで次は、30代がセフレを作りやすい理由について解説していきます。

経済的に余裕がある

30代は仕事で出世してお給料が増え、経済的に余裕が出やすい年代です。
特に独身であれば収入の全てを自由に使う事ができるので、セフレのための費用も捻出しやすくなります

編集部
編集部
経済力が高まると大人の男性としての魅力も上がっていくので、自然と女性からモテやすくなり、セフレなどの特別な関係も作りやすくなります。

時間的な余裕が増える

20代は就職して間もない事もあって、仕事を覚えたり自身を売り込んだりなど必死に働く人生の準備期間でした。
そんな忙しい時期を過ごしていた方でも、30代に入る頃には生活が安定してきて時間に余裕が出てきます

編集部
編集部
女性は自分のために時間を割いてくれる人に好意を持ちやすいので、特別な関係に進展しやすいです。

女性の性欲のピークが30代にある

20代の頃にセフレを探そうとして見つからなかった方でも、30代に入ってから探せば見つかる可能性があります。
なぜなら、女性の性欲のピークは30代半ばから後半にあるからです。
年齢を重ねて性に対して開放的になっている事もあって、同世代でセフレを探せば非常に見つかりやすいです。

女性としての居場所が減る

上記と同じく、同じ30代の女性というのは女性としての居場所が減りやすい年代でもあります。
職場では新しく若い女性が入ってきて自然とそちらに視線が集中しますし、家庭があっても歳を重ねるにつれて女性から家族へと関係性が変わっていきます
そのため女性としての居場所を探してセフレを作るという30代女性はとても多く、同世代で探すと簡単に見つかりやすいです。

30代でセフレを作る際のコツ

次は30代でセフレを作る際のコツについてご紹介していきます。
以下のポイントを押さえてアピールすると、セフレを作りやすくなるのでおすすめです。

経済力をアピール

30代でセフレを作る時にまず意識したいのが『経済力』です。
20代では、例えば食事したりホテルを選ぶ際などに、できるだけ節約しようと考える場合が多かったかと思います。
その節約していた部分を止めて、女性との時間を楽しむためにお金を使いましょう

「余裕がないからあまり使いたくない」という方もいるかもしれませんが、これは高額な出費が必要という事ではないのでご安心下さい。
あくまで、20代の男性よりも経済力があって大人の男性だという事をアピールするのが目的です。

時間を有効に使う

20代に比べて30代になると、仕事でもプライベートでも時間に余裕が出てきます。
その時間を有効に使う事もセフレ作りのコツの1つです。

女性は自分の話を聞いてくれたり自分の事を大切に思ってくれる男性に惹かれやすく、それは恋人だけでなくセフレの場合でも同じです。
ですので、空いた時間は積極的に女性に連絡をして相手の話を聞いてあげましょう。

編集部
編集部
そうやって連絡を密に取り合う事で自然と相手も心を開いてくれて、特別な関係に進展しやすくなります。
その際は自分から連絡はしますが、聞き手に回って相手に話させるというのもポイントです。

セフレならではのエッチを楽しむ

恋人とのエッチでは、好きだからこそ本当にしたいエッチができない場合もありますよね。
特に30代女性は性欲がピークに達する事もあって、普段できないようなエッチを楽しみたいと感じている人も多かったりします

そんな満たされない性欲を上手に埋めてあげる事も、セフレ作りのポイントです。

編集部
編集部
前戯やプレイだけでなく衣装や場所など色々な部分にこだわって、相手の欲求を引き出しながら一緒に特別な時間を楽しむように心がけましょう。

女性として愛でる

セフレ作りで失敗してしまいやすいのが、相手をセフレだからとおざなりにしてしまう事です。
男性は体目的でセフレを探しますが、女性は体だけでなく女としての居場所や心の安らぎをセフレに求める人もたくさんいます

ですので、セフレだからといい加減に接するのではなく、一人の女性として体だけでなく心も恋人のように優しく寄り添ってあげる事が大切です。

編集部
編集部
そうすれば女性も安心して身も心も委ねる事ができるので、セフレの関係にもなりやすいですし継続もしやすくなります。

30代男性がセフレにしやすい女性の職業

セフレを作る際は、職業にも注目するようにしましょう。
相手の職業にはこだわらないという方でも、以下で紹介する職業などに絞って探すとセフレの関係を見つけやすくなります

女子大生

若い女性が好きという30代男性は、思い切って女子大生を狙ってみましょう。
年齢差の分警戒されやすいですが、「奢るから一緒にご飯行こう」など、相手にとって具体的なメリットがあると誘いに応じてもらいやすくなります
女子大生はお金に余裕がない場合が大半なので、高収入ではなくても経済力をアピールしやすいです。

編集部
編集部
若いからこそ好奇心旺盛な女性も多く、最初に楽しい雰囲気で知り合えれば、勢いでセフレの関係まで進める可能性も十分あります。

保育士

保育士は人と関わる場面は多いですが、異性との出会いは非常に少ないです。
一番関わる時間が多いのは子供なので恋愛対象にはなりませんし、園児の親と関係を持ってしまったら大問題になって職を失いかねません。
同僚も女性比率が高く、時間の余裕はあっても出会いのチャンスは非常に少ないです。

ですので、こまめに連絡をくれるような時間に余裕のある男性は保育士から好かれやすく、仕事が規則的なのもあって仲良くなりやすいです。

看護師

看護師は非常に忙しく、勤務時間が不規則だったりもするのでプライベートの時間を確保するのが難しいです。
それでいて命を預かる職場なので、毎日強いストレスを感じながら頑張って働いています

恋人がいれば精神的に支えてもらう事もできますが、忙しさから出会いを探せなかったり、恋人がいても続かない場合も多かったりします。

そんな時セフレなら短時間で恋人気分を楽しめますし、一緒にいない時は気を使う必要もないので、お互いにWin-Winで気軽に関係を持ちやすいです。

主婦

結婚歴が長くなったり子供ができたりすると、徐々に女性としてではなく嫁や母親など家族として求められる場面が増えてきます。
そうなると必然的に家庭内で女でいられる場所がなくなってしまうので、それを外に求めるようになっていきます

特に30代後半の性欲のピーク時には、高まった性欲を発散する相手を探して自分から積極的にセフレを探す主婦はとても多いです。
特に専業主婦だとコミュニティが家庭中心なので、家庭とは関わりのない他人に新しい刺激を求める人が多く、初対面でもセフレの関係になれる可能性が高いです。

30代でのセフレの作り方

次は実際に30代でセフレを作る際の作り方を、3つのステップに分けて解説していきます。
それぞれのステップで役立つポイントも一緒に紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

1.出会い探し

まずはセフレとの出会い探しですが、特殊な関係なのでなかなか生活の中では探しにくかったりもしますよね。

そのような時は「出会い系サイト」が一押しです。

出会い系サイトなら幅広い年齢の女性と知り合う事ができますし、出会いツールの中でも比較的アダルト寄りなので、特殊な出会いも見つけやすいです。
また、出会い系サイトの場合はポイント課金制なので、複数サイトを併用しやすいというメリットもあります。
たくさん登録しておけば、その分理想の相手と出会える可能性が高まります。

その他の方法としては、20代女性を探すなら「マッチングアプリ」もおすすめです。
恋活ツールとして非常に人気が高く、出会いやすさはトップクラスです。
ただしヤリ目は嫌われやすいので、下心はしっかり隠して警戒されないように注意しましょう

30代後半~40代以上の熟女を探す場合は、「テレクラ」もおすすめです。
声で知り合えるので互いの相性を測りやすく、気が合えばすぐに会う展開にもなりやすいです。

誘う時は下心は出さない!

セフレ探しは色々な方法でできますが、いずれの場合でも『セフレが欲しい!』と直接探すのは避けましょう。

セフレを募集している人は複数人と関係を持っていそうなイメージがあり、関係を軽視していそうな印象を持たれやすいです。
また、病気のリスクも高まるので、どんなに好みのタイプだったとしても敬遠されやすくなってしまいます。

ですので、仮にお互いにセフレ希望だった場合でも、まずは「一緒に遊びましょう」と誘った方がセフレの関係になりやすいです。

2.デート

相手が見つかったら、次はデートです。
その際に単発のセフレと会う場合を除いて、会ってすぐホテルというのはNGです。
理由は、完全に体だけの関係になると代わりはいくらでもいるので、次に繋がりにくくなってしまうからです。

女性は体だけではなく心の癒やしも求めてセフレを作る場合が多いので、デートというのは非常に重要です。

では、どんなデートがいいかと言うと、自然と気分が上がってセックスに持っていきやすいラブラブなデートがおすすめです。
特に遊園地やライブなど、帰り際に「もうちょっとこのドキドキ感を味わっていたい」と思えるようなデートなら、自然な流れでホテルに誘いやすくなります。

編集部
編集部
他にもセフレとのデートのポイントがあるので、以下でご紹介していきます。
とにかく良い面を探して褒める

「声がすごく可愛い。」や「髪がすごく綺麗。」など、好意を積極的に相手に伝えましょう
そうする事で相手の気分が上がるだけでなく、相手から異性として意識してもらいやすくなります。

編集部
編集部
褒めるポイントは声や髪、爪、肌など外見的な部分でもいいですし、「価値観が合う」「一緒にいて癒やされる」などの精神面でも喜ばれやすいです。
ちょっとしたサプライズをする

合う前に好きなものや興味のあるものを聞いておいて、それを会った時にプレゼントすると特別感を感じてもらいやすくなります
もし欲しいものを聞き出せなかったら、花などをプレゼントしても喜ばれやすいです。

編集部
編集部
ちょっとしたサプライズをしてあげると距離がグッと縮まるので、セックスのハードルを下げられたり継続した関係になりやすいです。
スマートにホテルに誘う

「明日は朝早い?」
「もしよかったらもう少し一緒にいたい。」
「もっと○○さんの事知りたいから、2人きりで話せるとこ行こう。」

ホテルへはこのような流れで、スマートに誘いましょう。
ベターですが女性も察しやすいので、卑しい印象を与えず間接的に意志を伝える事ができます

3.ホテル

ホテルに着いても急に襲いかかったりせず、まずはお喋りをしてリラックスしましょう。
2人きりになった事で女性も話しやすくなるので、それまで言わなかった悩みや愚痴など深い話もしてくれるようになります。

そしてリラックスして何でも話せるようになったら、「ホテル来るのはいつぶり?」「どういうエッチが好き?」など下ネタを混ぜて雰囲気を作っていきましょう

上手に雰囲気が作れたら、後は流れにまかせてエッチを楽しみましょう。

ただし、セフレだからと自分本位なセックスをするのはNGです。

編集部
編集部
相手がしてほしい事をたくさんして相手本位のセックスを心がけると、体を通して愛情が伝わって関係が継続しやすくなります。

30代でセフレと長く良い関係を続けるコツ

最後に30代でセフレができた時に、その相手と長く良い関係を続けるコツについてご紹介します。

ずばり、長く良い関係を続けるためには『友達以上恋人未満の関係を維持する事』が大切です。

以下で友達以上恋人未満の関係を維持するためのポイントを3つご紹介するので、参考にしてみて下さい。

1.割り切って付き合う

セックスは男女の特別な行為なので、何度もセックスしていると相手の事を好きになってしまう時もあります。
しかしセフレの関係から恋人になるのは非常に難しく、交際できても上手く続かない場合が多いです。

その理由は、お互いにセフレの気軽さを知っているからです。

恋人になると相手を独占したいという気持ちが生まれて、セフレの時のような自由で気軽な居心地の良さがなくなってしまう場合が多いです。
そしてセフレの気軽さを他に求めて、浮気に走ってしまうパターンは非常に多いです。

ですのでセフレとは体だけの関係として、気持ちをセーブして割り切って付き合っていく事が大切です。

2.セフレならではのエッチを楽しむ

セフレと良い関係を続けたいなら、相手に「彼氏ではなくセフレで良かった」と思ってもらう事が大切です。
そのためにもセックスをする時は、セフレならではのエッチを心がけましょう

編集部
編集部
女性は本命の相手がいても、自分のしたいセックスができず欲求不満でいる人がたくさんいます。
編集部
編集部
そんな女性に本当はしたいけどできなかったセックスをしてあげる事で、「セフレがいて良かった」と思ってもらいやすくなります。

3.一人の女性として大切に接する

男性がセフレを作る一番の目的は「セックス」ですよね。
しかし女性は体だけでなく心の繋がりを求める場合も多く、セフレも「友達以上恋人未満の関係」と捉えている場合が多いです。

そのため、セフレだからとおざなりに接してしまうと関係を続ける事はできません。
関係を継続させたい時は、セフレではなく恋人のように接して特別な存在だという事を言葉や態度で伝えてあげましょう

ただし、前述の通り相手に好意を持ちすぎて恋愛感情が芽生えてしまっても継続は難しくなります。
気持ちはセーブしつつ、上手に友達以上恋人未満の関係を保つ事が大切です。

30代だからこそセフレを作って楽しもう!

以上、30代男性がセフレを作る魅力やセフレの作り方、関係維持のコツなどをご紹介してきました。

30代は20代からの若々しさもありながら、生活にも余裕が出て男性的な魅力が開花する年代です。
同じく30代女性の性欲がピークになる事もあって、セフレという特殊な関係も気軽に作る事ができます

色々な女性と関係を持てば、人として成長でき生活にメリハリが出て毎日が楽しくなる事間違いなしです。
現在セフレがおらず性欲のやり場に困っている30代の方は、是非この記事を参考にして素敵なセフレをゲットしてみて下さい!

以上、「【30代のセフレ作り】30代がセフレを作りやすい理由って?作り方のコツ・30代の注意点を徹底解説」でした。