出会い

妊婦との出会い|妊娠中のセックスはOK?セフレにできる?掲示板のエッチ体験は本当?

妊婦との出会い

初めてであれば「なにを言っているんだ」と疑問に感じることもあるでしょう。男であれば抱きたい女が存在することになりますが、そのひとつに付け加えておきたいのが妊婦。体験することによって、今後父親になるときに奥さんを労ることができるようになるかもしれません。

また新しい性的趣向の芽生えを感じる瞬間になることも。意外と大きな需要があり、興味の萌芽が出てきたのであれば体験できる場所があります。

新たな性的趣向を得られるかもしれない妊婦

あまり知られていないことですが、妊婦さんとエッチをすることは可能です。避けて起きたい期間はありますが、安定期に入ればいくつかの課題をクリアすることによってエッチを楽しむことができます。

妊婦専用の風俗店もあり、需要があるから存在しています。でも男のプライドとして風俗は避けたいと考える方にこそ、出会いを求める方向性に進むと良いでしょう。
そのために彼女が胎児を授かっている時期にしか体験できない貴重な期間でしか味わえない性的趣向と魅力について理解を深めることをオススメします。

妊婦にしかない魅力がある
  • おなかが大きい女性を母親と見做して赤ちゃんプレー
  • 母親になる過程にしかない独特な魅力を体験
  • 身籠っている相手をセックスで奪う背徳感

ざっとあげればこのような魅力が含んでいるのが、妊婦とのエッチになります。エッチにもいろんな方法がありますが、前提としてはあるのが挿入ありです。
つまり普通のエッチを子どもを身籠っている女性と行なうことになります。

母乳が出るとなおさら良い

これは一般的な男性が知らないことも多いですが、妊婦であっても母乳が出ることは特別珍しいことではありません。母乳が出るのは出産してからという知識を持っている男性が多いですが、一部の女性では妊娠中も母乳が出ることがあります。

おなかが大きな女性と母乳。いろんな要素が噛み合ったまさに奇跡的なプレーでもあり、ここには神々しさもあることを理解していただければと感じます。こればかりは体験してみないとわかりません。

玄人は妊婦と母乳プレーをわけている

妊娠中の女性とエッチ、また母乳が出るママとのエッチ。このふたつを混同してはならないとするプロも存在しています。

玄人は妊婦だけにしか存在しない魅力があり、母乳は求めていない。また母乳が出る女性には母性しか求めておらず、おなかが大きいと欲情しないといった男性も。

このような傾向はあくまでも玄人の考え方になりますので、これから体験してみたいと考えている男性は「この段階にいけたらいいな」程度にとどめておくことをおすすめします。

ひとつはっきりしているのは、自分の性的趣向の芽生えを感じるためのプレーであること。自分が興奮するのであれば、どちらでも構いません。おなかが大きい女性とエッチをすることになれば、今流行の寝取られを体験しているような感覚に陥ることから堪らない男性もいます。

赤ちゃんプレーで幼児退行

寝取られプレーの一環でもあるのが妊娠中の女性とのエッチですが、母乳プレーは一線を画しています。こちらは赤ちゃんになることが目的です。つまり幼児退行。

母性に包まれたいからこそ、母乳が必要になります。チュパチュパするのも良いですし、母乳を顔にかけられたり、女性のおっぱいに垂れた液体を舐め回すなど行なうプレーです。

想像すると、気持ち悪いと感じる男性もいるでしょう。しかしながら体験してみないと、こればかりはわからないこと。少しでも脳や下半身がレスポンスするのであれば、検討してみることをオススメします。

ありきたりなエッチに飽きた男性にこそ、この魅力を体感してほしいです。

妊婦との出会いはサイトやアプリを利用すると良い

ではその魅力的な妊婦との出会いはどこに存在しているのか?ここが気になるところでしょう。比較的開拓されたジャンルであることから、風俗に行くことで体験することは可能です。

しかしながら風俗はプライドが許さない男性もいるでしょう。病気をもらうのが困るのは理解できます。
その魅力を体感するために風俗に行かなければならないのかと感じている男性もいるでしょうが、諦めないでください。他にも妊婦とエッチできる方法があります。

それは出会い系サイトです。

優良なサイトでキーワード検索を

いろんな出会い系サイトが存在していますが、妊婦とエッチをするのであれば、優良のサイトを利用してください。悪質なサイトであれば、男性は有料になることからいくらお金があっても相手は見つかりません。

するべきことは優良の出会い系サイトを利用することです。

  • 運営歴が長くしっかり管理されていること
  • 数々のサイトで常に出会えると評判が高いサイトであること
  • 悪質なユーザーや業者を締め出していること

これらのサイトやアプリこそ、利用するべき存在です。そこで「妊婦」または「母乳」などと検索をしてください。驚く結果が目の前に表れるはずです。

ほとんどの妊婦が求めていること

ではなぜ妊婦はサイトやアプリで出会いを求めているのかを理解しましょう。需要があるからボランティアで行っているわけではありません。ほとんどの妊娠中の女性は、見返りを求めていることが大半です。

その見返りとはお金になります。エッチをするお礼にお金を求めていることが多いのが出会い系サイトを利用している妊婦です。

なかには安定期に入ってから急に性欲が出てきて、おなかが大きくなったことで旦那が欲情しなくなったことを嘆く女性も書き込みをしていることがあります。しかし出会ってから金銭を求められることもありますので、このシステムについては理解しておくべきです。

だからこそ美人局に注意を

妊婦が出会いを求めていることは、見返り。だからこそ気をつけておかないといけないのが美人局の被害です。加害者側からしてみれば、社会的信用が落ちることをちらつかせ、ゆすることでさらなるお金を引き出すことができます。

妊娠中の女性なのに、エッチをした。ただでさえ負担がかかっている女性なのに、性欲解消のために利用した。このような言葉を投げかけてゆすってきます。

どうでしょうか?よほどの弁士でなければ対抗することはできないでしょう。実は妊婦の出会いは、美人局と相性がとても良いことを知っておくべきです。

性欲の処理で利用している妊婦は少ない

男性は安定期に入ったことから性欲が出てきたと思い込みたいですが、けっしてそうではありません。そのような女性に出会うことができれば奇跡と考えてください。ほとんど9割は見返りを求めているのが実態です。それはまるで風俗と変わりありません。このシステムは受け入れるしかないでしょう。

妊婦・母乳専門出会い系サイトのリスク

妊婦に出会うには出会い系サイトを利用するのが効率的と書きましたが、大切なことは優良サイトとアプリを利用することです。なかには妊婦・母乳専用の出会い系サイトもあります。

真面目に運営している業者も存在していますが、ほとんどが悪質な業者が管理しているサイトです。個人情報を収集されたり、出会えないのにお金を搾り取られるだけになります。優良なサイトを見つけるだけで手間と時間とお金がかかることになるでしょう。

このような被害に遭わないためにも、妊婦と出会いたいのであれば優良のサイトを利用することをオススメします。

妊婦との関係はそう長くは続かない

恒久的な関係とはいいませんが、できるだけ長く続く関係であってほしいと願うのが男の性欲処理の事情です。そのようなことがあるからこそ、妊婦の出会いはセフレとして成立するのかを考えなければいけません。

妊婦が求めている要求を理解しよう

まぎれもなく、お金を求めているのが要求になることから、こちらがいつでも縁を切ることができる状況になります。奇跡的な出会いになり、お金が発生せずに妊娠中の女性とエッチができる状況であれば、セフレとして成立する可能性があるでしょう。

しかしながら男性に求められている要求は見返りになりますので、セフレとしては機能することはないでしょう。性欲をみたすためには対価が必要になることから、セフレとしての定義である都合が良い時に会ってエッチができる関係とは言えません。

口説くのではなく契約を成立させられる

セフレにするには口説きが必要になってきます。またそれ以上に、エッチがうまくないと継続させることはできません。しかし妊娠中の女性とエッチをすることは見返りを求められますので、これは口説きとは程遠いです。

契約のようなかたちになることを、必ず理解しておかないといけません。都合が良い関係として成立はするが、そこには契約があり、対価を支払わないといけない。これは風俗とよく似た関係性でもあります。

セフレにするのは難しい

女性の目的が完全に見返りになっていること。そして妊娠中という限られた時間に価値があることから、セフレとして継続させることが難しくなる事情がここにもあります。

そこから母乳プレーができるようになる、または次の妊娠期間中も契約を結ぶことができる可能性は確かに存在していますが、これも対価が必要になることから、セフレとして成立させるのは難しいことを理解しておかないといけません。

見返りを求められている以上、セフレとして扱うには難しい存在でもあります。それであれば男性も他の妊娠中の女性を優良な出会い系サイトで求めたほうが、効率が良い性欲解消の手段となります。

妊婦と出会いエッチをするのであれば知ってほしいこと

妊娠中であることから、健康状態に気をつけなければなりません。「そんなこと気にしていられるか!」と感じるような男性であれば、この関係は難しいでしょう。そうであれば風俗を利用したほうが健全な性欲処理となります。

個人的に妊婦と出会いエッチをするのであれば、気をつけなければいけないことがあります。

胎児の影響を考えることが大切

安定期であれば、挿入しても赤ちゃんに届くことはありません。筋肉や羊水などで守れていますので、安心してエッチを楽しんでください。ただし妊娠初期や臨月になると、流産する可能性がありますので、ここは気をつけなければならないポイントです。

女性の方も特に妊娠初期になると、つわりなどが激しいことから性欲が減退する傾向にあります。また臨月は胎児のために行動に気をつけなければいけませんので、エッチを避けてほしい期間です。

しかし対価を求めるあまり、無理をしている女性も。そのような女性を相手にすると、胎児に危険を与えることになることを男性側が理解しておくべきです。もしものことがあれば、後々問題になってしまうことがあります。

無理をさせずゴムをつけるように

妊娠しているから中出しができるように感じるでしょうが、その考えは危険です。精液には子宮を収縮する成分が含まれていることから、胎児に悪影響を与える可能性があります。

また男性も女性側も性感染症のリスクがつきまといます。胎児に影響を与えないこと、そして性感染症を防ぐためにも必ずゴムをつけるようにしてください。胎児になにかあってからは遅いことをよく理解しておきましょう。

また女性によっては、難しい体位になることもあります。無理をさせることになれば、胎児に影響を与えることにもなりますし、その場で妊婦が苦しむことがあれば、適切な処理が必要になってきます。

緊急搬送されることになれば、関係を聞かれることになるでしょう。非常にマズイ状況に追い込まれることになりますので、後先のことを考えた行動をするべきです。

ワケアリな妊婦はなるたけ避けたほうが無難

たとえば他に子どもがいて、寝ている間に自身を提供している女性もいます。ネグレストが問題になっており、まぎれもなく幼児虐待です。家族が見ているなどと嘘をつくこともあり、この真相はわかりません。

妊婦との出会いはこのようなリスクが存在していることをしっかり理解しておくべきです。なるたけワケアリな女性とは関わらないほうが賢明です。ただでさえ、見返りが発生している関係になることが多いのですから、十分気をつけてください。

新しい快楽を求めるために挑戦してみたい妊婦とのプレー

ひょっとすると新たな性的趣向の目覚めに出会えるかもしれないのが、妊婦との出会いになります。その魅力は計り知れないものになるかもしれません。

しかしリスクや関係性について知っておかなければ、後々問題になることも。このような危険性を頭のなかに入れて、出会うことをおすすめします。出会いやすい相手になるからこそ、リスク管理は行っておくべきです。

取りこぼしたくない!!