援助・サポ・ウリ

現在のjkビジネスを徹底解説!安全に楽しめるお店や知っておきたい注意点なども紹介します!

jkビジネス

「jkビジネスにはどんなものがある?」
「jkビジネスって危なくないの?」

若くて可愛い女の子と気軽に特別な時間を過ごせるjkビジネス。
「興味はあるけれど危なそうだから利用できずにいる」などという方も多いのではないでしょうか。

時代に合わせて形は変わってはいますが現在もjkスタイルなお店はあり、注意点さえ守って利用すれば安心して楽しむ事ができます。

ただし、それでも相手は未成年の場合がほとんどなので、知っておきたい注意点もあります。

そこで今回は現在のjkビジネス事情を解説しながら、おすすめのjkビジネス店や楽しく遊ぶための注意点なども併せて紹介していきます。
若い女の子と特別な時間を過ごしたいという方は必見です!

jkビジネスの歴史

実はjkビジネスは2000年代からあって、その中で色々な変化がありました。
それらは現在のjkスタイルのお店を楽しく安全に遊ぶためのヒントだったりもするので、まずはjkビジネスの歴史からご紹介していきます。

メイド喫茶から派生したjkビジネス

2000年代に、秋葉原が電気街からアニメなどのオタク街へと姿を変えていく中で登場したメイド喫茶。
そんなメイド喫茶から派生して次に流行ったのが、「jkリフレ」などの女子高生を売りにしたjkビジネス店でした。

「リフレ」は「リフレクソロジー」の略で、足裏などをマッサージする事で疲労を改善したり癒やしの効果を得る事ができるものです。
jkリフレは、個室で女子高生から二人きりでマッサージを行ってもらえる事から人気を博し、秋葉原を中心に全国的に広まっていきました。

転機になったのは2013年

jkリフレが流行する中で、その延長で性的なサービスを要求する男性客が増え、女子高生も断れずに応じてしまったり自らお金を目的として行為に及ぶ女子がいたりもしました。
またお店側もたくさんの人が来てくれる事は嬉しいので、裏オプションとして性的なサービスを売りにするお店も登場しました。

それが引き金となり警察が捜査を始める事となったのですが、jkリフレは風俗店ではないので風営法違反として摘発できずにいました。
しかしjkリフレがあまりに浸透してしまった事から、2013年に新たにjkリフレで18歳未満や18歳の高校生の就労を違法とする決まりができる事になったのです。

jkビジネスの終焉

それでも需要があれば新しいサービスは生まれるもので、その後はjkリフレが形を変えて「jk見学」「jkお散歩」など新しいサービスが生まれました。
ただしそれらも性的なサービスが発覚した場合はすぐに摘発されていきましたが、すぐ別の形で復活して警察とお店のイタチごっこのような状態が続く事となります。

その後は摘発を避け更に色々な姿に形を変え、徐々に街から「jk」と名前が付くお店はなくなっていきました。

現在のjkビジネス事情と種類

上記で解説したような歴史を経て、現在は女子高生が性的なサービスをするお店はなくなっています。
そして、それに代わって登場したのが「学園」や「制服」をテーマにした新しいリフレ系サービスです。

これらは19歳だったり18歳でも高校を中退したばかりなどの、ついこないだまで女子高生だった女性が制服を着てサービスをしてくれます。
18歳未満が働くのはNGになったため女子高生はいませんが、jkビジネスに変わる次のサービスとして現在人気があります。

内容は、jkビジネス全盛期から続くものや新たに最近のブームから取り入れているものなど、色々なものがあるので以下で詳しく紹介していきますね。

リフレ

jkビジネスの王道でもっとも有名なのが「リフレ」です。

若くて可愛い女の子と楽しくお喋りをしながら、リフレクソロジーとしての足や手のマッサージをしてもらえます。
他にもオプションとして膝枕や耳かきや添い寝などもあるので、好みのスタイルで癒やされて体と心の両方が元気になれる事間違いなしです。

リフレは他のサービスよりも割安なので、初心者でも気軽に楽しみやすいおすすめジャンルです。

アロマエステ

リフレでは女の子が手でマッサージしてくれるだけですが、アロマエステになると癒やされるアロマの香りを楽しみながら密着してマッサージを受ける事ができます。

オイルを使うので、服を脱いで紙パンツなどに着替えサービスを受ける形になります。
リフレ系よりも料金は若干高めですが、肌に直に触れてマッサージをしてもらえるので、リフレで物足りないと感じた人でも満足しやすいです。

見学

リフレと並びjkビジネスの中で代表的なのが「見学」です。

見学では大部屋でスマホや漫画を読む女の子を、ブースからマジックミラー越しに見ることができるものです。
見学ブースは個室になっていて、指名するとブースの前に来てエッチなパフォーマンスをしてくれます。

基本的には会話はできませんがホワイトボードで要求を伝えられたりもして、どこをどうやって触って欲しいなど指示を出す事ができたりもします。

お散歩

お店の中ではなく外で一緒にデートしたいという方におすすめなのが「お散歩」です。
一緒に買物をしたりゲームセンターやボーリングなどで遊んだり、公園や展望台で景色を楽しんだりなど色々なデートを楽しむ事ができます。

店舗型の場合はお店周辺でデートをする事になるので、お店を選ぶ時は好みの子がいるかだけでなくデートしたい場所で選ぶ事も大切です。

逆リフレ

逆リフレとは上記のリフレの逆で、男性が女の子にマッサージができるものです。
逆リフレ専門店というのは少なく、大体はリフレ店がオプションで逆リフレコースを設けている場合が多いです。

逆リフレの最大の特徴は、女の子に触れる事です。
jkビジネスにも色々な種類がありますが、男性が女の子に触れるというものはほとんどありません。
しかし逆リフレなら、好きなだけ女の子の体を触る事ができます。

どこまで触れるかはお店や女の子によっても変わってきますが、胸や股間を触れる場合もあり、中には痴漢プレイなどを楽しめるお店もあったりします。

jkビジネスで「抜き」はある?

男なら「抜き」のサービスがあるかないかというのは非常に気になりますよね。

結論から言うと、元々「抜き」を売りにしていたわけではないので基本的にはありません。
「抜き」などの性的サービスをするとなると風営法など法的な問題が出やすくなるため、表向きはどんなjkビジネス店にもありません。

しかし、全くないかというとそういったわけではなく、以前のように裏オプションとして存在しているお店もあるというのが現状です。

抜きなし系jkビジネス店の特徴

抜きなし系の健全なjkビジネス店の特徴は、主に以下の3つです。

  • 料金が安い
  • オプションに性的なものがない
  • オタク街にある

まずは抜きあり店に比べて料金が安いです。

またお店全体が萌え文化を推奨していて、メイド喫茶の延長上のような雰囲気のお店が多いです。
オプションにもそれらが現れており、頭なでなでやハグなどオタク受けが良いものが多かったりもします。

お店自体も秋葉原や池袋などオタク向けショップが多い街にあり、萌え文化を心の底から楽しむ事ができるようになっています。

抜きあり系jkビジネス店の特徴

抜きあり系のエッチなjkビジネス店の特徴は、主に以下の3つです。

  • 料金が高め
  • 表オプションが過激
  • 風俗街にある or 派遣型

抜きありのjkビジネス店の場合、集客が見込みやすいので料金が若干高めに設定されています。

オプションも抜きなし店と比べて過激なものが多く、「乳首責め」や「顔面騎乗」などがあったりもします。
それらの表のオプションが過激だと、裏オプションとして抜きのサービスがあるお店も多いです。

また、お店が風俗街にあったり、店舗を構えずデリヘルのように派遣型でホテルに呼ぶようになっているのが多いのも特徴です。

jkビジネス店の危険性と注意点

現在のjkビジネス事情がわかったところで、次は実際にサービスを利用する際に注意したい事や知っておくべき危険性について解説していきます。
これからリフレ店やお散歩店を利用するという方は、必ず以下をチェックして安全に楽しむようにしましょう。

  • 女の子の嫌がる事をしない
  • お店のルールをチェックしておく
  • 相手が18歳未満はNG

1つずつ詳しく解説していきますね。

女の子の嫌がる事をしない

お店で働いている女性も1人の普通の女の子です。
お客なんだからと横柄な態度をとってしまうと仕事の迷惑になるだけでなく、相手に不快な思いをさせて傷つけてしまう場合もあります。

反対に女の子を気づかって優しく接してあげていれば、相手もあなたの事を気に入って普段以上のサービスをしてくれる可能性もあります。
深い部分で通じ合って心の底から癒されるためにも、相手の子を気づかって一緒に楽しい時間を過ごすように心がけましょう。

お店のルールをチェックしておく

お店では女の子だけでなくお店への配慮も大切です。
女の子がOKだと言っても法律で禁止されていればお店の迷惑になったり、場合によっては逮捕されてしまう可能性もあります。

特にjkスタイルのお店では「見るだけで触るのは禁止」だったり「手だけは触ってOK」など、それぞれのお店で細かくルールが設けられている場合も多いです。
また、お店によっては個室への飲食物や撮影器具の持ち込みなども指定があったりもします。

お店のルールを知っておけば可能な範囲内で存分に楽しめるようになるので、事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

相手が18歳未満はNG

jkビジネスの歴史でも書いたように、現在は18歳未満がjkスタイルのお店で働く事は禁止されています。
ただしそれでも年齢を偽って働いていたり、悪質なお店だと書類などを用意して偽証させていたりする場合もあります。

お店で働いている女の子が18歳未満だとお店自体が摘発される可能性が高く、直接聞いていなくてもトラブルに巻き込まれる可能性も考えられます。
そういった事を避ける意味でも、事前に相手の年齢を確認して危険のない範囲で楽しむようにしましょう。

おすすめのjkビジネス店

「jkビジネス店に行った事がない」という方のために、人気の有名店をいくつかご紹介しておきます。
ここで紹介する以外にもたくさんの優良店があるので、色々足を運んで自分好みのお店を見つけてみてください。

おすすめ①『みるきーろりっく』

電話 03-3527-1039
住所 東京都千代田区神田練塀町70 第2横島ビル4階
時間 平日15時~23時、土日祝日12時~23時

リフレと言えば秋葉原、秋葉原と言えばみるきーろりっくというくらい有名なjkスタイルのリフレ店。
ザ・リフレと言わんばかりの健全で王道なリフレ店なので、初めてjkビジネスを体験するという方でも安心して楽しむ事ができます。
コースは基本リフレの他に添い寝やお散歩などもあり、在籍している女の子もたくさんいるので色々な人が楽しみやすいです。

公式サイト

おすすめ②『渋谷ギャラクシー』

電話 03-3461-1333
住所 東京都渋谷区道玄坂2-17-1
時間 月-木15時~22時、金15時~23時、土日祝13時~21時

「リフレより見学派」という方に一押しなのが、渋谷ギャラクシー。
大部屋でくつろぐ女の子を、個室からiPadを使って自由に見て楽しむ事ができます。
基本的には会話などはなく見学するだけですが、指名すると自分が指定するポージングをしてくれたり特別なパフォーマンスを見せてくれたりもします。

公式サイト

おすすめ③『制服オーディション(新宿店)』

電話 03-6205-6337
住所 無店舗派遣型
時間 12時~翌5時

こちらもリフレ界では言わずと知れた有名店で、新宿店の他に秋葉原や池袋、大宮や千葉や横浜など関東の色々なエリアにあります。
お店ではなくホテルに呼ぶ派遣型なので、初見でもリラックスして楽しみやすいです。
基本コースはリフレかアロマエステで、お散歩コースもあります。
またオプションも豊富でマイクロビキニや逆リフレなどもあり、ムラムラした時にも最適です。

公式サイト

jkビジネスの最先端はパパ活

前述したように女子高生が行う元々のjkビジネスは、2013年に施行された規制により現在はもうなくなっています。
では、もう女子高生と気軽に話したりデートができないかというと、そうではありません。

jkビジネスに変わって女子高生と気軽に関係が持てるのが、最近流行っている「パパ活」です。

男性はパパとなってお小遣いをあげるかわりに、一緒にデートをしたり買い物をしたりする事ができます。
パパ活であれば相手が高校生でも違法にはならず、以前のjkビジネスのように気軽に会って楽しい時間を過ごす事ができます。

ただし、体の関係を持ってしまうと児童買春で違法になるので絶対に止めましょう。
また相手が女子高生の場合は、学校側がパパ活を禁止していたり各自治体によって規制が設けられている場合もあります。
未成年なので、保護者から警察に通報されて大事になるなどのリスクがある事も忘れてはいけません。

関係を持つ場合はそれらに注意して責任を持って行動すると共に、相手の女の子を第一に考えて本当のパパのように優しく接してあげる事が大切です。

パパ活
パパ活とは?流れや相場から注意点・おすすめパパ活アプリ/サイトまで徹底解説「パパ活はどうやって始めればいい?」 「パパ活の相場が知りたい!」 気軽に若い女性と知り合って遊べる事から人気の『パパ活』。 ...

経験を積んで自分好みのjkビジネスを探そう!

以上、jkビジネスの歴史や現在の状況を解説しながら、おすすめのお店や注意点なども紹介してきました。

一時期非常に流行していたjkビジネスですが、現在は女子高生と気軽に会うことは難しくなっています。

しかしそれに変わるサービスとして、18~19歳などの若い女性が働く学園や制服をテーマにしたお店が登場しています。
また気をつけなければいけない事も多いですが、現在はパパ活という選択肢もあります。

このようにjkビジネスも時代に合わせて変化してきています。
初めて利用する方などは、まずは上記で紹介したような安全なお店で経験を積むのがおすすめです。
そして利用する中で、自分はどんなプレイが好みなのか色々試して探ってみましょう。

普段出会う機会のない若い女の子とも気軽に会えるサービスは癖になりますし、お気に入りの子が見つかれば毎日を楽しく過ごす活力が沸いてきたりもします。

jkビジネスに興味があるという方は是非上記を参考にして、理想の女の子やお気に入りのお店を探してみてください。

取りこぼしたくない!!