【激アツ】今一番出会えるサイト
出会い系サイト

不倫サイトで不倫!?バレないの?サクラばかりの不倫サイトよりも良いのは

不倫サイト

不倫と言うとやっぱりいけないものだと誰もが思っています。しかし、実際に結婚してみたら、思ったようにいかない、夜の生活に満足できない、まだまだ遊びたい、ストレスがあるなどから、不倫に走りたくなるものです。

そんな不倫も昔と比べて出会い系サイトなど、インターネットを使えば女性を探せるようになりました。また安全に探せるようにもなっています。探すためのポイントをここでは解説していきます。

不倫サイトについて教えて

不倫と言うとやっぱり職場やご近所、サークル、同窓会といったものから探すものだと思っていませんか。これまでは確かにそうでした。身近なところから探すのが定番でした。そのため、リスクも様々あったのです。それもあって実際にはしない男性も女性も多かったのです。
ところが出会い系サイトが登場して、出会いやすくなると今度は、結婚した人でも専用に出会いを探せるサイトが登場しました。それが不倫サイトなのです。
既婚者を中心にしたサイトで、普通の出会いも探せますがやはりセックスを目的にしたものや援助を目的にした人がよく集まっています。
専門のサイトもありますが、大手の総合的な出会い系サイトの中で、不倫相手募集と言うのも可能です。広い視点で見れば、大手の総合的な出会い系サイトも不倫サイトとして、取り上げられています。
大半のサイトでは、女性は無料で男性が有料が多いです。登録して検索をしてから女性へアプローチをして、出会いをすると言う流れが基本です。

不倫サイトは使えないって本当?

ネットで探す場合、出会い系サイトもたくさんあって、初心者は驚くはずです。こんなにもあるなかと思うでしょう。不倫サイトとして専門的なサイトもあって、無料で不倫相手を探そうと言うようなところもあります。人妻サイトも結局は、不倫オーケーとなるので不倫サイトとして見なしてもいいのです。

しかし、こうしたサイトはあまり使えないなんて声も実際に出てきています。その理由としてはやはり、なかなか会えないと言うことが挙げられます。確かに無料や専門サイトを使っても会えなかったと言う男性もいます。それは優良の大手の出会い系サイトで不倫を探しても同じことが起こりえます。
また、サクラばかりで会えないと言う人もいます。サクラについては、残念ながら今でもいます。無料と有料とで比べてみると、無料の方が多いようです。理由として、有料や大手ではサクラを使うとすぐに口コミも広まり、利用されなくなる恐れが高いからです。使うことで自分達の首を絞めます。なので使わないのです。
無料だと悪質なところも多くて、そのぶんサクラもいるわけです。
こうしてみると、使えないサイトももちろんあって、それだけで一概に不倫サイトは使えないとは言えないのです。また男性の好みやアプローチに左右されるところが大きいので、使えないという評価をすぐに鵜呑みにするのは止めましょう。

狙うべきは出会い系サイトの不倫、既婚のカテゴリだ

専門の不倫サイトで探してみるのもいいのですが、やっぱりチャンスが多くありそうなのは、大手の出会い系サイトです。不倫サイトよりもはるかに利用する層が広いですから、利用するにはうってつけです。
そんな出会い系サイトを使うときには、不倫や既婚者を狙いましょう。大手だとプロフィールを書くときに独身か既婚者か選択するようになっています。そこで既婚者を見つけてはアプローチするといいのです。既婚者だと、お互いに秘密を守ろうとしますから、口も堅く信頼できます。
検索条件で地域など色々ありますが、既婚者もあればそれで絞るといいでしょう。
また男性も既婚者であれば、素直に既婚者と書いてください。不倫したい女性からのアプローチもありますし、セフレを探す女性も独身の男性よりも既婚者がいいという声が多いです。不倫でなくてセフレが作れるかもしれません。

既婚者が使える出会い系サイトベスト3はここだ

出会い系サイトも使えることもわかったはずです。そこで、使ってほしいところはここです。

(1)ハッピーメール
出会い系サイトのランキングや比較サイトに必ず出てくると言えば、ここです。常に利用のしやすさでもトップクラスの人気サイトです。
ここの大きな特徴としては、ログインすると女性の顔写真と地域、年齢層が分かります。不倫相手を探すならば大抵は20代後半から40代を探せばいいのですが、こちらはそれが探しやすいです。また顔写真も顔全部ではなくても、雰囲気はわかるので選びやすいです。あってみたら学生だった、若い女の子だったなんてことはここならば、起きないでしょう。
掲示板やメッセージも使えるので、不倫初心者でも探しやすいです。
また、トピックもあって恋愛記事などの記事も読めますし、ゲームや日記もあります。それらがあるので、女性の利用も自然と多くなります。ですから、24時間常に会えるチャンスはあります。

(2)PCMAX
こちらも老舗として、その名を業界に轟かせています。利用者は男性だけでなく、女性も多いです。初心者が初めて出会い系サイトを使うときには、ここは外すことはできません。
登録をするときには、簡単にできるのでその日からすぐに始めることができます。
探すときには、新規登録者を中心に探して、アプローチをすると返事も返ってきやすくなります。またその時に、女性のプロフィールをよくチェックすれば既婚者もわかるでしょう。なお既婚者が出会いを求めれていれば、特にアダルト掲示板での募集もあれば不倫はオーケーと言うことです。
探すときには、掲示板をよくチェックするといいでしょう。その日ですぐに会いたいと言う女性もいます。そんな女性ならば条件や都合が会えば、かなり出会いやすくなります。
プロフィールを見て、アプローチをする手もあります。その時に不倫をアピールしてみるのもいいでしょう。

(3)ワクワクメール
ワクワクメールも日本国内では、有名な出会い系サイトです。こちらも登録も簡単にすませられて、後はポイントを使ってやりとりをしていきます。
顔写真を出していない女性もいますから、あってみてからと言うこともあります。
やり方は掲示板で募集ができます。すぐに会える人募集や急ぎではないけど会える人ということで、タイミングを合わせて募集がかけられます。毎日1回目は掲示板募集の書き込みが、無料で出来ます。なので、毎日書き込みをするといいでしょう。
さらに女性の書き込みを見てプロフィールを見れば、子どもがいる、また結婚していることもわかります。
ワクワクメールの場合、他と比べると援交を求める、直アドレスを書いても利用停止になりにくいなんて言われています。他だと運営サイトのチェックが厳しいのですが、ここだと書き込みしやすいとして利用する人もいます。なので、不倫募集でもやはり援交を絡めることで、より出会いやすくできるかもしれません。
より幅広い利用や相手探しについては、こちらか利用しやすいでしょう。

不倫サイトを安全に使うためのポイントとは

実際に探すときには、安全に使うことを優先的に考えるべきです。
そのために、まずは比較サイトやランキングサイトを複数見て、よく名前の出てくるサイトを見つけてください。そんなサイトには、先に挙げたサイトが見つかるはずです。
なお無料ではなく、有料サイトから選ぶ方がいいでしょう。お金がかかるので避けたいかもしれませんが、実は安全に使うならば有料がオススメです。

次に援交業者を避けるようにすることです。今だと出会い系サイトで会うといった女性が、実は業者だったなんてことがあります。そんな女性とは安全には楽しめません。
まず、登録してプロフィールを書いていないうちからすぐにメッセージが来る女性は怪しいです。普通の女性はプロフィールが分からない女性に、メッセージを送りたいと思わないです。なので、メッセージが届いた女性は避けましょう。
プロフィールを書いてから届いた場合でも、もしも場所やホテルはここがいい、時間帯はいつがいいとこだわりを見せる場合には業者の確率が高いですので避けましょう。
掲示板に1日に何回も書き込みする女性も怪しいです。

掲示板を見て気になる女性がいたら、プロフィールをチェックします。プロフィールがしっかり書き込まれている女性は、安全の確率が高いです。あとはメッセージを送って様子を見てください。
普通のやり取りもすれば、業者の確率は低く、あとは少しずつ会う約束を取り付けましょう。すぐに会おうと焦って誘うと断れるかもしれません。焦らないこともコツです。

既婚女性が不倫をする理由を教えて

不倫も昔と比べて、女性も積極的になってきています。そこまでする理由としては、1つには不倫への抵抗が少なくなってきたからです。出会い系で会えると分かり、さらに安全にまた女性はお金をかからないということで、気持ちもやる方向へと傾いたのです。
次に不倫をする女性でその理由としては、女性もセックスがしたいと言うことです。旦那とのセックスで満足できない、回数が少ない、時間が短いなどが主な原因です。
また、旦那以外の男性としたいと言うこともあります。こうしたセックスがしたいと言う女性は、より男性に会いたがる傾向になります。
また、普段の家事や育児でのストレス発散もあります。家事や育児の合間などにセックスをして楽しみたいと言うのも本音です。
その他にはいつまでも女性として、扱われたいのもあります。キレイだと褒められたい、セックスをして褒められたいなどといった欲求からも不倫へと走るのです。
なお、こうした不倫をするときには特に若い男性にこだわってはいません。40代の男性でも選ぶ女性も多いです。セックスに関して、若い男性だけでなく、年齢の重ねた男性が案外よかったなんて声もあります。なので男性は、何歳でもチャンスはあります。

既婚者が出会い系サイトに登録する理由とは

既婚者でも登録する理由としては、やっぱり出会いがほしいからです。わざわざ結婚してからと言うのもある意味、刺激や変化を求めているからでしょう。
結婚したてや子どもが生まれた頃などは、生活の変化も多くて、毎日も充実しています。慣れてきたり、時間もたつと、物足りなくなるものです。そこで新しい出会いをとなるわけです。
また、夫婦であればセックスについても差が出てきます。特に一方が仕事や家事や育児で、セックスは疲れるからと避けてきたりします。その結果、出会いを求めたくなるというわけです。

出会い系サイトの場合、ニックネームで登録しますから周りの人にばれることもありません。ばれないと言うのも、やはり登録したくなる理由と言うわけです。
またほとんどが最初は軽い気持ちで会えればいいや、いい人がいればくらいのことから始めるのがほとんどです。そこからだんだんと本気になることもありますが、まずは軽い気持ちが本当です。
さらに、女性の場合には無料と言うのもあります。家計に負担もかけませんし、もしも会えなくても痛いこともありません。さらに男性からもメッセージも来やすいです。女性としてちやほやされると言う期待感もあります。
男性だと、お金もかかりますが最初は試しというのがほとんどです。ダメなら諦めるくらいの軽い気持ちが、手応えありそうと言うことでのめり込んでいくのです。

不倫デートで避けるべき場所とは?

不倫をする場合、いくらセックスが楽しいといっても、普通にデートもしたくなってくるものです。しかし、忘れてはいけないのが他の人に見られてはまずいことです。ついつい夜だから、周りに人が少ないからと思って、二人で外を歩いていたら、誰かに見られているかもしれません。
ですので、不倫しているカップルにとっては、デートの場所はとても重要です。どこにいくかもいいのですが、避けるべき場所を知っておくべきです。

ショッピングモール

たくさんのお店が並び、買い物や食事をするにはもってこいです。最近では映画館を隣接するなど、より遊ぶところにもってこいです。しかし、ここも人目も多いですし、子どもが行くなんてこともあります。時間帯が早くても遅くても、リスクが減ることはありません。また地元から離れたところでも、やはり安心できるところではありません。

飲食店

やはりこちらも、人目が多いのであまり向いていません。夜だと居酒屋もありますが、個室がないところも多いです。そういうところは、行けないです。個室があるところでも、会計の時や入るとき、出るときにやはりリスクを背負います。しかし、個室の場合には入るときにはバラバラに入り、会計時には払わない方は先に出ておく、車にうつっておくなど、なるだけ個室以外では一緒に行動を避ければなんとかなりそうです。

自宅の近所

どちらの自宅のご近所もやはり向いていません。デートはしなくても、ご近所までは送り迎えなんてことはあるでしょう。しかし、そのときもやはりリスクがあります。ほんのちょっとした送る時に見つかることもあります。自宅側でも危ないので、なるだけ避けるべきです。

公園

以外にここならば人も少なそうと思うかもしれません。平日でも休日でも、子連れで家族がよく訪れます。特にご近所のママさんに見られてしまうと、噂もたちやすくばれやすくなります。公園もできる限り避けましょう。

出会い系サイト以外で出会う方法とは

不倫相手を探すときには、出会い系サイトを使えばと言うことを話してきました。せっかくですので、サイト以外の出会いの場についても見ていきます。

職場

不倫相手を探すときには、職場にいる身近な女性は狙い目です。食事にも同じ職場ならば誘いやすいですし、部下や後輩ならば誘ってもおかしくはありません。また、仕事で協力する、手伝うなどすればアピールにもなります。
成功すれば職場でも人目を避けていちゃいちゃするなど、スリリングも楽しめそうです。
ただし、不倫が終わったときには、かなり気まずくなります。断られたときもアプローチされたことを周りへばらされるかもといったリスクを背青います。
しかし、身近で作りやすさはトップで間違いないです。

趣味活動、サークル活動

趣味仲間との会話は、男性でも女性でも盛り上がりますし、仲良くなりやすいです。仲間も多くいれば、顔を合わせる機会も多くなります。そんなときに、口説くなんて手もあります。みんなと集まるからというのを口実に出掛けるなんて手も使えそうです。
ただし、趣味がない、サークル活動に参加していない人は使えないです。

同窓会

不倫のきっかけのイメージがありませんか。当時好きだった人に会って、昔を思い出すなんてことから、連絡先を交換してそのままということもあります。最初はそんなことと思っていても、案外お互いの話を聞くうちに不倫にも進みやすいです。その日にということがなくても、連絡先を交換しておいて、損はありません。特に女性に優しく接すると、職場やサークル活動よりも落ちやすくなるかもしれません。

学校行事、クラブ行事など

不倫をする男性だとすでに子どももいるケースも多いでしょう。今だと、学校行事に参加する男性も増えました。同じクラスの親同士話す機会も多くなります。
また、子どものクラブ活動で親が親睦会を開くこともあります。それをきっかけにして、そのうちに不倫になることもあります。
これをきっかけにする時は、ご近所になるので、周りの目を注意することが必要です。

不倫サイトのアシュレイ・マディソンとは

不倫サイトと言うと、必ず名前が出てくるサイトと言えばここです。ここも登録もニックネームや年齢、性別、郵便番号と言う内容ですぐに終わります。あとは検索をして相手を探すだけです。
手軽に使えますし、なんといっても既婚者メインのサイトですから、不倫相手を探すには持ってこいと言えます。
しかし、ここまで有名にしたのは、あのことがきっかけと言えるでしょう。

サイトからの個人流出

確かに個人情報流出と言うと、一大事です。大手の企業で時々流出したことが話題となります。そして、これがアシュレイ・マディソンでも起きたのです。ちなみにこちらのサイトは、日本のサイトではなく海外のサイトです。つまり国際的なサイトで個人情報流出が起きたと言うことで、大きなインパクトとなったのです。
2013年に日本に上陸しました。このあとから、すぐに利用する日本人が増え、不倫サイトとしてすぐに知名度をあげました。ところがその頃よりも前から、サイトのセキュリティについては警告を受けていたと言う話もあります。
脆弱性についても、2015年以降はかなり議論もされています。特にホームページの作り方やデータベースにからんで、サイトを操作することも考えられることを懸念する声も出ていたようです。確かにシステムに詳しい人ならば、脆弱性を利用するのは難しくはないと言う認識すら持っていたのです。
そんな中、2015年にいよいよハッキングを受けてしまいました。当初はすぐに流失ではなく、ハッキングでシステムを不正に乗っ取っただけでした。
警察当局にも届け出たのですが、実際には何回にもわたって個人情報が流出したというのです。

なぜパッキングを受けたのか

アシュレイ・マディソンは全世界で3500万人ほどの会員を誇っていました。各国で実は不倫を進めるサイトとして話題になっていました。もちろん、各国とも不倫はタブーでしたが、登録者数はうなぎ登りでした。
そんなときに、ハッカー集団であるインパクトチームが攻撃をしかけました。すぐに金銭の要求というわけではなく、アシュレイ・マディソンとともに関連サイトのエスタブリッシュト・メントのサイト閉鎖を要求してきました。もしも要求に応じなければ、氏名や住所、クレジットカード情報、さらにヌード写真や性的嗜好に関する情報などの個人情報を公表すると脅しをかけてきたのです。

個人情報がインターネット上に公開

当初すぐに運営側はこの要求に応じなかったために、さらに個人情報を盗まれてしまいました。さらにそれらはネット上に公開されてしまったのです。盗まれた件数は3200万件を越えていて、公表されたのは1万5000件といわれています。その中には軍や政府関係者のアドレスも含まれていたのです。
この漏洩したデータをもとにして、サイバー犯罪者たちが犯しています。そのため、集団訴訟が起こる事態にまでなっています。

女性ユーザーのほとんどがサクラ!

ネット上に公開されてしまった以外で、衝撃の事実がわかりました。実は全世界で3,000万人を越える利用者数を誇りながら、実は女性は5
550万人ほどです。かなりの数男性と言うわけです。さらに実際のアクティブユーザーの女性は1万5千人ほどといわれています。先のハッキングをしたインパクトチームがなんと女性のほとんどが、おおよそ95%ほどはサクラだったといっています。
確かに検証をしてみると、偽のプロフィールが多いと言わざるを得ない証拠も出てきたのです。

新CEOにより再出発

こんなアシュレイ・マディソンですが実は閉鎖することなく、新しいCEOを迎え入れて、再出発しています。スローガンも今、この瞬間を生きようという前向きなものに変わりました。こんな不祥事がありながらも、その会員数も増えており、アクティブユーザーの女性は増えているというのも事実です。
しかし、それだけ不倫への関心のある女性が増えているということなのでしょう。今でもセキュリティに不安は残りますが、不倫サイトとしては利用してみてもいいのかもしれません。

不倫サイトについてまとめ

不倫についてや使えるサイトの紹介、サイト以外の出会い方など解説してきました。
これだけ知識がつけば、あとはあなたがいかに積極的に動くかです。これらを使えば、あなたも不倫相手を見つけ、生活も変えられるでしょう。

取りこぼしたくない!!