【激アツ】今一番出会えるサイト
今すぐ!即日!アダルトも!

女性のホテルへの誘い方やシチュエーションさらには心理テクニックもご紹介

女性のホテルへの誘い方

ホテルへ誘いたい。そのような環境が今ある。
色々な方がいらっしゃるとは思いますが、いざホテルへとなるとその誘い方が分からないという声もあるかもしれません。
彼女・彼女ではない女性どちらにせよ、コツやテクニックが必要なのでは?と身構えてしまうということもあるでしょう。

そこで、ここではホテルへの誘い方という点を中心にさまざまな視点からそれらについて考えていくことにしましょう。

彼女をホテルへ誘いたいという方へ

自分の「彼女」ですから、ホテルへ誘いたいというのはごく自然なことでしょう。
とはいえ、付き合ってからの期間や自分自身の経験という事を考えるとなかなか上手な誘い方が見つからないというケースもあるかもしれません。
では、彼女に対するホテルへの誘い方について考えてみましょう。

彼女をホテルへ誘うタイミング

タイミングが難しい。
そんな声も多くあるようです。
真面目なお付き合いをしているつもりでも、最初のデートからホテルへ誘ってしまうと「身体目的ではないのか」「遊びなのでは」などとあらぬ疑いを向けられてしまうかもしれない・恋愛関係が続けられないかもしれないなどと考えてしまう事もまたあるかもしれません。

初回のデートから誘うという行為そのものは悪いことではありません。
しかしこれは「お互いにそのような雰囲気や流れがあれば」という前提になります。
一般的な部分について触れていくと、彼女の立場としては当然ながら「大切にされたい」と願うものです。
ですので、幾度かデートを重ねたのちに誘っていただくのが良いかとも思います。

どうやって誘えばよいのか

何度かデートを重ね「そろそろかな?」という時期に差し掛かった時、どのように誘えばよいのでしょうか。
お付き合いをしている、いわゆる恋愛関係ですから、自分自身の気持ちをある程度はストレートに表現しても良いでしょう。
そのほうが分かりやすくて良いという事も言えるかと思います。
具体的な言葉であれば「朝まで一緒にいたい」などと2人で居たいという気持ちを表現することが大きなポイントです。
また、遠出やドライブデートをするという際には「ゆっくりしたい」という言葉を使ってホテルへ誘うのも良いでしょう。

大切なのは気持ちを中心に置くこと

好きであるという心がありますので、この部分に関しましては特に問題がないかとも思うのですが、誘い方の大切なポイントとしては「気持ちを中心におく」ということです。
当然ながら、性欲・セックスをしたいという気持ちが強くなったり高まることもあるでしょう。
しかし、その気持ちを強く出しすぎてしまうと、彼女であったとしても不信感を抱かれてしまう可能性もあるのです。
だからこそ、気持ちを中心において誘っていただきたいのです。

どうしてもホテルへ誘えないという方へ

彼女をどうしてもホテルへと誘うことが出来ない。
そのような方におきましては、旅行を計画してみてはいかがでしょうか。
遠出でなくとも、週末を利用した「プチ旅行」などでも良いかもしれません。
旅行に行こうと誘って彼女からOKが出れば、そのまま宿泊ホテルまでの流れを作れるでしょう。
これでしたら、不安な気持ちなく誘う事もしやすくなるかとも思います。

彼女ではない女性をホテルに誘いたいという方へ

次に彼女ではない女性を誘いたいというケースについても合わせて考えてみましょう。
ここでのポイントは、その場の雰囲気をしっかりと読んで、それに適切な言葉をチョイスするということでしょう。

例えば、クラブや合コンなどわいわいしたところから仲良くなって2人になり流れをというのでしたら「ゆっくり話せるとこに行かない?」などというところをきっかけにするとよいでしょう。
その前に、明日は早いのかどうか・今日は時間があるかを確認しておくのも良いでしょう。
「一緒に話をしていると楽しいからもっと時間をと過ごしてくれないか」などという言い方も良いかもしれません。

もし、お付き合いには至っていないものの気持ちがある。
そのような相手であれば「好き」という言葉をストレートに伝えたうえで、もっと一緒に居たい・帰したくないという気持ちをアピールするのも良いかもしれません。
ただ、このストレートな言い回しはあくまで小鷹野伊雰囲気が良いなと感じた時に使用をしていただくのが良いかと思います。

上記でいくつが具体的な言い回しというものをピックアップしていきましたが、1つをチョイスするのではなく、その場その場でいくつかのものを上手に組み合わせていくのがおすすめとなっています。

スマートにホテルに誘うための準備について

近々に会うという予定があり、そのタイミングでホテルに誘いたい。
そのように考えている方におきましては、準備をしていただくとさらに成功率がアップすることでしょう。
では、どのような準備がおすすめとなっているのでしょうか。

お店などの確認や予約

その場の雰囲気で何となくというのでは、ホテルに誘いきれないという事も良くあるパターンです。
できれば、スケジュールを組んでおくのが良いかと思います。
お店選びも雰囲気作りのためには大切です。
とはいえ、初めていくというお店だと勝手がわからずに右往左往してしまうという可能性もありますので、いった事のあるお店がおすすめです。
できれば、実質的な距離が近くなりやすいお店が望ましいでしょう。
例としていえば、カウンター席があるお店などです。

ホテルの下見について

実際に足を運ぶまでする必要はありませんが、周辺にホテルがあるかどうかは確認しておきましょう。
誘ってOKが出ても、ホテル探しで手間取ってしまうとテンションも下がり失敗をしてしまうということもあるかもしれません。
また、古いホテルや安さばかりを求めたホテルなどを選ぶのではなく、ここは「女性受け」が良いようなホテルを選んで調べておくのがおすすめです。
部屋が綺麗かどうかはもちろん、アメニティなどが充実しているかどうかなども確認しておくのが良いでしょう。

交通手段について

次に交通手段です。
ホテルへの誘い方のスマートなものとして、ある程度の距離を「歩かせない」というものがあります。
徒歩15分以上かかるようであればタクシー移動を考えておきましょう。
タクシーロータリーの確認もしくは、タクシーアプリなどをインストールしておくのも良いかと思います。

事前に準備ができる点をいくつか見ていきました。
これらが当日の雰囲気づくりから、成功するかどうかが変わってくるという部分もありますので確認してみてはいかがでしょうか。

成功させるために注意をしたい事について

ホテルへの誘い方をいくらマスターしていたとしても、注意をしておくべきポイントをスルーしてしまうとうまく行かないというケースもあります。
そこで、注意をしておきたい点についてチェックしていくことにしましょう。

デート中の所作に気をつけよう

デートが決まっているのであれば、雰囲気さえ作れば誘えると思う方も多いかもしれません。
しかし注意をしていただきたいことがあります。それが「所作」なのです。
具体的に言えば、例えば「スマートフォンやタブレットを出してみてしまう」という行為です。
今ではすぐにスマートフォンに手を伸ばしてしまうという方も多いようです。
しかし、デート中にこうした行為を見せてしまうと「気持ちがないのではないか」「あまり好ましく思われていない」という印象ばかりか、距離を作ってしまう可能性もあるのです。
くれぐれもこうした点には注意をしましょう。

ネガティブな行為は控えよう

会話がなくなってしまうとつい誰かの揶揄や悪口さらには愚痴などネガティブなことを言ってしまう。
そんな傾向がある方はぜひとも気にかけていただきたいポイントです。
互いに悩みを打ち明け合うことによって、距離感が近くなるという事も実際には考えられることです。
しかし、確実なホテルへの誘い方という点を中心に考えた時、やはりこうしたネガティブ要素がある話題は避けていただいたほうが良いでしょう。

急ぎすぎないことが大切

女性側は意外と男性の態度というものを見ているものです。
ホテルへ誘いたい。
そんな気持ちばかりが高まってしまうと、どこかそわそわしたり焦るような言動が増えてしまう。
こうした傾向もあるのです。
焦らないことこそ、成功への近道だという事を覚えておくとよいでしょう。

注意点をいくつか掲げていきましたが、小さなことばかりだと思われるかもしれません。
しかしこれが、結果を大きく左右しますので必ず押さえておきましょう。

ホテルへ誘いやすくするためにできること

上記に準備という形でホテルへ誘いやすくするポイントをいくつか見ていきましたが、実際のやり取りの中で誘いやすくするコツというものについても触れておきましょう。

褒めるという事

日本人は褒めるという事が苦手だといわれています。
実際に「何となく恥ずかしい」という印象を持っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、褒められて嫌な気分になるという方はいないのもまた事実です。
ぜひとも積極的に褒める意識を持っていただけたらと思います。
外見を褒めるのももちろん良いですし、中身を褒めるのもおすすめです。
女性の努力が見られる「外見」と、そもそものパーソナリティである「中身」双方を褒めることによって相手の気分も紅葉しやすくなることでしょう。

ボディタッチについて

ボディタッチは難しいラインにあるともされています。
べたべたと触りすぎてしまうのはあまり好ましくありませんが、並んで座るタイミングなどがあれば軽く方が触るような距離感が良いでしょう。
また、エスコートをするという意味合いでのボディタッチも好印象を与えます。
ふとした瞬間に顔と顔を近づけるのも良いかもしれません。

その日限りでないことをアピールしよう

今瞬間の気持ちではない。
そうしたことをアピールすると、距離感も近くなりやすいですし、信頼関係も築きやすいのです。
そこがベースとなり、ホテルへ誘いやすくしてくれます。
たとえば、「次この場所に行ってみよう」「今度は一緒にこれをしない?」などという言葉を使うことです。
遠くない未来を語ることがここでのポイントです。

初心者の方でもすぐに実践していただけるポイントばかりかと思いますので、ぜひとも実践していただけたらと思います。

失敗してしまう理由と断られたときの対処法について

勇気をもってホテルへ誘ったものの、断られてしまった。
もちろん、こうした事態も十分に想定できる事柄でしょう。
ではなぜ失敗してしまうのでしょうか。
また、その時の対処法というものはあるのでしょうか。

実質的な問題について

明日仕事で時間がなかった。
次の予定が入っていた。
などという実質的なスケジュールの問題です。
こうした部分から断られるという事もあるでしょう。
先のような場合、特に不安になったり傷つく必要はありません。
「次の機会」を考えれば良いのですし、その可能性はあるケースともいえるのです。

対処法としましては、「ごめんね。また今度一緒に遊んでくれる?」などとホテルへ誘うという前提を取り払った形で明るく切り返しましょう。
それがすべてではなかったという事を伝えることがキーポイントとなります。

心の準備が整ってなかった

女性はホテルへ行くとなると、心の準備や状態というものもあります。
こうした都合から断られるという事もあるでしょう。
誘った側からすると、時間があるのになぜ?自分のことを好意的に思っていないのではないか?と感じてしまうかもしれません。
相手の言い回しから察するのがベターではありますが、次回のチャンスを狙う可能性というものもあるケースと考えても良いでしょう。

対処法は先同様に、気持ちを察せなかったことを謝ったうえで、今度は〇〇ちゃんが言っていたあの場所に行ってみない?などと相手の気持ちをくんだ切り替えしがおすすめです。

行くべきではないと判断された

このケースには2つのパターンが考えられます。
まず1つ目は「まだ時期的に早い」と判断をしたケースです。
こうしたケースでしたら、時期を見る・しばらくはデートややり取りを重ねて機会をうかがうといったことによって最終的にホテルへ誘う事は可能であるといえるでしょう。

もう1つのケースは「この人とはホテルへ行くべきではない」と判断されたケースです。
行くべきではないと思われてしまうと、それ以上の進展というものをの望みにくいというのが正直なところでしょう。
ですから、その相手のことは諦めて新しい相手を探すというほうが効率的ではあります。
ただ、お付き合いをしたいと思っているなどとある程度真剣な思いがあるのであれば、その気持ちを伝えたうえで「仕切り直し」をはかってみるというのもまた1つの手段でもあるでしょう。

断られてしまうケースを何パターンかに分けてみていきました。
もちろん、上記以外のケースもありますが、いずれの場合におきましても、断られてしまった以上、その時には「深追いをしない」という事が好ましいのです。
余り執拗に迫ってしまう事で、印象を下げてしまいますし、この先の可能性を自らの手でつぶしてしまうことにもなりかねないので注意をしましょう。

自然さと不自然さの心理について

ホテルへの誘い方のテクニックとしてチャンスがあれば実践していただきたい方法があります。
それが「自然さと不自然さ」です。
これは、心理的な要素が大きくかかわってきます。

基本的に人とコミュニケーションをとり距離感を知覚したいという場合には、流れに合わせるですとか協調や共鳴をすることによって近くなるとされています。
そしてそれが自然な流れを作ってくれるのです。
こうした部分についてはご存知の方も多いかと思います。
それに反する「不自然さ」を適度に取り入れていただくのもまた効果的なのです。

例えば「見つめる」という効果です。
何気ない会話・他愛ないやり取りで話が盛り上がっている最中にじっと相手を見つめてみましょう。
相手からすると少し驚きのような不思議だと感じるような気持ちになります。
これこそがポイントとなるのです。
自然な会話の中でのふとした不自然さは、人の心理に訴えかけます。
心の中でそれら相反する2つに対してうまく折り合いをつけようとするのです。
その解決を目指すために「相手を知りたい」「相手に近づく」という状況になりやすいのです。
男女ともによく「謎めいた人にひかれる」ですとか「ミステリアスさが魅力だ」などというものがあります。
これこそが、自然さと不自然さのバランスの代表的な例でもあるのです。

共感と共鳴について

先に少し触れましたが、共感と共鳴についても少し触れていきましょう。
女性心理として、共感や共鳴をしてくれる人に対しては「より近くなりたい」「より絆を深めたい・仲良くなりたい」という気持ちが働きます。
ですので、こうした部分を大切にしながらやり取りを進めていただくのがおすすめです。
安心できるという印象を与えることも可能ですので、ホテルへ誘いやすくもしてくれることでしょう。

特別感をアピールしよう

もし自分が相手にとって「特別である」という存在だったとしたらどうでしょうか。
よほど嫌いな相手出ない限り嬉しいのではないでしょうか。
この心理を上手に利用するのもよいでしょう。

わざとらしくそれをアピールしてしまうと逆効果にもなってしまいますので、いくつか具体的に例を掲げていきましょう。
「こんな相手は初めて」
「こんな気持ちになるのは君しかいない」
「君と〇〇に行きたい」
などという相手だからこそということをアピールしていただきたいと思います。
自分を特別視してくれる相手に対しては、「大切にしてくれるに違いない」「真剣な気持ちを傾けてくれているのだろう」という心理が生まれます。
ですので、その後の誘い方も流れも作りやすい環境を作ってくれるのです。

イベント効果について

イベントは浮かれてしまう。
そんな体験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これは、子供の頃にダイレクトに感じることが多いものの、大人になってもこの心理は働きます。

クリスマス・誕生日などイベントがあると人の心は高揚します。
そのタイミングをはかってホテルに誘うというのも良いでしょう。
特に、クリスマスなどは町中が盛り上がるものですので、気分の高揚もなお一層というわけです。
そのためにも、ムードのあるイベントが開催されているスポットに一緒に足を運んでみたり、デートプランの1つにしてみるのもよいでしょう。

現代女性の心理を掴む

また、今ではさまざまな情報が手軽に得られる時代となりました。
だからこそ、最新スポットやイベント・フェスなど「新しいもの」「流行っているもの」に自分も飛び込みたいという心理が現代女性は強くなっているともされているのです。
この心理を上手に活用して、ホテルまでの流れを作っていただくのも良いでしょう。

相手との他愛ない会話の中から、どのようなものに興味を持っているのか・すきなのかなどをチェックしてみてください。
そのうえで、最新スポットやニューオープンや限定イベントなどをリサーチして誘ってみましょう。
あまり脈がないかな?と思うような相手であっても乗ってくれるという事もあるのです。

向かい合わせよりも並んで話そう

レストランなどよりもバーをおすすめできる。
それは雰囲気などもありますがそればかりではありません。
「並んで話しが出来る」という空間を自然と演出できるからなのです。

なぜ並んで話しが出来ることが良いのでしょうか。
これも心理的な要素になるのですが、「フォールラブシッティング」といって、親近感を抱きやすいとされているのです。
対ですと、距離感が生まれてしまったりやもすると対立関係になりやすいともされているのです。
もし、どうしても横並びに座ることが出来ない。
そのような場合には、少し斜めに座っていただくのが良いでしょう。
その際「利き手の反対側」に座るようにしていただくのがより効果的です。
そして、やり取りの中で共感できる部分などかあれば少しで構いませんので、身を乗り出すようにやり取りをしていただくとよいでしょう。

女性のOKサインについて

色々と見ていきましたが、最終的に女性側のOKサインを見逃してしまったのでは結果につなげることが出来ません。
ですので、いくつか代表的なOKサインを抑えておきましょう。

まずは「ボディタッチ」です。
女性側からも積極的なボディタッチがあるという場合・そのしぐさに甘えるようなところがあると感じた場合にはOKサインといってもよいでしょう。

そして「時間」です。
例えば、門限があると言っていたのにまだ大丈夫だという。朝まで付き合っても良いなどという雰囲気で話をしてきた際にもOKと思って良いでしょう。

さらには、恋愛の話や少しエッチな話が増えてきてもまた同様となりますので、会話の内容にもしっかりと耳を傾けておきたいところです。
ここまで来たらある程度ストレートに誘っていただいても、成功することが大半といっても過言ではないでしょう。

サインをしっかり押さえて、そのチャンスを逃さないようにしましょう。

取りこぼしたくない!!