【激アツ】今一番出会えるサイト
出会い系サイト

華の会メールは会える|中高年向け出会いサイトの流れや料金を徹底解説

華の会メール

最近では、健全な出会い系サイトも増えたり、コミュニティサイトが増えました。出会いを探す方法として、出会い系サイトやインターネット利用は確立されました。
でも、中高年になってから出会いを探すのはと恥ずかしいと躊躇する人が大勢います。
恥ずかしく思う必要はありません。中高年で真面目な出会いを探せるところを使えばいいだけです。中高年のためのサイトといえば、華の会メールが挙げられます。

華の会メールはどんなコミュニティなのか?

出会い系サイトといっても、いろいろな種類があります。友達探しや趣味友達探し、彼女や彼氏といった真面目な出会いが探せるようになりました。そして結婚相手を探すときはこれまでは、自分や友達の紹介か結婚紹介所でした。
しかし、結婚相手を探すのも、出会い系サイトを使えるようになりました。総合的な出会い系サイトから、専門のサイトが増えてきています。

そんな中、中高年のための恋愛のサイトが出てきました。それが華の会メールです。普通のサイトならば若い世代の人向けに出会いをサポートしますが、さらに上の世代に絞ったところが大きな特徴です。
上の世代にも使えるようにと、インターネットサイトだけとなっています。今よく見られるAndroidやiPhoneのアプリは出ていません。

実際に使っている人は、30代はもちろん40代、さらに50代や60代もいます。40代以降だとなかなか他社の出会い系サイトでは登録しにくいですし、また若い人との援交目的とか体目的と思われてしまい、なかなか真面目な出会いに発展しません。ここでは、こうした世代の人が多く、みなさん真面目な出会いを求めていますから、真面目なアプローチをしてもスムーズに進めやすいです。

華の会の年齢層や男女の割合を知りたい

中高年が多いとはいえ、もっと具体的に知りたいでしょう。その割合は次のようになっています。

年齢層 割合
30歳未満 7%
30歳から39歳 18%
40歳から49歳 22%
50歳から59歳 30%
60歳から69歳 13%
70歳以上 10%

これをみると、60代、70代がいるのがかなり驚きです。他ではいないか、いたとしても数パーセントにも満たないでしょう。
この世代は男性だけがいるのではなく、女性でもいます。昔は老後は一人でも当たり前みたいでしたが、今は老後の出会いにも少しずつ積極的になってきました。それは反映していると言えるでしょう。高齢者の離婚が話題になっていますが、高齢者になってからの出会いも盛んになってきそうです。
そして、男性と女性の比率が気になりますが、6対4ほどとなっています。アクティブユーザーとそれほどか、もしくは女性が少なかったりします。
どうしても男性が多くなりやすいので、他の男性との競争は避けられません。ここでは、アプローチも積極的に数打ちゃ当たるくらいの気持ちが必要でしょう。
また、特定の女性へアプローチをしていても、他の女性にもアプローチするなど、同時進行するのも必要でしょう。

お金はどうなっているの?華の会の料金システムを教えて

華の会メールの料金
大手の出会い系サイトや優良なところは、ほとんど有料となっています。お金がかかるのかと思うかもしれませんが、有料なぶんだけ安全でかつ出会いの確率が高くなると覚えてください。
そして華の会メールについても例外ではありません。会えると評判ですが、実際には有料となっています。

その料金システムとしては、先払いのポイント制を利用しています。後払いだとついつい使いすぎてしまい、高額請求になるリスクがあります。しかし、先払いならば使った金額も管理しやすいです。高齢者にも安心できる料金システムです。
このポイントはまずは、登録で150ポイントつきます。1ポイントは10円です。
そして、次のさまざまなアクションをとると、ポイントが消費されていきます。
女性のプロフィールを見ると、2ポイントです。
女性の掲示板やメールを見ると、2ポイントです。
女性の画像を見ると、6ポイントです。
女性からのメールを見ると、2ポイントです。
女性へメールを送ると、10ポイントです。
掲示板への書き込みは、1日に1回までは無料でその日の2回目以降は10ポイントです。

基本的な操作はこれらです。頭にいれて計画的にアクションを取りましょう。
華の会メールは女性無料
なお、これらの料金は男性のみにかかります。女性はすべて無料です。

あと、メールを送ると10ポイントですが、他の一般的な出会い系サイトでは、5ポイントが多いです。一般的なものよりは高めの設定です。メールを送る時には、慎重に相手を見極めてから送ってください。
とはいえ、悪質な料金システムではありませんから、安心して使ってみてください。相場範囲として収まっている方です。

なお、初回登録時にはポイントサービスとして、150ポイントが加算されます。登録直後はポイント購入は不要です。中にはこの無料ポイントが無くなる前に、相手を見つけた話もあります。

華の会の登録から使い方についてみていこう

いざ利用したい場合には、登録から始めます。トップページから男性の登録ボタンをクリックすると、登録フォームが起動します。そこでニックネームから、携帯番号、パスワード、生年月日、地域、スタイル、血液型、掲示板タイトルなどを入力します。そして、登録ボタンを押すと次の画面へ移ります。その画面で電話番号に入力した番号からかけると、電話番号認証を行います。
これがすめば、メールアドレスにメールが届きます。そこにあるURLをクリックすれば登録は完了です。
その後、年齢認証です。やり方はまずはクレジットカード情報を登録する方法があります。クレジットカードでポイントを購入し、クレジットカード決済でクレジットカード番号などをいれればポイントも購入できて、年齢認証も同時にすみます。
もうひとつは、身分証明書の写真をサイト内の機能で送信するか、ファックスで送信します。これがすめば、運営会社が確認して年齢認証が終わります。
身分証明書は運転免許証、健康保険証、パスポート、年金手帳、住民基本台帳カードが使えます。

使い方としては、掲示板を見るか投稿することです。掲示板はピュアか大人かに分かれます。ピュアは真面目な出会いや婚活用です。大人は不倫やセフレなどのアダルトな出会い用です。
また、検索で相手を探すことも可能です。プロフィールでの検索と日記による検索が可能です。女性は日記を書くことも多いので、日記検索も人となりを知るきっかけにもなり、便利です。
プロフィール検索では、年齢、スタイル、職業、結婚歴、身長、血液型、画像などで探せます。日記は地域や単語、名前、性別で探せます。
あとはメッセージでやり取りをしたり、電話を掛ける機能もあります。これらを使って、やりとりをして出会う約束をとりつけましょう。

華の会ブライダルの特徴とは?

華の会ブライダル
華の会ブライダルは、華の会メールが中高年のための恋愛をサポートしていますが、ブライダルとなると婚活をメインとしてサポートします。
こちらに集まる男性、女性は30歳を越えていますから、より結婚にも真剣な人が集まりやすい特徴があります。
独身証明はないため、すでに結婚している人が不倫目的で入会することもあるようです。
しかし、メインは婚活ですので、安心して使ってください。さらに中高年が多いのもあって、再婚やバツイチといったことへの理解がある人もたくさん入会しています。検索などでも結婚歴でも探せるので、素直にプロフィールは書いて損はありません。
また、SNSによるログインもできるので、利用しやすくなっています。TwitterやFacebookでのSNSアカウントでログインをしてもいいでしょう。
華の会メールと似た機能なので、華の会メールからブライダルへ移っても、スムーズに使いこなせるでしょう。

持っている機能をうまく使おう!

機能もこれまでの説明でも、いろいろ持っていることもわかるでしょう。
まずはトップページには、SNSでのログインボタンがすぐに見つかります。TwitterやFacebook、Yahoo、Google+でログインができます。ボタンクリックで、そのSNSのログイン画面が出ます。これを使えばすぐに始められます。
あと無料のお試し掲示板があります。名前、性別、地域、使っている端末の種類、メッセージの項目があります。あと写真もあります。これなら登録するか悩むひとでも、検索をしてみて決められるきっかけになりそうです。
トップページには、現在ログインしている女性や男性の人数が分かります。また、足跡機能がついていますから、自分のプロフィールや掲示板を見た人が分かります。それをきっかけにメッセージのやり取りを始めることも多いです。足跡を逆に残しておくと、相手からメッセージが来ることもあります。足跡を残すことを意識しましょう。
そして、使うときにはスマホでもパソコンでも使えるようになっています。自宅はパソコンから、外出したらスマホでと使い分けられるのも便利です。
また、自分らしさをアピールするためには日記機能も便利です。さらに日記を面白くするためにも、写真もつけられます。写真や日記を多くすれば、他の人の目に止まりやすくなります。

そして、既読チェック機能があります。これはメッセージを送ったら相手がそれを見たかをチェックできます。これを使えばメッセージを送ってみて、読んでいなければ脈なしとか判断に使えます。読まない相手に何回もメールを送らなくても、済むようになるかもしれません。
これはかなりアプローチに役立ちますが、消費ポイントが高いので使うタイミングはよく考えましょう。
ここに挙げたように得する機能も多いので、ぜひ使ってみてください。

登録したけど合わないときには退会しよう

登録してみたけど、なんか合わない、使いこなせない、もしくは相手ができたなどの場合にはわざわざ登録を残さずに退会した方がスッキリするでしょう。もちろん会員のままでいても、お金を請求されることはありません。
何らかの理由で退会したくなったときには、退会ページから手続きをしましょう。
退会については、ログイン後の登録解除ボタンから行います。
退会した場合、ポイントはすべて消失となります。せっかく買ったポイントもなくなるのは残念です。ところが、半年以内に再度登録をすればポイントが使えるようにもなります。
退会しても画面右上の再登録から手続きすればいいのです。

退会については、利用規約にもかかれています。そこを見ると自分の手続きですると、明記されています。その結果、悪質な出会い系サイトのように退会まで時間もかかることもありません。
退会にかかる手数料はかかりません。数分程度で済むので、もしも利用しないときには、積極的に退会を選んでください。
なお退会するからといって、ポイント購入で使ったお金の返済はありません。

また、退会は自分からする場合と強制退会もあります。次のようなときに強制退会となります。
会員の所在が不明な場合
入会時の内容で虚偽がある場合
会員どおしのトラブルが起きて調査するときに協力しない場合
強制退会したものが再び登録してきた場合

退会といっても自分の意思での退会か、また管理会社からの退会指示がある場合と分かれてきます。
自分でする場合には、前もってよく考えてから手続きしましょう。

運営会社は安心できるところなのか

華の会メールから華の会メールブライダルとなっています。
これらの運営については、運営会社や管理会社が存在します。
トップページの下の部分にコンテンツがあります。その中に会社概要が見つかります。

出会い系サイトにおいては、その規模に関わらずに会社情報はあるべきです。ところが悪質なサイトになると会社概要がないことが多いです。ところが華の会メールや華の会メールブライダルとなると、その規模の大きさからしっかりとサポートしてくれるでしょう。
ここは、インターワークス株式会社です。この会社は福岡の会社です。きちんと住所もあるのもいいポイントです。すでに20年は経営していますから、実績もあるわけです。

すぐに問い合わせの対応もしてくれます。その問い合わせは電話によるものか、質問フォーム画面から質問を入力するものかです。
支払いについては、銀行振込、クレジットカード、Yahooフォレット、華の会メールプリペイドカードが使えます。支払いも複数用意するところが、他とは違うポイントとなります。
あと、資格も所有しています。第二種電気通信事業やインターネット異性紹介事業届出や商標登録があります。
これらの資格は利用規約内で確認可能です。

利用規約があるのも信頼できる証です。こちらも悪質サイトだと書かれていない、また内容も薄いということがあります。華の会メールやブライダルとなると、きちんと利用規約もあって、内容もしっかりしていますから安心です。
そして、安心できる理由には口コミもあります。口コミもあちこちのネット情報や記事で見つけることができます。それを見ると出会えた、使いやすかったというものが結構あります。口コミもあればあるほど、そのサイトの利用者の多さや安心さのバロメーターとなります。華の会メールでも、口コミは多いので安心して良さそうです。

華の会メール以外でも出会えるサイトはあるのか?

華の会メール以外にも、大手の出会い系サイトはたくさんあります。PCMAX、ワクワクメール、ハッピーメールなどもあります。すでに10年以上の経営をしていて、登録者が何百万人と言うような規模となっています。地方と比べると、あまりにもすごすぎることになります。
また、ID交換サイトのカカオトークなどがあります。こちらもサイトに登録するのが面倒なときなどに使えます。
ここにあげたものも、アダルトな出会いから真面目な出会いにまで使えます。
しかし、中高年のためのものかというと、そうではありません。
というのも、年齢層が20代から30代と言うのがほとんどです。掲示板となると、登録がなければ10代が使うようになり、さらに年齢層は下がりそうです。
なので、50代~70代となると少し浮いたり、相手が探しにくいと思われます。

なかなか中高年のための出会いのサイトがないようです。ですので、中高年に的を絞ったところはなかなか良い着眼点です。ぜひ、中高年も出会いを楽しむために、華の会メールをどんどんと使ってみてはどうでしょうか。

取りこぼしたくない!!