出会い系サイト

華の会メールのLINE誘導について!メリットとデメリットや誘導のコツ・注意すべき誘導業者も解説します!

華の会メール誘導

「LINEに誘導したいけど断られそうで不安」
「女性からLINE誘導されたんだけど急すぎて不安」

華の会メールはポイント課金制なので、LINEに誘導して節約して出会いたいという方も多いですよね。
しかし、会った事のない相手とのLINE交換は上記のような不安も付き物だったりします。

そこで今回は、華の会メールからLINEに誘導するメリットとデメリットを解説しながら、誘導のポイントや注意すべき誘導業者などをご紹介します。

華の会メールでLINEに誘導するメリットとデメリット

まずは華の会メールからLINEに誘導するメリットとデメリットを解説していきます。
上手なLINE誘導のヒントにもなるので、良い面と悪い面の両方をしっかりチェックしておきましょう。

LINEに誘導するメリット

それでは華の会メールからLINEに誘導するメリットについて見ていきましょう。

ポイントを気にせずやり取りできる

華の会メールは女性にメッセージを送るのに、1通10ポイント(100円)かかります。
LINEに誘導すればポイントを気にする必要がなくなるので、好きなだけメッセージができるようになります。

キャッシュバッカー対策になる

華の会メールの女性ユーザーにはキャッシュバック機能があり、男性とやり取りするとポイントが貯まるようになっています。
それを悪用して、出会いよりもお金儲けをメインに利用しているキャッシュバッカーもいます。
キャッシュバッカーはサイト内でやり取りしないと稼げないので、LINE誘導する事でキャッシュバッカー対策ができます。

親密な関係になりやすい

華の会メールの中でのやり取りから外部へ移る事で、お互いに特別感を感じやすいです。
また、LINEなら華の会メールではしないような普段の会話もしやすいので、親密な関係に進展しやすくなります。

LINEに誘導するデメリット

続いて、華の会メールでLINEに誘導するデメリットについてです。

長文を送りにくくなる

LINEは普段からコミュニケーションツールとして利用している人も多く、短文でのやり取りが多かったりします。
そのため、あまりに長い文を送ってしまうと「重さ」を感じて引かれてしまう可能性があります。
文章の量は相手に合わせて、たくさん書きすぎないように注意しましょう。

断られる可能性がある

誘導のタイミングが早すぎたりメッセージのやり取りが不十分で不信感があると、誘導を断られる場合もあります。
一度断られてしまうとその後アプローチしづらくなってしまうので、しっかりメッセージで関係を築いてから誘導するようにしましょう。

華の会メールでLINEに誘導するポイント

次に、華の会メールで知り合った相手をLINEに誘導するポイントをご紹介します。
なかなか誘導できないという方は、以下のポイントを押さえてチャレンジしてみて下さい。

適切なタイミングで誘導する

まずはLINEに誘導するタイミングに関してです。
最初のメッセージでいきなり「LINE交換しよう」などと言っても軽すぎるので、まず間違いなく断られてしまうでしょう。
反対にいつまで経っても関係が進まないと、「自分に興味がないのでは」と感じて関係が終わってしまう場合もあります。

やり取りの流れにもよりますが、だいたい5~10通程度で誘導すると自然な流れでLINE交換しやすいです。

安心感を与えておく

タイミングが良くても、不安を感じていたらLINE交換したいとは思ってもらえません。
ですので、交換するタイミングまでに相手に安心感を与える事も重要です。

そのためには、プロフィールを丁寧に細部まで書いておく事はもちろん、相手とのメッセージも軽すぎない丁寧な言葉で話す事が大切です。
また、相手に興味を持った理由や本気度を伝えておくと、「この人なら大丈夫そう」と安心感を持たれやすくなるのでおすすめです。

LINEに誘導する理由を付ける

3つ目のポイントは、相手にLINEに誘導される理由を与えてあげる事です。
「いつでも気軽に連絡取れるようにLINE交換してもいいですか?」などとお願いすれば、相手にも交換するメリットがあるのでOKしてもらいやすくなります。

また、「交換しましょう」とするよりも「交換してもいいですか?」と相手に聞くことで、自然に気遣いができて優しさをアピールできたりもします。

要注意!華の会メールに潜む誘導業者

最後に、華の会メールに潜む誘導業者について解説します。

華の会メールでは、自分からLINEに誘導するだけでなく女性からLINE交換をお願いされる場合もあります。
珍しい事ですぐに応じてしまいがちですが、実はこれは悪質な誘導業者の可能性があるので注意が必要です。

誘導業者は女性会員になりすまして積極的にアプローチしてきます。
そしてその後、何かしらの理由を付けて別のサイトに誘導して登録させようと促してきます。

「ここだと連絡取りづらいから、私の普段使っているサイトでやり取りしたい」
「私ここにも登録してて、すごくたくさん出会えるからおすすめだよ」

URL付きでこのようなメッセージが来たら要注意です。

誘導先のサイトは悪質な場合も多く、登録してしまうと高額な登録料や解約料がかかる場合もあり非常に危険です。
URL付きメッセージが来たら間違いなく業者なので、絶対に登録しないようにして、華の会メールに通報して対処してもらうようにしましょう。

もしURLがなくても、最初のメッセージで女性から急にLINE交換をお願いする場合は業者の可能性が高いです。
不特定多数と気軽に出会える場だからこそ女性は警戒心が高いので、軽すぎる積極的なアプローチには十分注意して素敵な出会いだけを引き寄せるようにしましょう。

取りこぼしたくない!!