【激アツ】今一番出会えるサイト
出会い

ぽっちゃりやデブ(ミケポ)の女性好き集合!デブ専が集まる出会い系サイト情報

デブ出会い

世の中には痩せ型の女性よりもデブ専(ミケポ)のほうが好みという男性が意外といます。フェチにも脚フェチや胸フェチなどいろいろな嗜好がある中で、ぽっちゃりやデブの女性が好きという嗜好もある意味ではフェチに該当するのではないでしょうか。
男性にもいろいろと好みがある中で、どうして太った女性が好きなのでしょうか。

今回はそういうデブ専(ミケポ)の魅力やどのように出会いを果たしていけばいいのかなどについて解説いたします。

意外とデブ専やミケポ好きの男性は多い

女性として何よりもスレンダーになりたいという風に思っている人が多く、太っているとダイエットをしないといけないという風に思いがちですが、男性としては太っている姿そのものが好きだったりします。男性はスレンダーな女性が好きだという風に思いがちですが、意外とデブ専と言って太っている人が好きだったりします。

デブ専とはぽっちゃりしている人が好きな人の総称で、特にミケポとは3ケタ体重の太った女性のことを言います。普通の男性であれば際立って太っている女性を好きになることはありませんが、太った女性だけを愛することができるという意味でフェチに該当します。

ちょっとぐらい太っているくらいであれば、普通の人であれば恋愛対象になるかもしれませんが、デブ専と呼ばれる人たちはそもそも太っている人しか興味がなく、恋愛対象にならないということです。最近ではデブ専の人を対象にした風俗などもあるくらいですので、そういうジャンルとして存在しているということでしょう。

デブ線になったきっかけとしてあり得るのが、もともと痩せた人が嫌いだという消極的ケースと柔らかそうとか母性を感じるなど積極的に太った人が好きだという積極的ケースがあります。どちらのケースであっても最終的に太った人に対する魅力を感じているということです。

デブ専やミケポ好きはマイナーなのか?

肥満体型の人にしか性的興奮を感じないとか、そもそも恋愛対象にならないなどというのは果たしてマイナーなのかというと、正直言えばマイナーではあります。なかなかそういう性癖を公言するというケースは少ないかもしれません。お酒の席ではこういう性癖があるということについてからかわれることもあるみたいです。

一般的にはマイナーに感じるかもしれませんが、公言していないだけで意外とそういう性癖を持っている人がいるのは確かなのです。公言したら恥ずかしいなあなどの理由によって、なかなか公言することをしないケースがあり得ます。公言しないだけでそういう好みを持っているわけです。

マイナーな好みだからこそ、そういう好みが合致した人がいるのであれば、相当仲良くなることは間違いないです。好みを分かち合う人がなかなかいないですので、そういう好みを分かってくれる人がいるだけでもほっとするでしょう。変わった人だと思われがちですが、自分としては変わっているという自覚は無いものです。

太った女性が好きな男性が集まるSNSが存在する

最近では無料でコミュニティが作ることができるSNSがもてはやされていたりしますが、太った女性が好きな男性が集まるSNSも同様に誕生しています。デブ線ということは公になかなか公言することが無かったですが、ぽっちゃりブームが来たおかげで公言することに対して抵抗を感じにくくなりました。

太った女性が好きな男性が集まるSNSについてもどんどん登録者数が増えてきているみたいですので、意外とそういう女性が好きな男性は多いんだなと感心したりもすることでしょう。どんどんこういうSNSがあるということを広めていけばさらに登録者数が増えてくるのではないでしょうか。女性についても太っている人しか登録していないのがまたいいところです。

今までであればデブ専である男性とぽっちゃりした女性との出会いを果たすことが難しかったわけです。しかし、こういう目的特化したSNSが誕生したおかげで好み同士の男女の出会いを促進することができるというのは何よりもいいことです。

ぽっちゃり女性にはとても魅力がある

デブ専と呼ばれる人には太った女性が何よりも好きな人が多いわけです。好きな理由は人それぞれあるわけですが、それでも多くの人に共通したものがあります。今回は共通した魅力と言ったものについて解説していきます。

隣にいるだけで安心できる

女性は男性に比べると細いというイメージが強いかもしれません。しかし、デブ専と呼ばれる男性はそういう女性のことが好きではありません。やはりどっしりしているちょっとやそっとではビクともしないという安心感を与える女性が好きなのでしょう。隣にいるだけで安心できるというのが好きなシチュエーションなのです。

太っている女性の場合はあまり病弱という感じではなく、いつでもあなたの隣にいるということが何よりも魅力だったりします。いつも笑ってあなたのそばにいてくれるというのは何よりもうれしいことですし、何事にも頑張れると言えるでしょう。

男性の場合はマザコンが多いということが言われていますので、太っている女性に対して母性を感じています。少なくても母性に対するあこがれがありますので、自分の全てを受け入れてくれそうな女性に対しては好きになりやすいです。

一緒に居て自分が優位にいたい

太っている女性は何よりも自分のボディについては多少なりとも劣等感があります。仲間の中でも劣等感を感じることが多かったりします。通常の男性からデートの誘いなどというのはなかなかなかったりするものです。

女性側が劣等感があるのと同様に、男性側に関しても何らかの劣等感を感じます。それはデブ線というフェチをなかなか周りの友人に分かってもらえないということです。劣等感を感じたもの同士でシンパシーを感じることがあるということです。

一般的には女性優位のところがある恋愛事情ですが、人気がある女性のところに行ってもフラれてしまうわけで、そういうところに行かずに太っている女性のところに行けば付き合ってもらえるのではないかという皮算用が見えたりします。
ただ、女性もなかなか男性に言い寄ってこないわけですので、喜んで付き合うということもあるでしょう。

お互いに劣等感を感じているわけですが、こいつを自分が支えなければいけないんだという意識が働きます。デブ専の人というのは相手に対する優位さを持ちたいということで、こういう女性と付き合うということが見られます。

食べている姿がいい

食事が好きだというのは男女ともに持っていることですが、ダイエットをしている女性にとってはそういうわけにはいきません。一般的に女性のほうが偏食気味ですので、好き嫌いが意外と激しかったりします。

ただ、太っている女性の場合はとても食べっぷりがよく、好き嫌いをしないで食べるのでそういう姿が魅力的です。例えば、自分が作った料理を残さずに食べてくれるというのは作り甲斐がありますが、そういう女性の姿を見るととても幸せそうに見えます。一緒に食べているのを見るだけで自分も幸せだなと感じるものです。

食べることが好きだということは美味しいところを知っているという可能性もあります。太っている女性に美味しいところを教えてもらい、そこで一緒に食べることによって、二人の仲がさらに深まっていくこと間違いないです。

食べることが好きな女性の中には、自分で作ることも好きな人がいます。料理をして食べるということそれ自体が好きな人がいますので、材料を購入するところから始めて、お互いに料理をしながら仲を深めるということもできるでしょう。

姿かたちのフォルムが好きだ

デブ専の中には太っている姿そのもののフォルムが好きだということも多いでしょう。つまり、ゆるキャラとして好きだということです。何といってもかわいい姿かたちをしていますので、それに対して愛玩するわけです。もしかすると、自分の母親のように感じるということもあるかもしれません。

太っている女性は大抵の場合胸が大きい人が多いです。胸フェチと呼ばれる人がおり、胸が好きだからこそデブ専になったという人がいるくらいです。胸フェチから移行してデブ専になったというのはごもっともな理由です。女性の胸が好きな人はとてもいますので、そういう姿かたちを含めて太っている人が好きな人は多いです。

そういうフォルムの女性が好きだということは、男性の中にとても癒されたいという風に思っています。癒しというのは現代社会のテーマになっていて、社会に生きていくに当たるストレスにさらされることが多いです。そういう中で癒されるというのは何よりも大事で、姿かたちのフォルムからしてとても一緒に居て癒されるというのは幸せなことです。

色白で肌がきれいだ

太っている女性の肌を見てみると肌荒れをしているという人は稀で、大抵の場合肌がきれいな人が多いことに気づきます。
なぜ肌がきれいなのかというと、よく汗をかき新陳代謝がいいので、老廃物がうまく排出されるのではないでしょうか。デトックス効果が高いから却って肌がきれいだったりするのでしょう。

食べることによってストレス解消をしていたりもしますので、肌にとってもそれほど悪いものではありません。
太っている女性にとってダイエットをすることはストレスが多大にかかってしまうものですが、ストレスなく食べることによって満たされます。ストレスがかからないということこそ、肌にとっていいということです。

ぽっちゃりしている女性は一般的にスポーツが得意でなかったりしますので、室内にじっといるのが好きなケースが多いです。そのため、外に出る時には紫外線対策をしっかりとしますので、色白であることが多いのかもしれません。

日常ではなかなか太った女性とは出会えない

日常に住んでいても太っている女性自体は存在しているのではないでしょうか。それなのになかなか出会えないと言っているのは、周りの目を気にして告白することができないからです。太った女性と仮に付き合うとなると、周りの人たちはびっくりするだろうし、こんなデブと付き合っているのかと茶化されます。

太っている女性というのはスクールや職場におけるカーストは下位のほうに位置していたりします。だからこそ、カースト上位にいる人たちからしたらびっくりしますし、おちょくったりする存在なのです。周りの目を気にしますので、リアルでの出会いは期待できないと言ってもいいでしょう。

出会い系やマッチングアプリで探すしかない

リアルな出会いは期待できないならば、自分で出会いを作らないといけません。そのために出会い系サイトや出会い系アプリ、マッチングアプリ、先ほど紹介したSNSなどを使って出会うしかないです。
こういう出会いを促進してくれる場であれば、リアルなカーストは全然関係しませんので、本当の好きな太っている女性とセブ専男性とが出会うことができるでしょう。

こういうところでも太っている女性は当然登録していますし、太っている女性が好きな男性も登録しています。ただ、その他の性癖を持つ男女も登録していますので、それをうまく取り除いたうえで自分たちの好みを捕まえてほしいところです。

ミケポとはどういう女性のことを言うのか?

ミケポもデブ専も似たようなものなのですが、ミケポは3ケタ体重の女性のことです。つまり、100キロ越えの女性のことを言うわけです。多少かわいく言うように演出することで抵抗感を失わせていると言えるでしょう。

ミケポともなるとデブ専の中でもかなりマニアックな部類になります。ぽっちゃりぐらいであればかわいらしいという印象を与えるものですが、ミケポともなると相当太っていると言えるでしょう。
100キロを超えるともなるとかわいらしいという言葉では済まない可能性があります。しかし、太っている女性の中でもミケポが好きな人もいるわけです。

ミケポクラスになるとダイエットをしたからと言って痩せるわけではないでしょうから、比較的自分の体に劣等感を感じたとしても仕方がないなという風に思っています。
だからこそ、自分の体について多少前向きにいようという気持ちがありますので、そういう人に憧れるデブ専男性がいるということです。

ミケポが好きだというのはデブ専の中でも相当変わっているという感じがしますが、上記で見てきた魅力ともきちんと合致します。100キロ以上もなるとたくましいというべき感じになりますので、本当に頼りたいなと思ってしまうほどです。

女性と男性のぽっちゃりの捉え方は若干違う

女性にとってはダイエットの対象になりますので、自分がぽっちゃりに該当するのかそうでないのか気になったりします。ぽっちゃりに見えるのであればダイエットをしないといけないと感じるみたいです。そのため、体重がどうなのかというのは興味があります。

男性にとってぽっちゃりと呼ばれるものはふくよかな体型で女性らしさがあるということです。例えとして柳原可奈子さんを出すことが多いです。男性としてはどちらかというといいイメージで使っていたりするけれども、女性としてはデメリットに捉えることが多いです。そこが男性と女性とでぽっちゃりに対する考え方が違うところです。

何キロであればぽっちゃりなのかという客観的な数字はありません。50キロであっても背が低い女性からするとぽっちゃりに見えるかもしれませんが、背が高い女性からするとちょうどいいと言えるかもしれません。ぽっちゃりに見えるかどうかというのは他人が見たときの主観的な印象に過ぎません。

ぽっちゃりについては男女で見方の差がありますが、デブということになると男女でそう違いがあるわけではないでしょう。肥満体型で二重あごで、ボディラインにメリハリがないなどであれば、男女ともデブとみなされるわけです。デブと言えば、一般的に男女ともいい印象を受けませんので、男性でそういう女性が好きならばマニア嗜好なんだなと言われるわけです。

いくらデブ専だからと言っても、すべてがマイナスに見えてしまうような女性であればモテるということはありません。男性も太っていればそれでいいという人はいないわけですので、自分にとって好きな人であれば太った人であっても積極的に受け入れていきたいと思っています。男女とも両想いに近づくべく出会いをしっかり果たしていければいいのではないでしょうか。

取りこぼしたくない!!