援助・サポ・ウリ

援交相場を徹底解説!プレイ内容・年齢・地域毎の援助交際相場をご紹介(※援交は犯罪です)

援交相場

「援交っていくら必要なんだろう?」
「援交相場が高すぎて気軽に遊べない!」

編集部
編集部
援交には興味があっても、上記のような事から思うように楽しめずにいるという方もいますよね。
実は援交相場を踏まえて上手に交渉すれば、相場以下で楽しめる事も可能です!

援交相場は、「プレイの内容」「相手の年齢」「援交をする地域」など様々な条件で変わってきます。
そこで今回は、それらのカテゴリ別に援交相場を解説していきます。
安く楽しく理想の女性と楽しみたいという方は必見です!

※援助交際は犯罪です!絶対にしないようにしましょう!

プレイ内容別の援交相場

『援交』と一言で言っても内容は様々で、最近では『プチ援』という軽めの援交も登場しているのもあり、プレイの内容によって相場は大きく変わります
そこでまずは、プレイの内容別にそれぞれの援交相場について解説していきます。

Q.エッチなしの援交相場は?

A.5,000円ほどです!

援交でエッチは必須なイメージもありますが、実はエッチはせずに食事や買い物などのデートをするだけという援交もあります
出張先で一人でご飯を食べるのが寂しい時や、月極で関係を持つ時などの初回の顔合わせデートなどに少しの時間一緒に過ごすパターンです。

これらの援交相場は非常に安く、食事代を除いて大凡5,000円ほどが多いです。
食事代や帰りのタクシー代だけでOKな場合もあり、援交の費用がほとんど必要ない場合もあります。

また、このタイプの援交の場合、内容よりも一緒にいる時間で相場が変わる場合が多いです。

編集部
編集部
食事やお茶などの軽めのデートでは5,000円ほどでOKですが、1日一緒にいたり旅行などで遠出する場合は10,000円~20,000円ほど必要になる場合もあります。

Q.プチ援系の援交相場は?

A.5,000円~10,000円ほどです!

プチ援は、手コキやフェラなどの本番のない軽めな援助交際になります。
本番ありのものよりは相場も安く、空いた時間に気軽に女性と楽しむ事ができるので人気があります。

相場としては、大凡以下のようになっています。

  • お触り無しの手コキ:5,000円
  • お触り有りの手コキ:7,000円
  • お触り無しのフェラ:8,000円
  • お触り有りのフェラ:10,000円

手コキだけよりもフェラ有りの方が高く、女性の体を触っていいかどうかでも相場が変わってきます。
最も高いお触りありのフェラでも10,000円程度なので、デリヘルなどの風俗店よりは安い場合が多いです。

ただ、プチ援は時間は短めで、いずれも30分~1時間程度という事がほとんどです。
長く楽しみたい場合は、次で紹介する本番ありの相場を参考にするか、相手と上手に交渉して金額を決めてみて下さい。

Q.エッチありの援交相場は?

A.20,000円~30,000円ほどです!

援交の中で最も多いのが、エッチありの援交です。
男性の需要も女性の供給も一番多いので高額ですが、誰でも気軽に濃厚なエッチを楽しむ事ができます。

エッチありの援交を細かく分けると、以下のような援交相場になっています。

  • ゴム有りエッチ:20,000円
  • ゴム無しエッチ(外出し):30,000円
  • ゴム無しエッチ:(中出し):40,000円~
  • お泊りエッチ:上記金額の2倍程度

コンドームをするかどうかで相場は大きく変わり、ゴム有りのエッチは20,000円ほどが相場になっています。

ゴム無しの外出しエッチは30,000円ほどですが、女性側のリスクが非常に高いので、人によって価格も変動しやすく、ゴム無しはNGという女性も少なくありません。

ゴム無しの中出しエッチは大凡40,000円以上必要な場合がほとんどです。
ゴム無しで中出しOKな女性は自分でピルを服用するなど避妊対策をしている場合も多く、援交でがっつり稼ぎたいと考えているセミプロのような女性が多かったりもします。

これらは基本的に1回抜いたら援交は終わりで、そのままお別れになります。

編集部
編集部
もし複数回したい場合や長時間楽しみたい時は、事前に泊まりはOKか確認して長時間で交渉するようにしましょう。

Q.その他の援交相場は?

A.3,000円~100,000円など様々です!

性癖は人によって大きく異なり、需要があれば供給も自然と生まれ、援交でも色々なプレイを楽しむ事ができます。
以下で代表的な特殊なプレイの援交相場を以下でご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

  • 下着生脱ぎ:3,000円~5,000円
  • オナニー鑑賞:3,000円
  • SMプレイ:20,000円~50,000円
  • 複数人プレイ:15,000円×人数

目の前で下着を脱いでもらってプレゼントしてもらう場合、だいたい3,000円~5,000円ほどが相場になっています。
ただし、下着が高級ランジェリーだったりすると倍以上かかる場合もあるので、事前に相手の女性にしっかり確認しておくようにしましょう。

オナニー鑑賞は、女性にオナニーをしてもらう場合も自分でオナニーをして見てもらう場合も、大凡3,000円が相場になっています。
お触りは禁止で、抜き有りの援交相場の中でもかなり安価で楽しむ事ができます。

SMプレイはプレイ内容の幅が非常に広いので、相場もかなり開きがあります。
目隠しや言葉責めなどのソフトSMであれば20,000円程度ですが、蝋燭や緊縛などの特殊なプレイだと相場も跳ね上がります。

複数人との援交では一人当たりの金額は若干安くなりますが、その金額が人数分必要になるので注意です。

編集部
編集部
食事代やタクシー代なども人数に応じて必要になってくるので、余裕を持って準備しておくようにしましょう。

年齢別の援交相場

援交相場は女性の年齢によっても変わってくるので、お財布と相談しながら相手の年齢を絞って探す事で安価で楽しむ事も可能です。
プレイ内容で相場は変わってきますが、例えばゴム有りのエッチの場合は以下のような援交相場になっています。

年齢別のゴム有りエッチの援交相場
  • 20代前半:20,000円
  • 20代後半:25,000円
  • 30代前半:23,000円
  • 30代後半~40代:15,000円
  • 50代以降:0円~10,000円

若ければ若いほど援交相場は高そうなイメージもありますが、実は20代前半の相場は意外と安かったりもします
これは、20代前半がまだ大学生だったり就職したばかりで手持ちのお金が限られている事が理由です。
安価でも十分に喜んでもらえたり、お金以外が目的で援交をする女性が多かったりもして意外と安く楽しめる場合も多いです。

20代後半になると、金銭的な余裕が出てきた上で援交で更に高額な収入を得ようと考えるため、需要の高さと相まって相場は最も高くなります。

そんな高くなった相場は30代に入ると再び落ち着いてきて、30代後半から40代では20代前半の頃よりも安い金額で楽しめたりもします。

50代では男性の需要が減る事もあって、ホテル代と食事代だけ出してくれれば交際費は必要ないという女性も多いですし、高くても10,000円ほどで遊ぶ事ができます。

地域別の援交相場

援交相場は地域によっても変わって、なんとなく都心部は高そうな印象がある方も多いと思います。
それは間違いではないのですが、正確には「都心部は相場が高騰しやすい」です。
例えば20代のゴム有りエッチの援交相場は、地域によって以下のように相場が変わってきます。

地域別の援交相場
  • 都心部:20,000円~30,000円
  • 都心近郊:20,000円~28,000円
  • 地方都市:18,000円~25,000円
  • 地方部:15,000円~20,000円

都心部は相場帯そのままで、上限金額も最も高いのが特徴です。
これは、都心部には男性と女性の両方の援交希望者が多くいるので、オークションのように相場が上がり自然と価格が高騰しやすいからです。

都心から少し離れた近郊の地域では、都心に近い事から下限金額はほぼ同じです。
しかし、男性の希望者が減るため上限価格は上がりにくく、都心部よりは若干安く楽しめる場合が多いです。

地方都市になると男性だけでなく女性の援交希望者も少なくなるので、上限下限とも金額は若干下がって安価で楽しみやすくなります。

そして地方部では相場は更に下がり、都心部の半額ほどで遊ぶ事ができたりもします。

援交相場に影響するその他の条件

「プレイ内容」「年齢」「地域」の大きく3つの項目で援交相場について解説してきましたが、他にも援交相場に影響する条件があるのでご紹介しておきます。
その他の条件は相場以下で楽しむためのヒントにもなるので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

日で変わる

女性が最も援交をしたくなるのはどんな時だと思いますか?
それはお金が必要な時です。

ですので、給料日前だったり家賃や携帯代金などの支払いがかさむ毎月15日前後は、援交をする女性の数も多くなりやすいです。
このタイミングというのは男性も同様にお金に余裕がない場合が多いので、自然と女性の供給量が需要を上回って相場が下がりやすいです。

編集部
編集部
反対に給料日を過ぎた月末頃は、お財布に余裕がある男性が増えるため需要が供給を上回り、相場が高騰しやすくなります。
曜日や時間で変わる

曜日や時間によっても援交相場は変わってきます。

週末などの自由な時間が多いタイミングでは、男女ともに援交希望者が増えるので相場も高騰しやすいです。
反対に平日の週の初めなどは、週末に遊んだ反動でお財布の紐が固くなっている人も多く、稼ぎづらい事から女性の希望者も少なくなりやすいです。

また、その日のうちに会う場合は、相手を探す時間によっても相場が変わります。
日中は主婦層が多いので比較的相場も安めですが、仕事が終わる5時~7時頃は美味しい食事を求めて援交を希望する女性も増えるため相場が上がりやすいです。

ただ、その波が去って夜の10時頃になると、今度は男性側の希望者が減る事から相場以下で楽しめる場合も多くなります。

条件で変わる

援交には一度だけ会ってエッチする単発のものと、月極の定期的なものの二種類があります。
定期的な関係の相場は人によってかなり大きな差がありますが、基本的には単発よりも月極で定期的に会う方が一回当たりの金額が安い場合が多いです。

また、単発の場合は、援交相場以外にホテル代や食事代、タクシー代なども必要になります
しかし定期的に会う親しい関係になれば、食事代が必要なかったり、場所も自宅を利用できてホテル代が必要なくなったりする場合もあります。

呼び名で変わる

援交をする際に意外と損をしがちなのが、援交と間違えてパパ活をしてしまう事です。
内容は似ていますが、パパ活の方が相場が高いので男性は間違えないように注意しなければいけません。

援助交際は、男女が対等でお互いにWIN-WINの関係で成り立っています。
しかしパパ活の場合は、その名前からも分かるように女性が主体となって、リッチなパパを探して活動をします。
そのため自然と相場も高くなっていて、条件もパパではなく女性が先に提案して決まる場合が多いです。

女性はなぜ援交するのか?

ここまでは援交相場を色々な角度から解説してきましたが、ここからは援交を相場以下で楽しむための方法について解説していきます。

援交相場以下で楽しむためには、相手の女性が援交に何を求めているのかを知る事が非常に重要です。
まずは女性が援交をする理由から見ていきましょう。

お金目的

女性が援交をする一番の理由は、やはりお金が目的です。
例えばアルバイトで一日頑張って働いても、一万円に届かない事も多いです。

しかし援交だと、アルバイトで稼ぐ数日分の金額を僅か数時間で稼げてしまいます。
そのため、自分の時間を有効活用したい人や夢や目標の達成に高額なお金が必要な場合などに、お金目的で援交をする女性は多いです。

ただ、一昔前と比べると、完全にお金目的の女性はパパ活に流れていった事もあって、「お金は欲しいけどエッチもしたい」など、別の目的もある場合が多かったりもします

経験目的

自分の知らない世界はとても魅力的に見えて、一度気にしだすと気にせずにはいられなくなってしまうものです。
特に若い年代は好奇心が旺盛なので、援交などのアングラな世界に惹かれる女性も少なくありません

また、特に単発の援交の場合は毎回異なる異性と知り合えるので、自分がまだ知らない世界を教えてくれたり新しい発見がある事も多かったりします。
そんな刺激的な経験を求めて援交する女性も多いです。

編集部
編集部
このタイプは若い女性に多く、お金は欲しいと思っていますが、それ以上に色々な経験をしてみたいと考えているので安価で援交できる可能性が高いです。
精神的な拠り所

上記二つはポジティブな理由でしたが、反対にネガティブな心理が原因で援交する女性もいます。

女性は寂しがりで常に誰かと一緒にいたいと思っていたり、自分に自信がなく誰かに求められていないと存在意義を感じられないという人もいます。
ただ、そのような心の弱さは私生活ではなかなか見せづらかったりもするので、自分と全く繋がりのない見ず知らずの異性に精神的な拠り所を求める場合も多いです。

このタイプの女性は、完全な援交というよりはセフレに近い感覚で援交をしているので、上記二つよりも更に安く体の関係になれる場合が多いです。

心理を踏まえた援交相場以下で楽しめる方法?

女性がなぜ援交するのかが分かったところで、次はそれぞれの目的に合わせて相場以下で楽しむためのアプローチの方法をご紹介していきます。
相手の目的に合わせてアプローチすれば、相場以下で援交を楽しむのも難しくはありません。

お金目的の女性へのアプローチ

お金が目的で援交をしている女性と相場以下で楽しむためには、相手の考えている金額の最低ラインを引き出す事が重要です。

女性が援交をする際は、ピンポイントで「2万円で援交をする!」などとは考えず、「2~3万円くらいでしたい」など意外と金額は曖昧な場合も多いです。
ですので、安価で楽しむためには『最高の3万円ではなく最低ラインである2万円でお願いする事』が大切になります。

では、どうすれば最低ラインを引き出せるかというと、値引きでよく使われるアンカリング効果を用いた交渉が有効です。

例えば、上記のように「2~3万円」と考えている女性に対して「1万円でお願いします!」と提案します。
この「1万円」という数字がアンカー(錨)となって、その後の判断基準を歪める事ができるのです。

編集部
編集部
1万円と言われた女性は、自分が考えていた最低ラインより大きく下回っているので当然断ります。
そこで、「ではいくらなら大丈夫ですか?」と聞くと、2万円という最低ラインを教えてくれる事が多いのです。
経験目的の女性へのアプローチ

経験目的で援交をしている女性へのアプローチでは、付加価値を与えてあげる事が重要です。
お金だけが目的ではないので、金額で交渉するよりも「自分と遊ぶ事でこんな素晴らしい経験ができる」とアピールする方が安価で楽しみやすくなります。

付加価値というと難しそうにも思えますが、実は意外と簡単で、デート内容を工夫するだけでOKです。

相手が今まで行った事のない場所に連れて行ってあげたり、食べたことがないものを食べさせてあげたりすると喜ばれる事間違いなしです。
他にもサプライズで花などのプレゼントをあげたり、デート中にたくさん笑わせてあげたりなど、普通の援交と違うという特別感を演出する事で、金額を値切りやすい状況を作る事ができます。

精神的な拠り所目的の女性へのアプローチ

精神的な拠り所が目的の女性に対しては、役割効果という心理作用を使うのが効果的です。

役割効果とは、役割を与えられると人はそれになりきろうとするという心理効果です。
これを使って、援交相手に「自分といる時は恋人でいてほしい」とお願いして、恋人という役割を与えてみて下さい

相手の女性は、演技だと分かっていても恋人のフリを続ける事で、あなたに対して恋心を抱きやすくなります
それを継続していく事で、相手にもあなたと会いたいと思ってもらう事ができ、援交相場以下で会う事ができたりセフレの関係になれたりもします。

援交相場以下を狙った出会い方がある?

もし援交で出会った相手が好みのタイプでお財布が厳しい時は、長く遊ぶためにも交渉は必須です。
しかし、最初から援交相場以下で出会っておけば、交渉を省いて安く楽しく遊ぶ事も可能になります。

そこで次は援交相場以下で出会うためのコツをご紹介します!

援交募集が多い出会い系サイトを使う

援交相場以下で出会うために最も重要なのが、援交の募集が盛んで活気がある出会い系サイトで探す事です。

援交相場は、援交希望の男女の比率によって変わってきます。
女性が少なく男性が多ければ自然と相場はつり上がっていきますし、反対に女性が多く男性が少なければ相場も低落して安価でも遊びやすくなります

つまり、男性の希望者が少なく女性がたくさん募集している出会い系サイトを使えば、援交相場以下で出会える可能性が高いという事です。
そのためにも「割り切り」や「ホ別」などの募集が多い活気のあるサイトを選んで、出会いを探す事が大切です。

援交慣れした女性を避ける

女性が援交する理由は色々ありましたが、お金だけが目的の女性を狙わないというのも援交相場以下で出会うコツです。
女性が援交をするのは大なり小なりお金が目的だったりもしますが、それだけが目的の場合は必要な金額が上がりやすいです。

また、援交に慣れている女性は値切り交渉を回避するのも上手だったりして、交渉が上手くいかない場合も多くなります。
特に援交だけで生活費を稼いでいる女性や副業として長期間やっているような場合は、目標金額が明確なので値切りに応じてもらえない場合が多いです。

編集部
編集部
出会い探しの段階で「この人は援交に慣れていそう」と感じたら、できるだけ避けて援交初心者の女性を狙うと安価で楽しみやすくなります。
自己PRが控えめな女性を狙う

当然ではありますが、援交では容姿が綺麗な女性に人気が集中しやすいです。
そのため、太っていたりルックスがいまいちだったりすると、強気な値切り交渉でも成功する可能性が高くなります。

ただ、最近は写真加工アプリなども豊富にあり、プロフィール写真だけでは判断できない場合もありますよね。
そこで重要になってくるのが、プロフィール内にある自己PRです。

容姿に自信がある女性の場合、自己PRの内容も明るく楽しそうなものが多いです。
反対にコンプレックスが強かったり自分に自信がない女性は、自己PRの内容がネガティブだったりPRの内容自体が少ない場合も多いです。

編集部
編集部
そのようなネガティブ系女子は、お金ではなく精神的な拠り所を求めて援交している場合も多く、値切り交渉にも応じてもらいやすいです。

安価で安全に援交するための注意点

援交相場以下で遊ぶ事を意識しすぎると、他が疎かになって思うように楽しめなかったりトラブルに発展してしまう可能性もあります。
そこで最後に、安価で安全に援交を楽しむために気をつけたい注意点をご紹介します。

未成年に注意!

援交する際は絶対に相手の年齢を確認してからするようにしましょう。
もし18歳未満の女性と援交をしてしまうと、児童買春罪として捕まってしまったり、写真や動画を撮っていれば児童ポルノ関係の罪で罰せられたりもします

19歳であれば児童買春罪などの罪には問われなくなりますが、まだ未成年なので、もし何かあった時に問題が大事になりやすいです。

そういった事を避けるためにも、援交する際は必ず相手の年齢を確認してから行う事が大切です。

依存しすぎに注意!

援交は気軽に深い男女の関係を楽しめるので、時には本当の恋人のように相手に惹かれてしまう事もあります
しかし、女性にとっての援交の一番の目的はお金なので、相手を求めすぎると援交相場以上の金額をふっかけられてしまう事も珍しくありません

特に相手に依存しすぎると、関係を絶たれるのが怖くて何でも言うことを聞いてしまうなんて事もあります。

編集部
編集部
楽しかったはずの関係が気付けば辛いだけになっていたという事にならないためにも、適度な距離感を保って特別な関係を楽しむように心がけましょう。
恐喝や窃盗に注意!

援交でのトラブルで多いのが、恐喝や窃盗です。
たとえ安価な金額でOKしてもらえたからといって、相手をよく知らずにすぐ会うのは避けるべきです。
なぜなら、もしかしたら相手は「安い」という餌を使って、恐喝や窃盗を企んでいる可能性もあるからです。

トラブルに巻き込まれてしまうと、援交したという後ろめたさから相手に要求に応じてしまいやすくなったり、財布などを盗まれても見逃してしまいがちです。
そうならないためにも、まずは会う前にしっかり相手と話して、信用できそうだと感じた人とだけ会うようにしましょう。

編集部
編集部
また、もしトラブルに巻き込まれてしまった場合は、焦らず落ち着いて警察や身近な人に相談してみて下さい。
その際にやり取りしたメッセージなどは証拠として使えるので、消さずに残しておくようにしましょう。

援交相場以下で大人の関係を楽しもう!

以上、援交相場を「プレイ内容」「年齢」「地域」などのカテゴリ別に解説しながら、相場以下で楽しむコツなどをご紹介してきました。

エッチありの援交相場は大凡20,000円で、そこから相手の年齢や地域やプレイの内容など色々な条件によって金額が上下します
ただ、その際に相手の目的を汲んで上手にアプローチすれば、援交を相場以下で楽しむ事も十分に可能です。

援交相場以下で出会えれば、遊ぶ回数を増やせたり、浮いたお金でプレゼントを買ってあげたりすると女性に喜んでもらえて、更に深い関係になれたりもします。

これから援交しようと考えている方は、是非上記を参考にして安く賢く安全に援交を楽しんでみて下さい。

取りこぼしたくない!!