援助・サポ・ウリ

【援交アプリ】本当にに使われている?種類別のおすすめアプリや募集時の注意点や隠語などをご紹介

援交アプリ

「本当に出会える援交アプリってどれ?」
「援交アプリを選ぶ時は何に気をつければいい?」

編集部
編集部
援交相手を探そうと思ったら出会いのアプリは必須です。
編集部
編集部
しかし援交は一般的な出会いとは違うので、実際に探すとなるとどのアプリを使えばいいのか分からなかったりもしますよね。

この記事では、そのような時に使えるおすすめの援交アプリや、援交アプリで出会いを探す上での注意点などをご紹介します。
援交の種類別におすすめアプリを紹介していくので、援交に興味がある方は是非参考にしてみて下さい!

※援交は犯罪です。絶対にやめましょう!

使える援交アプリの必須ポイント

現在は出会いを探せるアプリが非常にたくさんあるので、優良アプリの基準を知らずに選んでしまうと、出会えなかったりトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
そこでまずは、安心して安全に出会える援交のアプリ選ぶのポイントを解説していきます。

年齢確認がある

援交のアプリ選びでは年齢確認の有無が非常に重要です。
なぜなら、18歳未満と援交してしまうと児童買春となり逮捕されてしまうからです。

年齢確認があるアプリならアプリ側で年齢確認をしてくれているので安心ですが、ない場合は自分で聞く必要があります。
また、「何歳?」と聞くだけでは相手が偽の年齢を言う可能性もあり、確認が難しかったりもします。

編集部
編集部
もし捕まってしまうと買春側の責任は大きく、「知らなかった」では済まされない場合も多いので注意しましょう。

会員数が多く活気がある

次に大切なのが、会員数と活気です。
会員数が少なかったり活気がないアプリでは、援交相手を探すのは難しくなります。

これは単純に、援交できる異性の候補が少なくなって出会いを見つけにくくなるという事だけではありません。
異性の数が少ないと援交相場が高騰しやすいですし、悪質な業者が活動しやすくなったりもします。

また、援交はその時限りの単発の出会いが多いので、アクティブユーザーが多いほど好条件ですぐに出会いやすかったりもします。

編集部
編集部
毎回効率良く好条件の相手を見つけるためにも、会員数が多く活気のあるアプリを選ぶようにしましょう。

ユーザーの質

会員数や活気と併せてチェックしたいのが、ユーザーの質です。
援交アプリの中には、気軽さが度を越えて頻繁にドタキャンされたり、条件が合わずトラブルに発展してしまいやすいものもあります。

特に運営の管理が行き届いていない無料アプリなどはこの傾向が強く、活気があっても実は中身は悪質なユーザーばかりだったりする事も多いです。
そういったアプリを避けるためにも、興味がある募集だけでなく色々な書き込みをチェックして、ユーザーの民度が良いアプリを選ぶ事も大切です。

【プチ援向き援交アプリ】無料掲示板&SNS

ここからは種類別に使える援交アプリをご紹介していきます。
まずはプチ援目的の出会いを探せる援交アプリです。

「プチ援」とは短時間で手や口だけで抜いてもらう、軽めの援交の事です。
プレイが軽めなのでホテルだけでなく車などでもOKで、サクッと気軽に抜ける事から人気があります

編集部
編集部
プチ援の出会い探しでは単発で抜く事だけが目的なので、登録が簡単ですぐに使える無料掲示板やSNSがおすすめです。

おすすめの無料掲示板&SNS

プチ援向き無料掲示板&SNSで特に使えるのが以下の二つです。
いずれもすぐに無料で使う事ができるので、援交初心者でも気軽に探しやすくなっています。

LINE掲示板

公式サイト:https://xn--line-jb1gh65fv8fqx3b2p7b.com/

LINE掲示板はLINEアプリ専用の掲示板で、無料で誰でも気軽に使う事ができ非常に活気があります
都道府県別の掲示板も用意されているので、身近な出会い探しも簡単に行えるのも嬉しいポイントです。

また、掲示板の中でLINEのIDを直接交換できるので、連絡先交換する手間が必要なく条件調整などもスムーズにできます。

編集部
編集部
使いやすい分ライバルは多いですが、すぐに募集できるのでサブとしても使いやすいですし、プチ援の王道サイトなので使って損はありません。
Twitter

公式サイト:https://twitter.com/

気軽に不特定多数と知り合えると言ったらTwitterも外せません。
無料で使う事ができるのでお財布を気にせず出会いを探せますし、会員数が膨大なのでお気に入りの一人と出会える可能性も高いです。

Twitterは出会い専用アプリではありませんが、ハッシュタグで「#プチ」「#サポ」などと探すと簡単に相手探しができます
また、ダイレクトメッセージでやり取りすればTwitterの中だけでやり取りを完結できるので、誰かにLINEを見られて援交がバレるなどの心配もありません

プチ援の相場は?

上記のアプリを使ってプチ援をする際の相場は以下です。
相場をしっかりチェックしてお得に楽しみましょう!

  • 手コキ:3,000円
  • フェラ(ゴム有):5,000円
  • フェラ(ゴム無):5,000~7,000円
  • フェラ+お触り:8,000~10,000円

プチ援では、お触りなしで女性にしてもらうだけという場合も多いです。
お触りありの場合は若干料金が高くなるので、条件交渉をする際にしっかり打ち合わせしておくようにしましょう。

【単発向き援交アプリ】出会い系アプリ

次は単発の援交相手を探せるアプリを紹介していきます。
単発の援交は本番をする事もできるので、プチ援や風俗では味わえない快楽を楽しむ事ができます

単発の援交では本番ありきの出会いになるので、すぐ会いやすいという事に加えて、しっかり相手を知る方法がある事も大切になってきます。
そのため、不特定多数と気軽に出会えて、アプリ内でメッセージのやり取りができる出会い系アプリが一押しです。

おすすめの出会い系アプリ

単発向きの援交相手を探すのに特に使えるのが、以下の二つの出会い系アプリです。
二つとも国内最大級の出会い系アプリで、活気があり使いやすさも抜群なので、援交初心者だけでなく熟練者も安心して出会い探しができます

ハッピーメール

公式サイト:https://happymail.co.jp/

ハッピーメールは、累計会員数2,500万人を突破している国内最大級の出会い系アプリです。
地方でもアクティブユーザーが多いので、場所を選ばず会いたいと思った時に身近な出会いを探しやすくなっています。

掲示板はピュア系とその他(アダルト)に分かれていて、すぐ会いたい人用の掲示板や長期の大人の恋人を探せる掲示板などもあり、目的に応じて使い分ける事ができます
また、掲示板のジャンルごとに一日一回無料で書き込みができるので、節約して出会いたい方にもおすすめです。

PCMAX

公式サイト:https://pcmax.jp/

PCMAXは、累計会員数1,500万人を突破しているハッピーメールに次ぐ国内トップクラスの出会い系アプリです。
アクティブユーザーが多く活気がある事に加えて、大人の出会いにも強いという事から、単発の援交に最適なアプリの一つです。

フリーワード検索ができるので、「円」「別」などの援交用のキーボードで探す事でピンポイントで相手探しができます
また、「エッチ写真掲示板」や「裏プロフィール」などアダルトコンテンツも充実しているので、見て回っているだけでも楽しい出会い系アプリです。

単発の援交の相場は?

出会い系アプリを使って単発の援交をする場合の相場は、以下のようになっています。

  • 本番(ゴム有):15,000~20,000円
  • 本番(ゴム無、外出し):20,000~30,000円
  • 本番(ゴム無、中出し):30,000~40,000円
  • 本番(複数回):1回あたりの金額×1.5

プチ援と比べて単発の援交は金額が大きい事もあって、相場も若干開きがあります。
また、相手の女性の容姿や年齢によって、相場から5,000円~10,000円ほど高くなったり安くなる場合もあります。

複数回したい場合は、一度エッチし終わってから「プラスで1万円払うからもう一回できませんか?」と交渉すると、安価で二回戦ができる場合が多いのでおすすめです。

【定期向き援交アプリ】パパ活専用アプリ

次は定期向きの援交相手を探せるアプリを紹介していきます。
定期の援交では、毎回相手を探す手間がかからず、継続する事で一回の金額が安く済んだり濃厚なエッチを楽しみやすいなどのメリットがあります。

ただ、現在は定期の援交という形ではなくパパ活として探している人が大半です。
そのため、一般的な出会い系アプリで探すのではなく、パパ活専用アプリを使った方が簡単に目的の出会いを見つける事ができます

おすすめのパパ活専用アプリ

定期向きの援交相手を探す場合は、以下の二つのパパ活専用アプリがおすすめです。
いずれも老舗のアプリなので安全に安心して使えて、パパ活ならではの特別な女性との出会いを楽しむ事ができます

SugarDaddy

公式サイト:https://sugardaddy.jp/

SugarDaddyは、成功した男性と魅力的な女性をマッチングしてくれる国内初のパパ活専用アプリです。
カレンダーで相手の予定を確認してからアプローチができたり、登録している地域以外でも相手を探せる出張機能があったりと、検索機能が充実しています。

相手もパパ活目的で利用しているので条件の調整もしやすく、予定と条件が合えばすぐに会う事もできます。
月額料金は5,980円で、パパ活専用アプリの中では比較的安価なのも嬉しいポイントです。

paters

公式サイト:https://paters.jp/

patersは、累計マッチング数1,200万人超えの非常に人気の高いパパ活アプリです。
利用者が多いので都心部だけでなく地方でも簡単に相手を探せますし、自分の希望する条件に当てはまる異性が見つかる可能性も高いです。

また、今日会える時間帯を指定して検索ができたり、お酒やタバコの有無を指定して相手を探せるなど検索機能も非常に充実しています。
月額料金は10,000円とパパ活専用アプリの中では高めですが、その分利用している女性のランクも高いので、長く関係を持てる特別な一人を探すのに最適です。

定期の援交の相場は?

パパ活専用アプリを使って定期の援交をする場合の相場は、以下のようになっています。

  • 月2回(エッチ無):20,000~40,000円
  • 月2回(エッチ有):40,000~80,000円
  • 月4回(エッチ無):40,000~80,000円
  • 月4回(エッチ有):80,000~200,000円

定期の場合は、一ヶ月に会う回数の他、女性の容姿や年齢で大きく相場が変わってきます
20代前半などでモデル級の美女などでは相場の倍以上という事もありますし、反対に熟女や一般的な容姿の場合は相場以下で関係が持てたりもします。

また、定期のパパ活の特徴として、エッチのないデートだけでも楽しめるというところもポイントです。

編集部
編集部
今月は余裕がないという時はデートだけにしたり、余裕がある時はたくさんエッチして楽しむなどその時々の経済状況に併せて楽しむ事ができます。

援交アプリで使われている隠語

先にご紹介したように援交におすすめのアプリには色々なものがありますが、援交自体はグレーゾーンの行為なので直接的な募集や表現を禁止しているアプリも多いです。
そういった中でスムーズにやり取りするためには、援交アプリでよく使われる隠語を知っておく事がとても大切です。

以下で特に援交アプリで頻繁に使われる隠語をご紹介しますので、チェックしてみて下さい。

援交の募集を表す隠語

まずは援交の募集をしているという事を表す隠語をご紹介します。
アプリによっては「援交」という単語が禁止ワードになっているものもあり、そういった場合は以下のような隠語で募集をしている事が多いです。

サポ、佐保

「サポ」はサポートの略で、援助交際の事です。
「佐保」など、漢字で書かれている場合もあります。

割り切り

これも援助交際を表す隠語で、体だけの割り切った関係の事です。
ただ、稀にセフレ募集でもこの表現が使われる事もあるので間違えないようにしましょう。

意味分かる人

「(この募集が援交だという)意味が分かる人」という事で、これも援交の募集文でよく見られる隠語です。
「サポ」や「割り切り」などのワードが禁止されているアプリで多く使われます。

困ってます

「お金に困っているんで助けて下さい」という援交の募集です。
「助ける」などのワードが禁止されている場合もあり、困っているとだけ書かれている事も多いです。

援交の金額を表す隠語

次に援交の金額を表す隠語をご紹介します。
援交では金銭のやり取りが必須なので、金額を表す隠語が必ず登場します。

別○

これは「ホテル代とは別にいくらで援交します」という意味です。
例えば「別2」と書かれていたら、ホテル代とは別に2万円が必要になるという事です。

○K

Kは単位のキロを表しています。
10Kと書かれていたら1万円、25Kと書かれていたら2万5千円という意味になります。

諭吉

諭吉は1万円の事です。
2諭吉や3諭吉など、高額の援交の場合は諭吉の前に数字が入ります。

苺は「いちご=1.5」という事で、1万5千円を表す隠語です。

プレイの内容を表す隠語

プレイ内容についても知っておきたい隠語があるのでご紹介しておきます。
内容によって金額が大きく変わる場合もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

「手」は手コキを表す隠語で、特にプチ援募集で多く見られます。

口、F

「口」や「F」はフェラを表す隠語で、これもプチ援募集で多く見られます。
特に何も書かれていない一般的な援交では、フェラも含まれています。

ゴ有、ゴ付、G有

これらはコンドームを付けるという意味の隠語です。
エッチする際だけでなくプチ援のフェラなどでもゴムを付ける場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。

ゴ無、G無、生

これらはコンドームを付けないという意味の隠語です。
コンドーム無しの場合は、この隠語と一緒にどこで発射するかも記載されています。

中、中田氏

中出しOKの募集では、「中」や「中田氏」という表現が使われる事が多いです。

援交アプリを使う時の注意点

ここからは、援交アプリを使って遊ぶ際に気をつけたい注意点をご紹介していきます。
まずは援交アプリで相手探しをする時の注意点です。

未成年に注意!

エッチの相手をしてもらってお小遣いをあげる行為自体は、グレーゾーンで禁止されてはいません。
しかし、相手が18歳未満だと児童買春にあたるので絶対に関係を持ってはいけません。

特にプチ援などで使われるLINE掲示板やTwitterは、アプリ側の年齢確認がないので自分でしっかり確認するようにしましょう。
もし確認を怠って関係を持ってしまうと、「知らなかった」では済まない場合も多いので注意が必要です。

また、相手が18歳以上であっても未成年であれば保護者の監視下にあり、法的に問題なくてもトラブルに発展する可能性が高いので注意しましょう。

業者に注意!

援交などの大人向けのアプリには、悪徳な業者が潜んでいる場合もあります。
業者は個人情報を盗んだり、他のサイトに登録させられて高額な登録料を請求してくるなど悪質なものが多いです。

また、援交相手を探す上で特に気をつけたいのが『援デリ業者』です。

援デリ業者は、女性を斡旋してデリヘルのような商売をしている業者です。
無許可で行っているので、女性が未成年だったり性病の検査をしていない場合も多く非常に危険です。

援交自体はグレーゾーンでも、援デリ業者のように組織化して行っているものは摘発の対象になります。

編集部
編集部
一見一般女性の募集と同じような内容にも見えますが、トラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いので十分注意するようにしましょう。

条件に注意!

援交は個人と個人のやり取りなので、条件の確認がとても大切です。
しっかり確認しておかないと、言った言わないの水掛け論になってしまったり、自分が思っていた以上の金額を要求される場合もあります。

特に援交アプリで相手を探す時は隠語を多用するため、認識の不一致が起こりやすいです。

編集部
編集部
時間や場所だけでなく、金額やプレイ内容などの条件についても事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

援交アプリで会う時の注意点

次に援交アプリで見つけた相手と会う時の注意点です。

メッセージでやり取りをして良さそうな相手だと思っても、油断は大敵です。
楽しく遊ぶためにも以下の点には気をつけるようにしましょう。

身分証に注意!

援交相手と会う時は、できるだけ身分の分かるものは持たないようにしましょう。
身分証で個人を特定されると、もし相手が何かの病気になった時に言いがかりを付けられたり、美人局などの被害にもあいやすくなってしまいます

車で移動する場合に必要な免許証など最低限のものを除いて、必要のない身分証はできるだけ持たないようにして個人を特定されないように注意しましょう。

支払いに注意!

特に援交に不慣れだと、会えた事が嬉しくて会ってすぐにお金を全て払ってしまいがちです。

しかし、プレイ前に全額渡してしまうと女性はそれ以上サービスをする必要がなくなるので、エッチが雑になったり途中で帰られてしまう可能性もあります。
ですので、援交を存分に楽しむためにも支払いはプレイ後にするようにしましょう

もし相手の女性が先に支払ってほしいと言ってきた時は、半額だけ先に払って残りは後で払うなど工夫する事も大切です。

病気に注意!

援交で最も気をつけたいのが、病気の感染です。
体の関係を持つと、相手から病気をもらってしまったり相手に病気をうつしてしまう可能性が出てきます。

軽い性病などであれば治療すればすぐに治りますが、HIVなど完治が難しい病気に感染してしまうと取り返しが付きません。
援交では生でのエッチもできますが、相手が信頼できて病気の危険性がないと分かるまでは、避妊具を着用して感染を防ぐなど注意する事も大切です。

自分に合ったアプリを選んで楽しく援交しよう!

以上、目的別のおすすめの援交アプリや援交で必須の隠語、援交する際の注意点などをご紹介してきました。

特に最近は「プチ援」や「パパ活」など援交に似た他の関係も一般化しつつあるので、上記を参考に自分の目的に合うアプリを選んでみて下さい。
適切なアプリで探せば効率良く相手探しができますし、条件に合う理想の相手も見つけやすくなり援交が更に楽しくなる事間違いなしです!

手軽にエッチがしたい男性や援交のアプリ選びで迷っている方は、是非上記を参考に大人の関係を楽しんでみて下さい。

以上、「【援交アプリ】本当にに使われている?種類別のおすすめアプリや募集時の注意点や隠語などをご紹介」でした。