【激アツ】今一番出会えるサイト
出会い

「出会いがない」は言い訳?その理由や出会いがない人の為の出会い方

出会いがない

出会いがない。
そのような言葉耳にすることがあります。
自分自身がそう口走っているなどという事もあるのではないでしょうか。
確かに、さまざまな理由から出会いの縁が生まれないという瞬間もあるのかもしれません。
しかし決して、出会いが皆無だという事はないのです。そのためのアプローチをしていなかったりねチャンスを生かせなかったり。そして考え方などがネックになっているなどという事もあるかもしれません。そこでここでは、出会いという事について考えてみましょう。

この記事をざっくり説明すると

出会いがない理由はどこにあるのか

実生活の中で出会いがない。縁がないのだろうとあきらめてしまう前に「なぜ出会いがないのか」というところについて考えてみてはいかがでしょうか。
そこでここでは、代表的ないくつかの理由というものを考えていくことにしましょう。

身だしなみや自己管理はできていますか?

出会いがないし「どうせ自分なんて」と身だしなみに気を配らなかったりスタイル管理を怠ってしまったりという事はないでしょうか。
服はよれよれ・髪の毛は気にしない・ムダ毛の処理をしない。
このような状態では、せっかくあるかもしれないチャンスを逃してしまうものです。
「好きな人が出来たらちゃんとしよう」「恋人が出来たら身だしなみやスタイルを何とかしよう」
そう思う方もおおいようですが、それでは少し遅いかもしれません。
今からその準備をするためにもこうした部分について気づかいをしていくようにしましょう。

照準を絞りすぎていませんか?(理想が高い)

いわゆるチャンスを逃した結果、出会いがないと感じてしまっている方の大半がこの理由のケースのようです。
簡単に言えば「ストライクゾーンを狭くしすぎている」という傾向があるという事です。
誰にでもパートナーに対する理想というものはあるでしょう。
どうしても譲れない条件があるという場合は仕方ないのですが、あまり理想を高く持ちすぎないことや「自分の理想以外は絶対に認めない」と思いこみすぎないのも出会いをつなぐポイントでもあるのです。
ですので、さまざまな異性と交流を持つという事を意識していくようにしましょう。

積極的ですか?

積極性といっても性格だから仕方がない。そう思われるかもしれません。
しかし、アクティブに外にでてナンパを推奨するなどという事ではないのです。
例えばインターネットを活用することです。
今ではSNSなどさまざまな異性との購入が手軽にできる手段というものがあります。
こうしたものを積極的に活用していきましょう。
「自撮りをしたりすることに抵抗がある」という声もあるかもしれません。もちろん、無理に顔を出さなくてはならないというルールはありませんので、気軽に利用をして定期的にアクセスをする。
そして気になれば積極的に交流をしていきましょう。
インターネットだからこそやり取りがしやすいという魅力をぜひとも活用してください。

周りに頼っていませんか?

友達が紹介してくれるだろう。
職場の人が合コンなどをセッティングしてくれるかもしれない。
そんな期待を抱くことはありませんか。
このこと自体が悪いというわけではありません。
しかし「それだけ」となってしまうと、どうしても出会いがないという状況を招いてしまうのです。
自分自身でも出会いを作るという意識を持つようにしましょう。
また、もし異性と交流を持てるような機会を与えてくれた人や人脈には礼を尽くすことなども同時に心がけて「出会い安い環境」を作っていただきたいと思います。

誘いを断りすぎていませんか?

「こうした場所は自分には似合わない」「あまり興味がない」などという理由で、せっかくのお誘いを断ることがある。
こうした場合も出会えない理由になってしまうものです。
積極性という部分にもつながってくるのですが、誘いにたいして積極的に楽しむ・参加するという意識を持つだけでもぐっと出会いの可能性が高くなるのです。
わいわいとした交流の中で、新しい出会いが生まれるかもしれません。

身構えすぎていませんか?

「嫌われない会話をしよう。」「好印象を与える会話をしよう。」「面白い話をしなくてはならない。」
などという具合に、身構えてしまい過ぎると会話そのものがスムーズに進みにくくなってしまいます。
これが出会えない理由になってしまうわけです。
とはいえ、性格的にそれほど会話をするタイプではないという方もおいでかもしれません。
そうした際には「聞き役」として徹するなどコミュニケーションをとる意思を魅せるようにしていきましょう。

また、同時にせっかくのチャンスなのに異性としての一歩を恐れてしまうという方もおいでのようです。
確かに一歩を踏み出すことに勇気が必要なこともあるでしょう。
しかし何となく生まれた縁をフェードアウトさせてしまうのはもったいないことです。
アドレス交換だけでも良いのでそうしたところから始めてみてはいかがでしょうか。

外に出ていますか?

家と職場の往復のみ。食べ物などを買いにコンビニに行く程度の休日。
それでは出会いの可能性というものが少なくなってしまいます。
確かに、インターネットを活用した出会いというものもありますし、そうなると家から出る必要性はないでしょう。
しかし、やはり外にも目を向けていただきたいのです。
そのことによってさらに幅が広がり出会いやすくなることでしょう。

いくつかの理由問い合うものを見ていきましたが、いくつかに該当するという方も多いのではないでしょうか。
少しずつから出よいので理由を知り改善をしていきましょう。

出会いがないのは30代や40代といった年齢と関係あるのか

30代だから・40代だからもう出会いがない。
そんな言葉を耳にすることもあります。
年齢と出会いというものは関係性があるのでしょうか。

相手の年齢と自分の年齢について

例えば、自分自身が40代であるという場合、相手も同年代でないと嫌だなどとこだわりを持っているとどうしても出会いのチャンスは減ってしまうかもしれません。
家庭を持っているという可能性があるために幅が狭まってしまうのです。

出会いは生まれないものなのか

出会いが生まれないものなのかという核心的な部分に関しては「出会いはある」ということができるでしょう。
先の例を手に取って考えていくと、年齢などと言う幅を捨てること。
そして何より、自分自身の年齢を気にしすぎないこと。
これらによって、出会いが生まれる可能性もたくさんあるのです。

きっかけは小さいことから生まれる

出会いというと運命的なというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、出会いというものは本当に小さなキッカケから生まれるのです。
この部分は、年齢など関係なく同様の事が言えるのです。

例えば地域のボランティア活動に参加をしたことをきっかけに異性と知り合ったなど言うケースもあるのです。
何気ない日常から生まれることも十分にあるのです。

諦めないことが大切

年齢のせいにせず、そして諦めずに出会いを作りたいと思う事。
そして、自分自身で今からでも始められる出逢いのためのアプローチを積極的に実践していくこと。
これらによって、年齢など関係なく素敵なチャンスに恵まれることでしょう。

出会いがないという方のための出会い方

積極的に動くことが大切。
そんな事がお分かりいただけたかと思います。
そこで!より具体的な部分ついて考えていくことにしましょう。
どのような場所で出会いのチャンスをつかむものなのでしょうか。

合コンや飲み会

ある意味「王道」といえるかもしれません。
合コンもしくはちょっとした飲み会などから縁が生まれるという事も多いのです。
いわゆるお酒の席というものは、気持ちもフランクになりやすいので話もしやすいですし仲良くもなりやすいものなのです。
もし、誘われたら積極的に参加をしてみましょう。もちろん、自分自身が企画するのもおすすめです。

街コンで出会う

今ではその言葉に対する認知度も高くなってきた「街コン」。
地域ごとでさまざまな街コンが開催されているという事も珍しくなくなりました。
気軽に参加ができますし、時間帯においても日中からスタートのもの・夜からスタートのもの。
さらには、社会人の方でも参加をしやすい週末にかけてのものなどさまざまなプランがありますので自分が参加しやすいものを取り入れてい見ましょう。

バーなどでの出逢い

バーというと何となく敷居が高い。
こうした場所で本当に出会うことが出来るのか?と思われる方もおいでかもしれません。
しかし、出会いやすい場所の1つなのです。

気軽に立ち寄れるようなバーというものも増えています。
そして、カウンターがメインのバーであれば1人でふらりと立ち寄るという方も少なく無いのです。
仕事帰りにリラックスがてら一杯バーで飲むなどという方もまた多いようです。
ですので、こうした場所で出会いのチャンスをつかんでいただけたらと思います。
行きつけのバーをまずは持ってみる。などと言うのも良いかもしれません。

習い事から出会いが生まれる

次に習い事です。
社会人向けのスクールなども様々な種類があります。
これらに参加をすることによって出会いが生まれやすくなるのです。
あらゆる環境の方・年齢層の方が参加をするスクールですと、とくに幅広い出会いが期待できます。
同じ興味があるという背景がありますので、話しかけやすいですし仲良くもなりやすいのです。

結婚式や二次会そして同窓会などについて

こちらは以前からよく言われていることですのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
結婚式やその二次会は、気持ちも盛り上がりやすくなっていますし「結婚って素敵なものだ」と感じる時間でもあります。
その心が出逢いを作りやすくしてくれるのです。

同窓会ですが、共学の方ですと同級生と改めて話をすることによって新しい縁が生まれたなど言う事はあるでしょう。
「自分は女子校・男子校だから関係ない」と思われる方もおいでかもしれません。
しかしそんなことはないのです。
同窓会に参加をすることによって、合コンに繋がったり紹介を受けたりなどというケースもあるのです。
スケジュールが合えば参加をしていきましょう。

相席居酒屋という存在について

近年、人気となっているのが相席居酒屋です。
出会いということが前提になっている居酒屋ですので、出会いの場所という言葉がぴったりの空間ともいえるでしょう。
きっかけを作っていただくのにも良い場所といえるかもしれません。

ナンパという方法について

ナンパをするもしくはナンパ待ちをするという方法です。
そこから真剣な出会いや交際に繋がったという方も多いのです。

SNSや出会い系サイトなどの存在について

実際に足を運ぶ場所というよりも、インターネットを活用した場所。
それがSNSです。
先にも触れましたが、これを活用していただくことであらゆる方とつながりが生まれてそれが現実的に会ったりお付き合いにまで発展するなどという事も十分に考えられるのです。

出会いという部分に焦点を絞るのであれば出会い専用のサイトやアプリを利用するという方法もあります。
地域や年代さらには好みのタイプなどを絞り込めたりという機能も用意されていますので「自分の理想」がある方にとっては良い出会いの場所となってくれることでしょう。

出会い方という部分について見ていきましたが、意外にたくさんの場所が存在しているという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

出会いがないと嘆く女性の特徴について

出会いがないと嘆く女性にはその特徴というものもあるものです。
そんな特徴についていくつか見ていくことにしましょう。

理想が高すぎる

実は身の回りに出会いが生まれているのに気が付かないという場合、理想が高すぎてしまったなどというケースがあります。
「自分とは釣り合っていない」「この人よりももっと良い人が出てくるはずだ」などというところからその芽を摘み取ってしまっている可能性があります。
当然ながら、思い描く人と出会えればそれに越したことはないでしょう。
しかしその可能性というものは現実的には「すべてをかなえる」ことは難しいともいえるのです。

出会いを探していない

出会いがない・出会いが欲しいというばかりで自ら探す姿勢がないという特徴です。
合コンに行かないかと誘われたとしても「自分はそういう出会い方は好きじゃない」と断ったり、週末の誘いも「疲れている・家でゆっくりしたい」などと返してしまう。
それではやはり出会いは生まれません。

男性について考えていない

どのような出会いを求めているのか。
それを考えないという特徴があります。
「それほど出会えない理由にならないのでは?」と思われる方もおいでかもしれません。
しかし、どのような出会いを求めているのかを考えることで、その次に「そのために何をすべきなのか」という事が見えてくるのです。

自信過剰になったり受け身になりすぎている

自分からアプローチをするなんてありえない。
男性側から何かしらのアプローチがあるまで何も言ったりアクションを起こせない。
そんなタイプですとやはり出会い幅というものもチャンスも少なくなってしまいます。
自信過剰になってしまったり受け身になってしまう事によって、出会いのきっかけを潰してしまうことにもなりかねません。

ネガティブになりすぎてしまう

ネガティブは何事もチャンスをつぶしてしまいがちです。
それは、出会いにも同じ事が言えるのです。
出会いがあったとしても「どうせ自分はうまく進めることが出来ない」「自分が真剣に思われるはずがない」なんて考えてしまう事によって、チャンスをにがしてしまうわけです。

また、逆に自分自身を責めるのではなく相手の欠点を見つけてそこを責めてしまうというタイプのネガティブさというものも同じく出会いが生まれなくなってしまうものです。

とりあえず精神がない

決して軽い女性になるなどということではありません。
とりあえず食事に出かけてみようかな。
とりあえず飲み会に参加をしてみようかな。などという気持ちが少なすぎてしまうと出会いがないということにもなってしまうものなのです。
時には「とりあえず精神」を持つことも大切なのです。

出会いがないと嘆く男性の特徴について

では、男性が出会がないと嘆くその特徴というものはあるのでしょうか。
いくつかピックアップしていきましょう。

仕事三昧になりすぎている

仕事なのだから仕方がない。
そう思われるかもしれません。確かに時期によっては仕方がないこともあるでしょう。
しかし、仕事三昧だ・休みの日においても自分から仕事の準備などをし続けてしまっているという事はないでしょうか。
悪いこととは言いにくいのですが、プライベートの時間というものも作ることが出会いのためには大切なことでもあるのです。

固定観念を持ちすぎている

女性に対する固定観念を持ちすぎているとどうしても出会いが生まれません。
こうした特徴もまた考えられるのです。

例えば「女性はこうあるべき」などと思い過ぎてしまうという事です。
女性という言葉でひとくくりをするのではなく、個々の内側に目を向けてみることが大切です。
柔軟な姿勢で対応をしていくことによって、出会いの可能性というものも生まれるものです。
固定観念が過ぎてしまうと、女性に対して神格化をしてしまうなどということもあるかもしれません。

自信を持てない

自信を持つことは難しいことでもあります。
もちろん、自信過剰になりすぎてしまっても出会いは生まれません。
しかし失敗したときのイメージが強すぎて身動きが取れないということが特徴となっていることも少なく無いのです。
過去において失敗経験があるとどうしてもこのような傾向にも陥りやすいことでしょう。
しかし、少しずつでよいのでポジティブな思考を持つようにしましょう。そして、積極的な姿勢をみせるようにしていきましょう。

趣味に没頭しすぎていませんか

趣味に没頭しすぎて女性との出会いのチャンスを見逃したり掴めなかったりという特徴もあります。
趣味によっては出会いが生まれる可能性もじゅうぶんにあるのですが、のめり込みすぎてしまうと先のような状態になりやすいものなのです。
特にインドア系の趣味ですと、デイがない大きな特徴ともなってしまうのです。

デリカシーを持っていますか

ある程度の積極性を持っているハズ。異性とのやり取りもあるのに出会いがない。
そのような男性の特徴として「デリカシー」の問題があります。
共感する意識を持たずに高圧的な態度でアドバイスをしてしまう。男性同士のノリのような感覚で接してしまう。
また、意外に多いのが「いじったつもり」です。
いじったつもりが、相手の女性を傷つけてしまうなどという事もあるようなのです。
これらはデリカシーに対する意識が低くなっている証拠ともいえるでしょう。

自分自身に理由をつけている

出会えないことに理由をつけてどこかで納得してしまう。
これもまた特徴の1つといえるでしょう。
「仕事が忙しいから出会えないのだろう」
「友達優先の生活が大切だから出会えないのだろう」
そんな理由をつけてしまうと、どうしてもそれを脱するアプローチをしなくなってしまいます。
結果、出会えないというわけです。

いくつかの特徴を掲げていきましたが、いずれかもしくはいくつかに該当をするという男性もいらっしゃるかもしれません。
特徴を知れば改善の余地というものも生まれますのでチェックをしてみてください。

出会いがないのは言い訳に過ぎなかった?

出会いがない。
そんな言葉は言い訳に過ぎないという側面がある事がお分かりいただけたかと思います。
出会えないのであれば出会えるための方法というものを取り入れていただくことによって素敵な出会いも生まれやすくなるのです。

アクティブな行動を心がけよう

「面倒だから」という気持ちを捨てること。
「気が進まない」という何となくを捨てること。
「疲れているから」などと動かないことに理由をつけないこと。
そうすることによって、アクティブな気持ちがおのずと生まれてきます。
アクティブになれば、その分チャンスや出会いというものも増えてくるでしょう。

自分磨きは行おう

どうせ出会いがないからと自分磨きを怠ってしまうと、出会いのチャンスもそしてせっかくチャンスがあってもそれを掴むことが難しくなってしまうものです。
お金をかけて時間をかけてというものばかりではなく、できることから始めてみてはいかがでしょうか。
特に、心に余裕があると出会いもつかみやすくなります。

基本的なことを忘れない

挨拶や笑顔。これを忘れないことも大切です。
「そんな事」と思われるかもしれませんが、特に新しいチャンスが巡ってきたなどという場合においてはこれらが良いキッカケとなるものなのです。
コミュニケーションの1つと言っても過言ではないでしょう。
例えば、挨拶を何気ない日常生活の中で繰り返していくことによって、自然と距離が近くなって出会いが生まれたなどというケースもあるのです。

1つ1つを大切にしよう

出会いを出会いと思わない。
これでは当然ながらチャンスをつかむことさえできません。
「この程度の出会い」と言い訳をするのではなく、小さな出会いであってもその1つ1つを大切にしましょう。

取りこぼしたくない!!