恋愛コラム

【男性向け】清潔感でモテ度アップ!7つのジャンルで清潔感の出し方をご紹介します!

清潔感

「清潔感って具体的には何?」
「モテたいから清潔感を出したいけど、出し方が分からない。」

女性が好む男性のタイプに良く上がってくる『清潔感』。
不潔な人より清潔な人の方が良いのは分かりますが、具体的に清潔感とは何かと聞かれると、はっきり分からなかったりもしますよね。

そこで今回は、モテたい男性に向けて清潔感の出し方を7つのジャンルに分けてご紹介していきます。
これを読めば、清潔感の出し方が分かってモテ度アップ間違いなしです!

清潔感って何?モテる理由は?

「清潔感」は印象を表現する抽象的な言葉なので、いまいちピンとこなかったりもしますよね。

「清潔感」を一言で言うと、汚れがなく清潔な感じがする事です。
不快な感じがせず、好感を持ちやすい綺麗な印象だと感じる状態です。

ただ、ここで大事になのが、「清潔感=清潔」ではないという事です。
お風呂に入って綺麗に体を洗って清潔な状態を保っているだけでは、清潔感を出す事は出来ません。
相手が清潔な印象を持つかどうかが重要になってきます。

清潔感のある男性がモテる理由

では、なぜ清潔感のある男性はモテるのでしょうか。

そもそも人に限らず、不潔な感じのする物や場所には誰でも近づきたくないと思うのが当然です。
これは不潔な所には害になるものが多い事を無意識に察して、害から身を守るために「近づきたくない」と脳が指令を出しているからです。

それと同じ事が人にも言えて、身を守る目的でなんとなく不潔な印象がする人には近づきたくないと感じてしまうのです。
反対に清潔感があると危険がなく安心できそうな印象を受けるので、特別な関係にも進展しやすくなってモテやすくなるという事です。

つまり清潔感があるだけで安心感も与えられて、たくさんの人と仲良くなりやすくなるという事です。

これはあくまで外見から受ける相手の印象の問題なので、実際に普段から清潔にしているかやきれい好きかどうかなどは問題ではありません。
「清潔そうな感じ」「きれい好きな感じ」といったイメージが大切だという事です。

そして、だからこそ相手の情報がない初対面の出会いの場では、良い関係を作れる相手かどうかを見分ける非常に重要なポイントになります。

清潔感の出し方1【髪型】

ここからは清潔感の出し方のポイントを、7つのジャンルに分けて解説していきます。
まず1つ目は、清潔感を与えるために最も重要な「髪型」についてです。

髪は体の一部ですが髪型は自由に変える事ができるので、その人の個性が表れやすい部分です。
また、出会いの場ではバストアップの写真を使う事も多いので、髪型が与える印象も自然と大きくなります。

では、具体的に清潔感を出すためにはどんな髪型がいいのかというと、ずばりショートヘアがおすすめです。
実はショートヘアには、清潔感を与えやすい色々なポイントが含まれています。

清潔感を出しやすい髪型のポイントとしては、以下のようなものがあります。

  • 前髪が短くて目にかからない
  • おでこが見えている
  • 襟足が短い
  • サイド(もみあげ)がすっきりしている

ショートヘアならこれら全てをクリアしているので、簡単に清潔感を出すことができます。
反対にロングになるほどこれらのポイントをクリアしにくくなるので、髪型で清潔感を出すのが難しくなります。

整髪料の付け方

例えショートヘアでも整髪料の付け方には注意が必要です。
一般的には、ウェットよりもサラサラしている髪質の方が清潔感のある印象を受けやすいです。

そのため整髪料の付けすぎはNG。
特に整髪料の付けすぎで塊が髪にくっついていたり、乾燥してフケのような粉を吹いていると非常に不潔な印象を与えてしまいます。

髪型を整えるために整髪料は重要アイテムですが、付けすぎないように注意しましょう。

ヒゲについて

髪型と合わせて気をつけたいのが「ヒゲ」です。

一般的にヒゲは清潔感の敵だと思われがちですが、きちんと手入れをしてあればOKという女性は多いです。
むしろ男性特有のものなので、「色気を感じるからヒゲがある方がいい」という女性もいます。

しかし、伸びっぱなしだったり手入れしていない無精髭などは、不潔な感じがしてしまうので注意です。
伸ばす場合は毎日きちんと手入れをして、不揃いになったり伸びすぎてしまわないように気をつけましょう。

もし手入れが面倒な場合は、ヒゲを生やすのは止めて剃ってしまうか、脱毛を検討するのもおすすめです。
中途半端に伸ばすよりはなくしてしまった方が清潔感は出しやすく、顔の印象が明るくなる場合も多いです。

清潔感の出し方2【服装】

続いて、清潔感の出し方で髪型に次いで重要な「服装」についてです。

服は体の大半を覆っていて、その人の印象を決定づける非常に重要な部分です。
世の中には色々な種類の服があるので、個性も表れやすい部分だったりもします。

以下で清潔感を出しやすい服装選びのポイントを3つご紹介しますので、服装選びに迷ったら参考にしてみて下さい。

1.白系の単色のアイテム

白は清潔感に必須とも言える王道カラーなので、取り入れておいて損はありません。
Tシャツやトレーナーなどのクタッとなりやすい服でも、白系であれば不潔な印象を持たれにくいのでおすすめです。

ただし、白はひと目で清潔だと分かる色であると同時に、汚れが目立ちやすい色でもあります。
しっかりと洗濯をして、襟や袖、脇などの汗を掻きやすい部分の黄ばみや黒ずみにも気を付けましょう。

2.スーツを意識したコーディネート

スーツを意識したコーディネートをすると、清潔感を演出しやすくなります。
全身をスーツにする必要はありませんが、ワイシャツ、ジャケット、スラックスパンツなどスーツに合わせやすい服を取り入れて、清潔感を演出していきましょう。

「清潔感=健康的=薄着」なイメージもありますが、ステンカラーコートやチェスターコートなどきちっとしたアウターを着用すると、厚着でも清潔感を出しやすいです。

3.革靴で上品さを上げる

「オシャレは足元から」という言葉もあるように、靴というのはファッションの土台になる非常に重要な部分です。
服やズボンに比べて疎かにしがちですが、実は非常に重要で、他が合格点でも靴が汚い男性は敬遠されがちです。

ではどんな靴がいいかというと、おすすめは革靴です。
革靴は多少履きつぶしていても高級感があるので不潔に見えにくいです。
また、ある程度自分で手入れをする必要があるので、自然と清潔な状態を維持しやすかったりもします。

対してスニーカーなどは一見手入れが楽そうに思いますが、実は意外と綺麗な状態を維持するのは難しいです。
履いているとすぐに使用感が出てきて、清潔感を感じにくくなってしまう場合も多いです。

ただ、革靴でも一つの靴を毎日履いていると劣化が早まりますし、履き続ける事で雑菌が繁殖しやすくなり臭いがしやすくなったりもします。
何足かローテーションしながら定期的に手入れして、清潔な状態をキープするように心がけましょう。

清潔感の出し方3【身体】

髪や服に比べてすぐに改善はしにくいですが、やっておいて損はないのが身体的な清潔感です。
男性らしさが表れやすい部分でもあるので、身体の清潔感を意識する事でモテ度はかなりアップします。

以下で、特に意識したい身体の部分を3つご紹介します。

1.爪

清潔感で意識したい身体の部分の1つ目は、「爪」です。

女性は普段からネイルをして、爪を綺麗に保っている人が多いですよね。
だからこそ男性の爪に注目している女性は意外と多く、爪を見て清潔であるかどうかをチェックしています。

爪は放っておくとすぐに伸びて自分で手入れをする必要があるので、その人の性格が表れやすい部分です。
定期的にケアして清潔な状態を保つように心がけましょう。

ただ、だからと言って女性のようにマニキュアを塗ったりする必要はありません。
伸びる前にカットしてヤスリやバッファーで整えるくらいで十分です。
やりすぎると女性っぽくなってしまって男性的な魅力が半減してしまう場合もあるので、適度にケアを心がける事が大切です。

2.肌

清潔感で意識したい身体の部分の2つ目は、「肌」です。
こちらも爪と同様に、男性自身より女性の方が注目しやすいポイントです。

肌は日々の生活の影響を受けやすく、だらしない生活をしているとすぐに肌に現れます。
その事を女性はよく知っているので、肌荒れしている男性は生活がルーズで不潔な印象を持たれやすいです。

肌も爪と同じく女性ほど入念にケアする必要はありませんが、毎日洗顔をして汚れを落とし清潔で健康的な状態を保つように心がけましょう。

また、人によっては脂肌でニキビができやすかったり、乾燥肌で粉を吹きやすかったりする場合もあります。
そういった場合はニキビ対策用の肌ケア製品を使ったり、乾燥を防ぐ化粧水や乳液でカバーするようにしましょう。

3.筋肉

清潔感で意識したい身体の部分の3つ目は、「筋肉」です。

男性の場合、筋肉質であるかどうかは清潔感に大きく関わる重要なポイントです。
なぜなら、筋肉質な男性は運動を頻繁にしているイメージがあり、爽やかな印象を持たれやすいからです。

反対にぽっこりとお腹が出ていたり運動不足で細すぎたりすると、おじさん臭かったりオタクっぽい印象が強くなり清潔感から遠退いてしまいます。

清潔感という観点だけでなく「男らしさを感じやすいから筋肉が好き」という女性も非常に多いので、鍛えて損はありません。
ボディービルダーのようにガチガチに鍛える必要はありませんが、細マッチョと言われるくらいの体型を目指して少しずつ鍛えていきましょう。

清潔感の出し方4【臭い】

清潔感を感じるのは視覚だけではありません。
嗅覚も清潔感を判断する重要な部分で、モテ要素の中でも重要なポイントです。

どんなに美人でも「なんだか臭いかも」と感じたら、ちょっと危なそうな感じがして近づきたいとは思いませんよね。
特に男性は年齢に応じて加齢臭も出やすくなるため、臭いには十分注意しなければいけません。

加齢臭の原因は、ノネナールという不飽和アルデヒドだと言われていて、これが酸化や分解される時に発生する嫌な臭いが加齢臭になります。
若い男子や女性はこのノネナールが少ないため、大人の男性特有の臭いとして嫌われやすいポイントになっています。

毎日お風呂に入って臭いの元になる汚れを落とすのはもちろん、制汗剤や香水なども上手に使って普段から体臭についても意識していきましょう。

女性が好む清潔感のある臭い

香りには色々な種類があるので、女性はどんな臭いを好むのかも気になりますよね。
そこで以下で、女性が好む清潔感のあるモテる臭いの例をご紹介します。

石鹸系の臭い

すれ違った時に、お風呂上がりの時のような清潔な状態の臭いがふわっと香れば、自然と「きれい好きな人」という印象も持たれやすいです。
動物性香料であるムスクなども同系統の臭いで、石鹸の臭いは普段から嗅ぎなれている人が多いため、好まれやすいです。

香水では、プラダの「インフュージョンオム」、ブルガリの「プールオムエクストレーム」などがおすすめです。

柑橘系の臭い

柑橘系の臭いも万人受けしやすく、清潔感を感じやすい香りの一つです。
レモンやオレンジ、ベルガモットなどの柑橘系の果物は「爽やかさ」や「瑞々しさ」を連想させやすく、相手の心をリフレッシュする効果もあります。

香水では、ディオールの「オーソバージュ」、バーバリーの「ミスターバーバリー」などがおすすめです。

森林系の臭い

上記2つと比べて若干難易度は高めですが、清潔感があり男性らしさをアピールしやすいのが森林系の臭いです。
シダーウッドやサイプレスなど、澄んだ森で森林浴をしているような安心感のある臭いが特徴です。

香水では、イソップの「ヒュイル」、ブルガリの「マン ウッド ネロリ」などがおすすめです。

清潔感の出し方5【仕草】

印象はその人の普段の生活の仕方や仕草でも大きく左右されます。
以下で、特に女性が注目しやすい仕草のポイントを3つご紹介していきます。

1.普段の姿勢

猫背で背中が丸まっていると、なんだか頼りなくてだらしがない印象を受けますよね。
そして、そんなネガティブな印象が不潔感を連想させる場合も多いです。

反対に背筋をピンと伸ばし胸を張って堂々としている人は、普段から規則正しい生活をしている印象を受け清潔感を感じやすかったりもします。
姿勢だけでは実際に不潔かどうかは分かりませんが、意外と姿勢から受けるイメージは大きく、意識次第で簡単に改善する事もできます。

2.食事の仕方

噛む時に口を開けていたり食器を持たずに食べていたりすると、だらしがなく一緒に食事したくないと感じたりもしますよね。
食事を綺麗に食べる事は生活する上でのマナーでもあるので、不潔で不衛生な印象を受けやすいです。

反対に噛む時は口を閉じ箸を上手に使って綺麗に食べている男性は、清潔感があって几帳面な印象を受けるのでモテ度もアップします。
食べ物は衛生面の印象を左右しやすい部分なので、できるだけ細かなところまで気を配るように意識する事が大切です。

3.人との話し方

人との話し方も、その人のイメージを決定する重要なポイントの一つです。
「マジでくそ暑いんだけど」と話す人と「今日はとても暑いね」という二人がいたら、後者の方が清潔感を感じるという人が多いはずです。

話し方だけではその人が実際に清潔かどうかは分かりませんが、足りない情報を自分のイメージで補って言葉遣いから無意識に清潔感があるかを判断します。

丁寧な話し方をする男性は上品さを感じますし、知性が高そうで普段の生活もきっちりしている印象を持たれやすいです。
清潔感を意識したい場合はできるだけ丁寧に話すように心がけて、相手に不快感を与えないように配慮しましょう。

清潔感の出し方6【部屋】

容姿や言動を完璧にしても、その人の家に遊びに行った時に部屋が汚ければ、それまで築いたせっかくの清潔感も水の泡です。
そこで次は、清潔感のある部屋作りのポイントをご紹介します。

物をできるだけ減らす

まずはできるだけ断捨離して、必要なもの以外を処分するようにしましょう。
持っている物を減らせば部屋が整理しやすくなりますし、掃除をするのも簡単です。

また、部屋においてある物が少なければ少ないほど死角が少なくなるので、綺麗である事を確認しやすくなります。
白系の洋服と同じで綺麗である事を確認しやすくなるので、清潔感を感じやすくなります。

素材に注意する

部屋に置く家具などを選ぶ際に大切なのが、素材です。
例えば布製品は温かくて癒やされる良いイメージもありますが、多すぎると埃が出やすかったり安っぽさを感じやすかったりもします。

反対にアルミやステンレスなどは冷たいイメージもありますが、掃除がしやすく清潔な印象を与えやすいです。
他にも革や木などの素材も清潔な印象を与えやすいので、部屋のバランスも見ながら上手に模様替えしていきましょう。

配色に注意する

服装の項目でも白系をおすすめしたように、部屋も白系のカラーを多く取り入れる事で清潔感を出しやすくなります。
他にも黒やグレーなども清潔な印象を受けやすいのでおすすめです。

単色だと味気ないという人は、白とグレーと黒などでモノトーンカラーにするとメリハリが出て少し違った印象を与えられたりもします。
他にも青系のカラーは爽やかな印象の色なので、取り入れる事で清潔感を出しやすくなります。

それ以外の赤や緑などの色は、物の数や素材などにもこだわらないと清潔感が出にくくなるので難易度が高いです。
特にそれらを複数色用いる場合は、家具の数を減らしたり光の当たり方を考慮して配置するなど工夫が必要になります。

清潔感の出し方7【持ち物】

7つ目は、清潔感がありモテる男性の必需品についてです。
以下のアイテムを持っていると清潔な印象を与えやすく、いざという時にも便利なので携帯しておくように心がけましょう。

  • ハンカチ・ティッシュ
  • 携帯用歯ブラシ
  • ブレスケア
  • 制汗剤
  • リップクリーム
  • 手鏡
  • 鼻毛・眉毛用ハサミ

トイレに行った後や鼻を噛む時などにハンカチやティッシュは必需品で、それがないと不衛生な印象を与えてしまいます。
反対に、女性が困っている時にさっとハンカチやティッシュを差し出してあげると、清潔感に加えて優しさも伝わってモテ度アップ間違いなしです。

携帯用歯ブラシも清潔感のある男性の必須アイテムです。
食事は必ず毎日するので、歯ブラシも常に携帯しておくようにしましょう。

また、ブレスケア用の錠剤やスプレーなども口臭予防ができるので、持っておくと安心です。
特にタバコを吸っている方は、自分では分からない口臭がしている事も多いので必ず常備しておきましょう。

臭いのケア目的としては、他にも制汗剤もあると安心です。
男性特有の臭いは自分では気づけない事も多いですが、不快に感じる女性は多いのでしっかりケアしておきましょう。

他にも容姿をケアする目的で、リップクリームやムダ毛処理のハサミや手鏡なども携帯しておくと、いざという時に安心です。

清潔感を出すために意識したい習慣

最後に、清潔感を出すための意識すべき習慣をご紹介します。
これまでご紹介してきた清潔感の出し方以外にも、細かな事で気をつけたいポイントがあります。
どれも特別難しくはなく意識すれば誰でもできるので、できそうなものからチャレンジしてみて下さい。

ゆとりのある生活をする

清潔感を出すためには、「ゆとり」がとても大切です。
時間でもお金でも、余裕がないと生活が大雑把になってだらしなくなりがちです。

少しだけ早起きをしてみたり無理のない程度で節約をする事で、掃除や筋トレをしたりいつも以上に自分の容姿に気を配る余裕が生まれます。
それらで出来た余裕は清潔感を出すための土台になってくるので、まずは常日頃からゆとりのある生活を心がけましょう。

毎日掃除や整理整頓をする

学校に通っていると、毎日掃除の時間というものがありますよね。
会社でも毎日清掃の時間があるという方も多いと思います。

しかし自分の部屋を毎日掃除しているという方は、少ないのではないでしょうか。

毎日掃除する事で部屋を清潔に保てるだけでなく、どこに何があるか把握できて必要のないものが分かってきます。
そして不必要なものを処分して整理整頓していくと、1回の掃除にかかる時間も減って苦に感じなくなっていきます。

簡単にホウキやシートで拭く習慣を付けるだけでも清潔感は自然と上がるので、あまり掃除していないという方は意識して習慣化してみましょう。

定期的に服を買い換える

高級ブランドの服はそれだけで上品で、良質なので長持ちもします。
しかし、着ていれば必ず劣化してくるので手入れは必要で、清潔感という点では実は難易度が高めだったりもします。

反対にプチプラ系の服は、購入したタイミングで比較すれば高級ブランドには劣りますが、安いので何度も買い換えられるというメリットがあります。
清潔感を意識するならできるだけ新しい服を着ていた方が良いので、自分のお財布と相談しながら定期的に買い替える事も大切です。

清潔感を意識すればモテ度がアップ!

今回は以下の7つのポイントで清潔感の出し方をご紹介してきました。

  • 髪型
  • 服装
  • 身体
  • 臭い
  • 仕草
  • 部屋
  • 持ち物

どれも難しいものではなく、少しの意識で清潔感が出せるものばかりです。
もし自分には難しいと感じる場合でも、毎日少しずつ意識してチャレンジしていけば自然と清潔感が出てきます。

清潔感があるという事は単純に清潔なだけではなく、危険がなく安心できる相手として見られやすくなります。
そのため、恋愛はもちろん、仕事や進学の場面でも良い影響が出やすいです。

清潔感を出したいという方は是非今回ご紹介したポイントを意識して、モテ度アップを狙ってみて下さい。

取りこぼしたくない!!